科学③



ページ内検索

検索バーを使用して、閲覧中のページで特定の語句を検索できます。

キーボード ショートカットの Ctrl+F キー(Windows、Linux、Chrome OS)または ⌘-F キー(Mac)を押して、

ページの検索バーを開き、バーに語句(キーワード)を入力し、検索します。



リンクを新しいタブで開く(複数のタブを開く)

Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします。


画像ファイル(jpegファイル)を見るとき、マウスホイールをうまく使って見やすくしてください。

Ctrl+上回転で Zoomin あるいは Ctrl+下回転で Zoomoutになります。


End keyを押すと最後尾に飛びます。そこで、ページを選択できます。


………………………………………………………

インターネットに、勝手に広告が出てきて困っているひとに、下記のソフトをお勧めします。

無料版をインストールして下さい。


Malwarebytes Anti-Malware

………………………………………………………

無料セキュリティソフト KINGSOFT Internet Security

………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

………………………………………………………


項目選択肢
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

項目一覧
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

リンク 環境問題を考える
……………………
…………………………………

20世紀地球温暖化の実像 ~再考・地球温暖化論~
………………………………………………………
検索 グーグル





熱力学の法則と熱機関



つり合う2力&作用・反作用

加速度


等加速度直線運動の変位


ベクトル


相対速度


ベクトル・相対速度の問題


等速直線運動


等速直線運動(問題)


等加速度直線運動


等加速度直線運動(問題)


落下運動


自由落下


鉛直投げ上げ


鉛直投げ下ろし


運動の法則

仕事

エネルギー


電子のもつエネルギー


質量とエネルギー&波のもつエネルギー


問題 エネルギー


エントロピーとは


ボルツマン定数・絶対温度


仕事と仕事のグラフ

気体の仕事(PV)

距離・速度・加速度・運動エネルギー




微分について

微分公式

偏微分・全微分


積分で考察する仕事


積分で考察する気体の仕事


積分で考察する運動エネルギー



公式集(積分)

基本となる関数の積分


ポアソン分布


式の中にネイピア数が入っています。


リトルの法則

リトルの法則の証明


証明式の中に積分が入っています。




2012年ノーベル化学賞(Jmol版)


Gタンパク質共役受容体


Jmolの使い方


Jmol スタンドアローン版の操作


Jmol版「分子の学習帳」


理科ねっと


東書Eネット(東京書籍)




元素

原子001

原子002

原子003


元素と原子


イオンと電子配置


原子量と分子量

イオン結合と組成式


共有結合と構造式

構造式 電子式


組成式



化学反応式その1

化学反応式その2



化学結合の種類と性質

物質の三態


水の状態図


臨界点・超臨界


クラペイロンの式.


相律


1気圧での状態変化

氷晶と昇華


周期表

電子軌道


S軌道


P軌道


d軌道


電子殻と電子軌道



クォーク

ハドロン

グルーオン



物質と原子・原子量

組成式の問題

組成式の問題の解

化学基礎問題




化学平衡


反応速度


可逆反応と化学平衡

平衡移動の原理(濃度)


平衡移動の原理(圧力)

平衡移動の原理(温度)


平衡移動の問題


活性化Eと平衡


反応速度を大きくする条件

アレニウスの式

微分・未来を予測する式.


アレニウスの問題


内部エネルギー_エンタルピー&自由エネルギー


アレニウスプロット_ヘンリーの法則と平衡_可溶・不溶


アレニウスプロット(Q&A)


ヘンリーの法則と平衡(Q&A)


可溶不溶(Q&A)



磁性


内部エネルギー & エントロピーについて

     

理想気体の分子運度と圧力


内部エネルギー

生命物理化学


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度





PDFファイル


接頭辞


モルについて


モル問解


濃度


示量性&示強性



元素と原子


イオンと電子配置


原子量と分子量


原子量と分子量


イオン結合と組成式


共有結合と構造式


構造式


配位結合と極限構造式・電子式(ルイス構造式)


組成式と化学反応式


係数と化学反応式・結晶


化学結合の種類と性質


分子の形 極性 水素結合


物質の三態


物質と原子・原子量


演習問題_組成式


化学基礎&基礎問題


反応前後_問題


イオン化エネルギー・電子親和力・電気陰性度


イオン化エネルギーのまとめ


物質のもつエネルギーの変化


エントロピー・エンタルピー


オゾンホール


効率問題


ベクトル・相対速度


自由E 内部E


偏微分_状態方程式の微分形


気体の状態方程式の読み取り


積分&仕事&エネルギー


内部エネルギーU&エンタルピーH&ヘルムホルツの自由エネルギーF


ポケットを叩けばビスケットが二つ


非平衡の定常状態 温度と蒸発平衡

非平衡の定常状態 地球の仕組み


熱力学的温度 安定な平衡と不安定な平衡


物質のもつエネルギーの変化


物質の分解と合成


ボルツマン定数


不思議な数字


ファン・デル・ワールス力


カルノ-サイクルと効率


反応速度&活性化エネルギー

反応速度&平衡


平衡移動の原理


平衡_アレニウスプロット


アレニウスプロット_電子部品の寿命予測


カルノーサイクル



内部エネルギー&比熱


断熱可逆膨張


配位結合と極限構造式・電子式(ルイス構造式)


錯体・錯塩


オゾンホール


エントロピーとエネルギー


定温・定積・定圧・混合エントロピー変化


電子のもつエネルギー&イオン化エネルギー


半反応式の組み立て

濃淡電池

熱力学的世界


熱力学の溶解問題

都市部の温度上昇


電子殻と電子軌道


気体の状態方程式


熱力学からみた水の状態変化


内部E クラペイロンの式


温度&安定な平衡と不安定な平衡


油脂&共役二重結合


内部Eと仕事&エントロピーと体積


生命物理化学


ネルンストの式


有機化合物の系統分離



エントロピーとエネルギー



熱力学の法則と熱機関


ヘンリーの法則と平衡

磁性



環境問題を考える

高校教育における環境問題の取扱いを検証する

力と運動

大気圧

大気循環

太陽放射と地球放射

地球大気の熱収支

下層大気の温度分布

……………………

微分について


熱力学的温度


温度とは


☆……☆……☆


水溶液のpH(PDF)


pH(PDF)


…………(PDF)

溶解度


溶解積


溶解積解説


実験解説 溶解


…………


実験解説 反応速度


実験解説_気体の分子量


…………
…………………


放射線は身体にどういう影響を与えるか(崎山比早子 氏)


放射性セシウム汚染と子どもの被ばく 崎山比早子 氏


…………(PDF)

コロイド


コロイド資料


コロイド問題


………………………


酸・塩基


酸・塩基の価数


ルイス酸・塩基


グラム当量数


量的関係


問題1


問題2


……………………
………


自由Eと浸透圧(PDF)


浸透圧(JPG)


浸透圧2(PDF)


浸透圧・沸点上昇・凝固点降下問題1


浸透圧・沸点上昇・凝固点降下問題2


……………(PDF)………


熱力学的温度


熱力学的世界


熱力学から見た水の状態変化


1気圧での水の状態変化


……………………


濃度


微分公式


自然対数・オイラー・ネイピア


……………………


理想気体のカルノーサイクル


ギブスの自由E


ギブスの自由Eの性質


……………………
………


定温・定積・定圧・混合エントロピー


エンロピー変化の問題

水酸化
銅・塩化銀


質量とエネルギー&波のE


……………………
………


酸化還元電位


錯イオン


温度&安定な平衡と不安定な平衡


クラジウス&ボルツマン


オキソ酸・ハロゲンの酸化


微分公式


微分・アレニウスの式


ネルンストの式


アルコールの酸化


効率問題


物質のもつエネルギー


オゾン分解反応・活性化E


酸化還元電位とエネルギー


エントロピーと熱力学第二法則


熱力学の溶解問題


……………………
………


定温・定積・定圧・混合エントロピー


エンロピー変化の問題


……………………


反応の速さと平衡1

反応の速さと平衡2


反応の速さと平衡3


圧平衡定数


圧平衡定数2


反応速度・エネルギー変化

平衡問題


水酸化ナトリウムの水への溶解

石灰水の濁りは、なぜ消えていくのか1

石灰水の濁りは、なぜ消えていくのか2


ルシャトリエの原理は、それぞれの反応で、平衡移動の方向を決定するだけであり、反応全体の方向を決めるものではない。ここで、自由エネルギー変化ΔGの登場である。

ΔG<0  …………発エルゴン反応(自発的に起こる)
ΔG=0 …………平衡状態 (見かけ上、反応は停止)
ΔG>0  …………吸エルゴン反応(自発的には起こらない)。



窒素を加えるとアンモニアが分解する?1
窒素を加えるとアンモニアが分解する?2



熱力学からみた水の状態変化

0℃での減圧

0℃でのさらなる減圧

熱力学から見た1atmでの状態変化


BZ反応


振動反応(BZ反応)


ヘンリーの法則と化学平衡


熱化学方程式


反応熱とは、一定圧におけるエンタルピーのことです。

 
反応熱と平衡の移動


熱化学方程式1

熱化学方程式2

熱化学方程式3

熱化学方程式4

熱化学方程式5

☆……………………☆………………☆…………………



カルノーサイクル


理想気体のカルノーサイクル


カルノ-サイクルと効率01


カルノ-サイクルと効率02

カルノ-サイクルと効率03


カルノ-サイクルと効率04


カルノ-サイクルと効率05


カルノ-サイクルと効率06


カルノ-サイクルと効率


反応速度&活性化エネルギー


反応速度&平衡


平衡移動の原理


平衡_アレニウスプロット


アレニウスプロット_電子部品の寿命予測

カルノーサイクル



断熱過程での仕事


リンク カルノーの夢


理科ねっと



生命物理化学
 
生命物理化学1

 
生命物理化学2

 
生命物理化学3

 
生命物理化学4

 
生命物理化学5

 
生命物理化学6
 
生命物理化学7


生命物理化学の式(まとめ)


生命物理化学の問題


生命物理化学4を理解するために



ヘンリーの法則と化学平衡(PDF)





電子配置 電子軌道

混成軌道001

混成軌道002


混成軌道003

混成軌道004

黒鉛

ベンゼン・ポリアセチレン1

ベンゼン・ポリアセチレン2


 
混成軌道


混成軌道(解付)


小テスト極限構造式

nuclear_binding_energy




ギリシア文字


熱力学


示量性と示強性


示量性変数と示強性変数の見分け方


エントロピーとは


クラウジウス&ボルツマンのエントロピー

エントロピーの定義


熱力学的&微視的エントロピー


…………………………………………………………………


リンク集
 
あなた自身の、水晶のような明晰なフィルターを通して、真実を追究して下さい。



『環境問題を考える』へのリンク集


環境問題についての高校の教科書の記述について科学する




日本の主流派の自然科学者の研究者としての堕落を憂う

人為的CO2地球温暖化脅威仮説の虚構



自然科学的視点から冷徹に考える

環境問題総論


エネルギー技術


地球温暖化


オゾンホール



エネルギー供給技術の有効性の検討(2012/10/22)


高校教科書と環境問題(2012/10/30)


石油代替エネルギー供給技術の有効性の検討

学問を見失い、 迷走する環境論議

気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


自然の仕組み ―生命が地球に存在できる理由―


生きている地球(2012/10/01)


人為的CO2地球温暖化脅威仮説の虚構


環境問題などについての備忘録(近藤 邦明 氏)

☆……………………☆………………☆…………………


指数・対数


自然対数の微分積分


積分

仕事(エネルギー)

気体のする仕事


運動エネルギー


公式集(積分)

基本となる関数の積分


熱力学・統計力学
 



ボルツマン定数・絶対温度


内部Eとエンタルピーの式

自由エネルギーの式



エントロピー変化

エントロピー変化1

エントロピー変化2

エントロピー変化3

エントロピー変化4

エントロピー変化5


ΔS(エントロピ-変化)の問題



非膨張の仕事

非膨張の仕事の最大値1


非膨張の仕事の最大値2

非膨張の仕事の最大値3


自由エネルギー図

偏微分・全微分


小テスト全微分


小テスト全微分の解


 
内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係①

 
内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係②

 
自由E&内部E 問題

 
自由E&内部E 解答


自由度



内部Eとエンタルピーの式


自由エネルギーの式


自由エネルギー図


☆………………☆…………………


熱力学的世界


無秩序は、複雑の代名詞にすぎない。だから、人体を探究することで宇宙をも知ることができる。

残念ながら、それはできないことなのです。

原子、素粒子の世界で通用する法則は、この現実の世界では通用しないのです。

法則でさえも、見る視点(次元)が異なれば異なったものになるのです。

でも、うれしいことに この現実の世界では、座標軸の原点はどこにとってもよいのです。(特殊相対性理論より)



科学哲学の理論

還元主義wiki


還元主義



微分について


微分の基礎事項 №1


微分の基礎事項 №2


偏微分・全微分


自然対数


オイラー&ネイピア

不思議な数字(ネイピア数)


eのx乗の微分

微分・未来を予測する式



示強変数としての化学ポテンシャル


温度とは


温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


熱力学的温度

安定な平衡・不安定な平衡 (絶対温度とエネルギー)


フラクタル(血管の分岐構造)


ローレンツ・アトラクタ (複雑で手がつけられないように見える現実の現象も、

実はシンプルな法則に支配されているのかも……)単純な微分方程式からカオスへの発展


ローレンツアトラクター


ローレンツアトラクター描画



カオス理論


カオス理論 (バタフライ効果)




☆………………☆…………………


生殖異変 1994


生物学基礎(東京医科歯科大学)


ビジュアル生理学


☆………………☆…………………

演習問題①


演習問題②


演習問題解答




実験プリント(PDF)


化学平衡


中和滴定


塩の加水分解


酸化還元


酸化還元滴定


ビタミンCの定量


金属のイオン化傾向


電 池


電気分解


ニッケルメッキ


ハロゲン


その他の非金属元素とその化合物①


その他の非金属元素とその化合物②


アルカリ金属・アルカリ土類金属


アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄


実験金属 アルミ/亜鉛/銅/銀/鉄


実験金属_補足解説


インスタントソルベ-


金属イオンの分離と確認


陽イオンの系統分析


イオンの分離の注意事項


金属イオン_資料①


金属イオン_資料②


有機化合物の分子構造と異性体


鎖式炭化水素


アルコール・アルデヒド


カルボン酸とエステル


サリチル酸メチル_アセチルサリチル酸


ベンゼンとフェノール


アニリンとアゾ化合物


アゾ化合物一部変更


2_ナフトールの電子密度と共鳴(手書きメモ)


炭水化物


タンパク質_アミノ酸


銅アンモニアレーヨン


合成高分子


セッケンと合成洗剤


フェノールフタレインとフルオレセインの合成


アセトアニリドとアセチルサリチル酸の合成


パラレッドの合成


パラレッド合成の説明


ピクリン酸の合成


有機化合物の分離




解説(PDF)


レポートの書き方

実験の心得


スズ

実験1&2

実験3の解説_弱酸遊離

不定比化合物・トロナ湖

実験4青銅鏡注意事項

青銅資料


指示薬

実験_中和滴定

ヘスの法則

アルミニウム 亜鉛 銅 銀 鉄



炎色反応

凝固点降下

反応速度

化学平衡


実験_気体


溶解

水和


溶解_イオン対

フェーリング液・ロッシェル塩

酸化還元滴定

電池

電気分解・メッキ

鎖式炭化水素


アルコール・アルデヒド

ヨードホルム

分液ロート・カルボン酸・エステル


サリチル酸メチル アセチルサリチル酸

ベンゼン


ベンゼン・フェノール


アニリンとアゾ染料


アゾ染料

アニリンの合成


パラレッドの合成

パラニトロアニリンの合成



ヘンリーの法則




非環式炭化水素


主な基、官能基


光合成・呼吸


命名法


エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン


アニリン・ニトロ・系統分離


合成高分子①


合成高分子②

合成高分子③


アミノ酸とタンパク質


イオン名


セッケン


タンパク質①


タンパク質②


フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤


染料はなぜ発色するか


炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質


糖類・アミノ酸・タンパク質の識別


尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞


発色


非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)


卵&糖タンパク質




化学解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離


溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ

水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ




工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム



インフルエンザワクチンの添付文書


ホルムアルデヒドや水銀を体内に直接注入することなど許される事ではありません。水銀は脳に蓄積します。

トロトラスト(造影剤)使用による肝臓癌・白血病発症に無反省・隠蔽の体質が同じような薬害を何度も繰り返しもたらしています。

(医療に携わる皆様方、)信頼に足る存在になって下さい。『生命』とは守るべき尊いものです。


私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書①

  チメロサールが明記されています。


私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書②

  ギランバレーが載っています。



チメロサールとワクチンについて


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


新型インフルエンザワクチンQ&A|厚生労働省


「アジュバント」を含むブログ


インフルエンザワクチンの保存剤とアジュバント


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


子供をそして健康と未来を守るために


ワクチンのアジュバントと添加物について


「原子炉ビジネス」vs「ワクチンビジネス」

子宮頚癌ワクチン「アジュバント」の危険性



Dr. Mercola アメリカ

私は、最近チメロサールが健康に及ぼす危険を証明する数々の研究結果をまとめた。

「チメロサールが危害を及ぼすという根拠はない」と言っている人たちが、真実を伝えてないことを証明したものである。

反対のことを示す証拠が山ほどある。

ワクチンが有効であると考えられるためには、ワクチンに対する免疫反応が、ワクチンの中にある生きたウィルスもしくは死んだウィルス(抗原)に対し、

抗体を生成しなければならない。アジュバントは、抗原に対する免疫反応を強くさせるための添加物である。

ラテン語で「助けること」という意味のadjuvareという言葉に由来している。

アジュバントを加えることで、ウィルス抗原を少なくしても(希釈しても)効果が得られるため、製造コストが安くなる。

しかし、残念ながら、アジュバントの多くは、毒性が高い。アジュバントには何種類かある。

最も一般的なものは、水酸化アルミニウム•リン酸アルミニウム•リン酸カルシウムである。

他にも、 サメの肝臓から抽出 スクアレン(squalene)のような油性のエマルション(乳濁液)を含んだアジュバントもあるが、

米国内で流通するワクチンでの使用はFDAが認可していない。ヨーロッパなどの諸外国に流通するワクチンには、

スクアレンがアジュバントとして使用されているものがある。


チメロサール(wiki)

ワクチンの中に有機水銀化合物が添加されているものがあるのをご存知でしょうか?(PDF)


チメロサール除去装置


米国製インフルエンザ生ワクチン


☆……………………☆………………☆…………………


正露丸、実は危険な薬です



☆……………………☆………………☆…………………


加熱調理の際、リノール酸を多く含む紅花油はトランス化します。共鳴構造体の一つである共役リノール酸は、共役二重結合をもつので水素付加(あるいは酸化)により、たやすくトランス脂肪酸になることを理解しましょう。


科学無視のトランス脂肪酸批判思わぬ弊害が表面化


リノール脂肪酸を多量に含む油脂(紅花油)の危険性を科学的に(学問的に)理解することができれば、トリックとごまかしを見抜くことができます。

科学を無視する方々よ、科学を騙る(かたる)なかれ。

先日返却したレポートと資料を再度確認して下さいね。いつまでも真実を追究する気概を持ち続けてください。


☆……………………☆………………☆…………………


役に立つ薬の情報~専門薬学



専門薬学:メールセミナー

環境問題についての高校の教科書の記述について科学する


ヘンリーの法則と化学平衡



高校教科書と環境問題① 現代社会:オゾン層破壊

高校教科書と環境問題② 現代社会:オゾン層破壊



あたかも自社の植物油(べに花油)の中に、共役リノール酸が存在しているかのように、消費者に誤解を与える油会社のHP


植物油のヘルシー成分 共役リノール酸(CLA)……??


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸のカタチが変化したものです。……?

(リノール酸の共鳴構造体の一つである)共役リノール酸は、とてもトランス化しやすいのですよ!!加熱調理でもトランス化します。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(本来の紅花油の77.4%はリノール酸)が開発され、

保存技術の進歩?による水素付加でトランス化された油が、健康によい?と宣伝され、販売されています。



共役二重結合への水素付加によるトランス化 脂肪酸 油脂(PDF)


油脂中の脂肪酸の割合


α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(77.4%はリノール酸)が開発され、保存技術の進歩による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。



焼却灰のセシウムマップ (11/07)


焼放射能汚染地図の解説  於:参議院議員会館



原発がダメになったのは、沿岸部のポンプがダメになったからです。

発電機が動かなくなったのは、想定外の津波が根本原因ではありません!




著作権法改正:何が違法で何が合法なのか

コピーガード解除用ソフト使えば違法に


違法ダウンロードに刑事罰・著作権法改正で何が変わるか

違法ダウンロードに対する刑事罰の導入に反対する会長声明(日弁連)


福井弁護士のネット著作権ここがポイント


森口氏報道と世論調査報道

科学と政治 南極の氷は最大、北極は最低




オイルシェールはエネルギー資源か?


日本の脱原発の意味



日米原子力協定


日米原子力協定(PDF)。


日本の原子爆弾開発(Wiki)




脂質


脂質(福井大)

α-リノール酸は食生活で過剰摂取になる傾向が強いので注意が必要。リノール酸 の過剰摂取を防ぐために、α-リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの、n-3系列の脂肪酸との摂取バランスを取ることが大切。比率は、リノール酸などのn-6系列の脂肪酸4に対し、n-3系 列の脂肪酸1の割合が望ましい。



脂肪酸・エステル


油脂


ケン化価


☆……………………☆………………☆…………………


混成軌道001

混成軌道002

混成軌道003

混成軌道004


☆……………………☆………………☆…………………

波のエネルギーと波の強さ


波動(リンク わかりやすい高校物理の部屋)
 
2-1-1-1 波動

 
2-1-1-2 正弦波

 
2-1-1-3 横波と縦波

 
2-1-2-1 波の重ね合わせの原理

 
2-1-2-2 波の干渉

 
2-1-2-3 定常波
 
2-1-2-4 固定端・自由端

 
2-1-3-1 ホイヘンスの原理

 
2-1-3-2 反射の法則
 
2-1-3-3 屈折の法則

 
2-1-3-4 波の回折


高校生のための物理ノート ~波動学編~


高等学校理科 物理 波


振動・波動:基礎編 (立命館大学 俵口忠功)


波動論


波と振動の物理学



理科ねっと


熱力学・統計力学
 



☆……………………☆………………☆…………………☆


トランス脂肪酸

コレステロール


トランス脂肪酸とは、何ですか?

ショートニングとは、どのようなものですか。また、「トランス脂肪酸」というものが含まれていると聞きますが、これについても教えてください。(農林水産省回答)


トランス脂肪酸(農林水産省)


危険な油のこわ~い話


ショートニングとマーガリン

これでもあなたはマーガリンやショートニングを使いますか?


トランス脂肪酸にNO!





脂質(リンク_福岡大学 )


生命体と有機化合物


代謝マップ


核酸の化学


免疫


脂質の代謝


代謝概論


講義資料


脂質の代謝



☆……………………☆………………☆…………………


マーガリンも原料でトランス脂肪酸量に違いがでます

植物性油脂中のトランス脂肪酸-植物性油脂の摂取法


トランス脂肪酸を多く含む食品


体に安全な油

健康にやさしい油の選び方


人工ミルク中のトランス脂肪酸


危険なトランス脂肪酸


☆……………………☆………………☆…………………


ビタミンE

オレイン酸


リノール酸


リノレン酸



共役二重結合(農林水産省)

リノール酸の共鳴構造体の一つである共役リノール酸は、共役二重結合をもつので水素付加(あるいは酸化)によりトランス脂肪酸になる。


共役二重結合(理系インデックス)


共役系


共鳴理論



コレステロール


「善玉/悪玉コレステロール」と呼ばれるものは、コレステロールが血管中を輸送される際のコレステロールとリポタンパク質が作る複合体を示し、コレステロール分子自体を指すものではない。

コレステロールはそれを生産する臓器や細胞膜や小胞体のような膜組織 が密集している細胞で構成される臓器、

たとえば肝臓、脊髄、脳に高濃 度に分布している。

成人の体内コレステロール量である100-150gのうち 約1/4が脳に集中し、

約1/3が脳を含めた神経系に集中している。総コレステロール量が高いということよりも、

LDLやHDLなど、どのリポタンパク質の濃度レベルが高いかがアテローム性動脈硬化症の拡張や重症化に関係している。

逆に総コレステロール量が正常値以内であっても、小粒子LDLや小粒子HDLが大半を占めているとアテロームの成長する速度は早いままであると考えられる。

しかしLDLの量(特に大粒子LDLの量)が少なかったり、HDLの占める比率が大きいと、総コレステロール濃度がどのようであれ、アテローム生成の速度は低下ないしは縮退する。


補酵素

アポリポタンパク質


リポタンパク質


トリアシルグリセロール


役に立つ薬の情報~専門薬学

専門薬学の生化学Ⅱで、ヌクレオチド・遺伝子の変異、復帰、修復・DNAの複製・転写 (mRNAの働き)・翻訳(tRNAとrRNAの働き)・遺伝子発現の制御・PCR法の原理などを参照し、

『A(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)、U(ウラシル)、セントラルドグマ、コドン、SNP(スニップ)、SSB(一本鎖結合たんぱく質 single-strand binding protein)、

サブユニット、DNAポリメラーゼ、ヌクレオシド、ヒストン八量体、ヌクレオソーム構造、N-グリコシド結合、プルーフリーディング、 テロメラーゼ、へリックス-ターン-ヘリックスやZnフィンガー、

ロイシンジッパー、スプライシング、アンチコドン、アミノアシルtRNAシンテターゼ、

サプレッサーtRNA、オペロン、シストロン、クロマチン、耐熱性DNAポリメラーゼなど』の語句を確認して下さい。

あなたたちにとって、今この時期に、これらを学習することは意義のあることです。


生化学・代謝・核酸


ビジュアル生理学


油脂中の脂肪酸の割合


α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。


脂質・コレステロール



脂質


脂質(福岡大)

α-リノール酸は食生活で過剰摂取になる傾向が強いので注意が必要。リノール酸 の過剰摂取を防ぐために、α-リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの、n-3系列の脂肪酸との摂取バランスを取ることが大切。比率は、リノール酸などのn-6系列の脂肪酸4に対し、n-3系 列の脂肪酸1の割合が望ましい。


アテローム


アテロームの中にはコレステロールばかりでなく、分子中にトランス化された脂肪酸を含有する中性脂肪(トリグリセリド)が多量に存在し、

これが動脈硬化の原因になっていることは容易に推察できます。

(動脈硬化を予防するために食物からのコレステロールの摂取を制限することなど的外れなことを行うのではなく、

効果的な対策として早急に)諸外国のように油脂中のトランス脂肪酸の含有率(%)の表示を義務づけ、消費者の選択に任せることは当然なされるべきことです。

(油脂への水素付加の自粛、トランス脂肪酸を多量に含む硬化油の生産中止、販売禁止を実施している国の方が、

学校給食のパンにショートニングを栄養学的?に添加している国より、聡明な国民からは信頼されます。

また、メーカーにはせめて人工ミルクには、トランス脂肪酸を避ける企業モラルの確立を望みます。未来へと続く命のために……。)


非平衡の定常状態


蒸発平衡



地球の仕組み……生命が地球に存在できる理由


地球の仕組み


地球の仕組み①


地球の仕組み②


地球の仕組み③

地球の仕組み④

①大気循環と②水循環が、地球の熱エントロピーを宇宙に捨て、③生態系の循環が物エントロピーを熱エントロピーに変換し、④動物が栄養素を地球規模で補給して、

陸地の生態系の循環を成立させている。この4つの機能が地球の仕組みであって、これが健全であるかぎり、地球の生命はこれからも維持される。

また、地球は一種の熱機関であり、入れ子構造の
開放定常系である。


さらに、エネルギーを考察する場合、量と強さばかりではなく、エネルギーの質も考慮しなければならない。



ヘンリーの法則と化学平衡


ウェブ アニメータ

         TOP ↑




正露丸、実は危険な薬です



環境ホルモン問題について



2012年ノーベル化学賞(Jmol版)





インフルエンザワクチンの添付文書


ホルムアルデヒドや水銀を体内に直接注入することなど許される事ではありません。水銀は脳に蓄積します。

トロトラスト(造影剤)使用による肝臓癌・白血病発症に無反省・隠蔽の体質が同じような薬害を何度も繰り返しもたらしています。

(医療に携わる皆様方、)信頼に足る存在になって下さい。『生命』とは守るべき尊いものです。



私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書①

  チメロサールが明記されています。


私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書②

  ギランバレーが載っています。


チメロサールの構造式


新型インフルエンザワクチンの接種後副反応報告


チメロサールとワクチンについて


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


新型インフルエンザワクチンQ&A|厚生労働省


「アジュバント」を含むブログ


インフルエンザワクチンの保存剤とアジュバント


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


子供をそして健康と未来を守るために


ワクチンのアジュバントと添加物について


「原子炉ビジネス」vs「ワクチンビジネス」

チメロサール除去装置


子宮頚癌ワクチン「アジュバント」の危険性


米国製インフルエンザ生ワクチン


☆……………………☆………………☆…………………

加工食品中のアクリルアミドについて

アクリルアミドと脂肪酸あるいはアミノ酸やアスパルテームなどのジペプチドなどは縮合あるいは縮重合 し、

アミド結合で結びついた物質を作るが、この物質は体に多大な負荷を与える。食品の取り合わせには注意が必要です。

朝食にマーガリンを塗ったこんがりトースト、トランス脂肪酸入りのドレッシングとCLA入りの飲料では体が悲鳴を上げます。


トランス脂肪酸と花粉症の関係


花粉症を本気で治したい人が知っておいた方がイイ13のコト


植物性人工脂肪のトランス脂肪酸は健康の敵


CLAを加工食品には入れないでください!

トランス脂肪酸とは? 部分水素化油脂とは?


共役リノール酸やガルシニアの入ったダイエット用サプリメントにはご用心!


共役リノール酸の効果や副作用について


共役リノール酸の副作用と安全


反芻動物由来天然型トランス脂肪酸はCHDリスクを減少させる

「牛のトランス脂肪酸も有害」との中間報告


リノール酸は死亡リスクを高める


ソフトドリンクと虚血性心疾患及び脳卒中発症リスク


食肉に含まれる共役リノール酸とその生理作用


食品安全モニターからの報告_共役リノール酸について

高温アルカリ処理によって製造される天然には存在しないトランス脂肪で、動物実験では肝臓肥大や肝機能異常が報告されている共役リノール酸が、

体脂肪を減少させることを目的として販売されている。

早急な販売中止と安全性の確認を求める。


CLA(共役リノール酸)のヒトにおける安全性について(2008_日清オイリオグループ)有害事象あり。

その表現は『プラセボ群よりもCLA摂取群で高くなる傾向を示したが、全ての有害事象は軽度から中等度までであり、

正常範囲内で一時的なものであった。』正常範囲内での有害事象とは?


健康食品素材データベース 共役リノール酸 Conjugated linoleic acid(CLA)


食品安全情報


管理栄養士国家試験徹底解説


ヒト体内における脂肪酸の関する記述について(問題)



あたかも自社の植物油(べに花油)の中に、共役リノール酸が存在しているかのように、消費者に誤解を与える油会社のHP(CLAはとても活性が大きく(不安定で)すぐに水素と付加反応をし、安定なトランスリノール酸になってしまいます。


植物油のヘルシー成分 共役リノール酸(CLA)……??


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸のカタチが変化したものです。……?

(リノール酸の共鳴構造体の一つである)共役リノール酸は、とてもトランス化しやすいのですよ!!加熱調理でもトランス化します。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(本来の紅花油の77.4%はリノール酸)が開発され、

保存技術の進歩?による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。



共役二重結合への水素付加によるトランス化 脂肪酸 油脂(PDF)



油脂中の脂肪酸の割合


α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、

プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。

機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(77.4%はリノール酸)が開発され、保存技術の進歩による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。



加熱調理の際、リノール酸を多く含む紅花油はトランス化します。共鳴構造体の一つである共役リノール酸は、共役二重結合をもつので水素付加(あるいは酸化)により、たやすくトランス脂肪酸になることを理解しましょう。


科学無視のトランス脂肪酸批判思わぬ弊害が表面化


リノール脂肪酸を多量に含む油脂(紅花油)の危険性を科学的に(学問的に)理解することができれば、トリックとごまかしを見抜くことができます。

科学を無視する方々よ、科学を騙る(かたる)なかれ。



ヘンリーの法則と化学平衡




加熱調理の際、リノール酸を多く含む紅花油はトランス化します。

共鳴構造体の一つである共役リノール酸は、共役二重結合をもつので水素付加(あるいは酸化)により、たやすくトランス脂肪酸になることを理解しましょう。


科学無視のトランス脂肪酸批判思わぬ弊害が表面化


リノール脂肪酸を多量に含む油脂(紅花油)の危険性を科学的に(学問的に)理解することができれば、トリックとごまかしを見抜くことができます。

科学を無視する方々よ、科学を騙る(かたる)なかれ。

先日返却したレポートと資料を再度確認して下さいね。いつまでも真実を追究する気概を持ち続けてください。


☆……………………☆………………☆…………………


食品に含まれるトランス脂肪酸に係る食品健康影響評価情報に関する調査報告書


トランス脂肪酸:含有量表示へ 消費者庁がガイドラインを発表


含有表示ができなかったことがこの国の命に対する姿勢を表しています。哀しいことです。


ハウス食品はトランス脂肪酸の減少に取り組んでいますか。


セブン-イレブンの取り組み(トランス脂肪酸の低減)



ミスタードーナツはトランス脂肪酸値を大幅に抑えたオイルを採用しています。






Dr. Mercola アメリカ

私は、最近チメロサールが健康に及ぼす危険を証明する数々の研究結果をまとめた。

「チメロサールが危害を及ぼすという根拠はない」と言っている人たちが、真実を伝えてないことを証明したものである。反対のことを示す証拠が山ほどある。

ワクチンが有効であると考えられるためには、ワクチンに対する免疫反応が、

ワクチンの中にある生きたウィルスもしくは死んだウィルス(抗原)に対し、抗体を生成しなければならない。

アジュバントは、抗原に対する免疫反応を強くさせるための添加物である。ラテン語で「助けること」という意味のadjuvareという言葉に由来している。

アジュバントを加えることで、ウィルス抗原を少なくしても(希釈しても)効果が得られるため、製造コストが安くなる。

しかし、残念ながら、アジュバントの多くは、毒性が高い。アジュバントには何種類かある。

最も一般的なものは、水酸化アルミニウム•リン酸アルミニウム•リン酸カルシウムである。

他にも、 サメの肝臓から抽出 スクアレン(squalene)のような油性のエマルション(乳濁液)を含んだアジュバントもあるが、

米国内で流通するワクチンでの使用はFDAが認可していない。

ヨーロッパなどの諸外国に流通するワクチンには、スクアレンがアジュバントとして使用されているものがある。


チメロサール(wiki)

ワクチンの中に有機水銀化合物が添加されているものがあるのをご存知でしょうか?(PDF)


新型インフルエンザワクチンの接種後副反応報告



あたかも自社の植物油(べに花油)の中に、共役リノール酸が存在しているかのように、消費者に誤解を与える油会社のHP


植物油のヘルシー成分 共役リノール酸(CLA)……??


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸のカタチが変化したものです。……?

(リノール酸の共鳴構造体の一つである)共役リノール酸は、とてもトランス化しやすいのですよ!!加熱調理でもトランス化します。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(本来の紅花油の77.4%はリノール酸)が開発され、保存技術の進歩?による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、水素付加した時点でトランス脂肪酸になってしまいます。ショートニングやマーガリンの中には存在しないのです。お菓子メーカーの方々、欺されないで下さい。


油脂中の脂肪酸の割合


α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。


共役二重結合への水素付加によるトランス化 脂肪酸 油脂(PDF)



☆……………………☆………………☆…………………


熱力学・統計力学
 


熱力学の基礎(東大 丸山茂夫)


熱力学の基礎(関西学院大 西谷滋人)


統計力学の基礎(東大 清水 明)


☆……………………☆………………☆…………………



インフルエンザワクチンの添付文書


ホルムアルデヒドや水銀を体内に直接注入することなど許される事ではありません。

水銀は脳に蓄積します。

トロトラスト(造影剤)使用による肝臓癌・白血病発症に無反省・隠蔽の体質が同じような薬害を何度も繰り返しもたらしています。

(医療に携わる皆様方、)信頼に足る存在になって下さい。『生命』とは守るべき尊いものです。


私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書①

  チメロサールが明記されています。


私が掛かり付けの医師からいただいたインフルエンザワクチンの添付文書②

  ギランバレーが載っています。


新型インフルエンザワクチンの接種後副反応報告



チメロサールの構造式


チメロサールとワクチンについて


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


新型インフルエンザワクチンQ&A|厚生労働省


「アジュバント」を含むブログ


インフルエンザワクチンの保存剤とアジュバント


保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について


子供をそして健康と未来を守るために


ワクチンのアジュバントと添加物について


「原子炉ビジネス」vs「ワクチンビジネス」

子宮頚癌ワクチン「アジュバント」の危険性



Dr. Mercola アメリカ

私は、最近チメロサールが健康に及ぼす危険を証明する数々の研究結果をまとめた。

「チメロサールが危害を及ぼすという根拠はない」と言っている人たちが、真実を伝えてないことを証明したものである。

反対のことを示す証拠が山ほどある。ワクチンが有効であると考えられるためには、

ワクチンに対する免疫反応が、ワクチンの中にある生きたウィルスもしくは死んだウィルス(抗原)に対し、抗体を生成しなければならない。

アジュバントは、抗原に対する免疫反応を強くさせるための添加物である。

ラテン語で「助けること」という意味のadjuvareという言葉に由来している。

アジュバントを加えることで、ウィルス抗原を少なくしても(希釈しても)効果が得られるため、製造コストが安くなる。

しかし、残念ながら、アジュバントの多くは、毒性が高い。

アジュバントには何種類かある。

最も一般的なものは、水酸化アルミニウム•リン酸アルミニウム•リン酸カルシウムである。

他にも、 サメの肝臓から抽出 スクアレン(squalene)のような油性のエマルション(乳濁液)を含んだアジュバントもあるが、

米国内で流通するワクチンでの使用はFDAが認可していない。

ヨーロッパなどの諸外国に流通するワクチンには、スクアレンがアジュバントとして使用されているものがある。


チメロサール(wiki)

ワクチンの中に有機水銀化合物が添加されているものがあるのをご存知でしょうか?(PDF)


チメロサール除去装置


米国製インフルエンザ生ワクチン


☆……………………☆………………☆…………………

あたかも自社の植物油(べに花油)の中に、共役リノール酸が存在しているかのように、消費者に誤解を与える油会社のHP


植物油のヘルシー成分 共役リノール酸(CLA)……??


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸のカタチが変化したものです。……?

(リノール酸の共鳴構造体の一つである)共役リノール酸は、とてもトランス化しやすいのですよ!!加熱調理でもトランス化します。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(本来の紅花油の77.4%はリノール酸)が開発され、

保存技術の進歩?による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、水素付加した時点でトランス脂肪酸になってしまいます。

ショートニングやマーガリンの中には存在しないのです。

お菓子メーカーの方々、欺されないで下さい。


油脂中の脂肪酸の割合

α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。


共役二重結合への水素付加によるトランス化 脂肪酸 油脂(PDF)



ロレンツォのオイル/命の詩


副腎白質ジストロフィー adrenoleukodysprophy(ALD)


副腎白質ジストロフィー :先天的な脂質代謝異常によって脱髄が起こる白質ジストロフィー。

長鎖脂肪酸を正常に代謝するための酵素が先天的に欠損しており、そのため代謝異常によってこの長鎖脂肪酸が正常に排出されず、

神経細胞内に蓄積する。神経細胞に蓄積した長鎖脂肪酸は、ミエリンと呼ばれる中枢神経系の髄鞘を剥ぎ取り、

そのことによって脳の白質を傷つけることにより病気をもたらす。



注意欠陥・多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Disorder;ADHD)


抑制や自制に関する脳の神経回路が発達の段階で損なわれてしまうことが原因である。

2007年にイギリス政府は、食品添加物の合成保存料の安息香酸ナトリウムと数種類の合成着色料が子供にADHDを引き起こすという研究を受け、

これらを含むことが多いドリンクやお菓子に注意を促している。 2008年4月には、

英国食品基準庁 (FSA) はADHDと関連の疑われる合成着色料のタール色素について2009年末までにメーカーが自主規制するよう勧告した。

ガーディアン紙での報道では大手メーカーは2008年中にそれらを除去するとのこと。

自主規制対象のタール色素:赤色40号、赤色102号、カルモイシン、黄色4号、黄色5号、キノリンイエロー


食品衛生(監視)戦後史


輸入促進の為、食品添加物や残留農薬等は、

世界の中で一番基準の低い国に合わせる『規 制緩和』とか『貿易障壁の緩和』などと呼ぶおかしな現実で、危険性は減少せず、

年々増加傾向にある。

規制緩和が進行中。貿易障壁の緩和と呼ぶようですね。


あなたを不安にさせる無用の知識


だれのためにもならない食品添加物の規制緩和


食品添加物


農薬もたっぷり=TPP交渉参加反対道民集会

日本で使用できる食品添加物は約800種類だが、米国では約3000種類もある。その中には発ガン性のあるものも含まれており、

日本では使用が禁止されている。TPPへの参加すると米国から「同じ商品なのに国によって基準が違う。

負担が大きい」として日本の規制緩和を求めてくると予測する。


あなたの人生を破滅へといざなう食品添加物



講義資料  磯田 宏(九州大 農業政策論)

日本の一律基準をアメリカ基準にするとどうなるかの例


*大豆の殺菌剤ピリメタニル:日本0.01ppm→アメリカ基準0.1ppm(10倍)

*トウモロコシの殺虫剤ホノホス:日本0.01ppm→0.1ppm(10倍)

*小麦の殺菌剤イマザリル:日本0.01ppm→0.5ppm(50倍)

食品添加物のうち,,アメリカ等で使われ,,FAO/WFHO合同食品添加物専門会議で「安全」とされたものは全て日本でも認めよ。

(同専門会議で安全性評価終了添加物約900>日本の指定添加物約300)

例:冷凍フライドポテトの食品添加物である酸化エチレン(殺菌剤,合成洗剤原料),エトキシン(酸化防止剤,発がん性も疑われている),

ペルオキシ酢酸(保存料,マウス実験では経口・経皮・吸入で毒性)など

2000年外国貿易障壁報告への日本政府コメント

食品添加物

食品添加物については、米国を始め、諸外国と同様のポジティブリスト制を採用しており 「日本の食品添加物の規制は独自のものであり、

・・・」との記述は誤りである。
新規の指定及び使用基準改正については、平成8年3月、WTO通報等により関係各国のコメントを聴取し、

要請手続に関する指針を策定したところである。本指針に従って要請があれば適切に対処するものであり、

国際的にも適切な制度である。

また、「日本は食品衛生法の改正により、国内規制をWTO/SPS協定に適合するよう作業を進めている」という事実はない。



☆………☆………☆………☆………☆………☆………☆


抗ガン剤で殺される 1/9

抗ガン剤で殺される 2/9


抗ガン剤で殺される 3/9


抗ガン剤で殺される 4/9

抗ガン剤で殺される 5/9


抗ガン剤で殺される 6/9


抗ガン剤で殺される 7/9


抗ガン剤で殺される 8/9


抗ガン剤で殺される 9/9


健康倶楽部ニュース ADG(Anti Drug Gene)


☆………………☆…………………


基礎免疫学


がんの生理学


役に立つ薬の情報~専門薬学


食品の腐敗・褐変現象・発がん物質



タール色素はアレルギー性があり北欧諸国では禁止されている

食品、添加物等の規格基準


トランス脂肪酸って


アトピー治すぞ☆(アトピーとリノール酸_過酸化脂質とアレルギー)



2012年ノーベル化学賞(Jmol版)


Gタンパク質共役受容体


Jmolの使い方


Jmol スタンドアローン版の操作


Jmol版「分子の学習帳」


☆……………………☆………………☆…………………


実験解説(PDF)


レポートの書き方

実験の心得


スズ

実験1&2

実験3の解説_弱酸遊離

不定比化合物・トロナ湖

実験4青銅鏡注意事項

青銅資料

指示薬

実験_中和滴定

ヘスの法則

アルミニウム 亜鉛 銅 銀 鉄



炎色反応

凝固点降下


反応速度

化学平衡


実験_気体


溶解

水和


溶解_イオン対

フェーリング液・ロッシェル塩

酸化還元滴定

電池

電気分解・メッキ

鎖式炭化水素

アルコール・アルデヒド


ヨードホルム


分液ロート・カルボン酸・エステル


サリチル酸メチル アセチルサリチル酸

ベンゼン


ベンゼン・フェノール

アニリンとアゾ染料


アゾ染料

アニリンの合成


パラレッドの合成

パラニトロアニリンの合成


ヘンリーの法則



非環式炭化水素

主な基、官能基


光合成・呼吸


命名法


エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン


アニリン・ニトロ・系統分離


合成高分子①


合成高分子②

合成高分子③

アミノ酸とタンパク質


イオン名


セッケン

タンパク質①


タンパク質②


フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤


染料はなぜ発色するか


炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質

糖類・アミノ酸・タンパク質の識別


尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞


発色


アニリンとアゾ染料

合成染料物語

非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)


卵&糖タンパク質




化学解説プリント(PDF)

金属イオンの分離

金属イオンの検出と分離

金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]

[問題A]の(2)について

溶解度積

金属イオン&錯イオン&金属

問題金属イオン

石灰水の白濁&石灰岩の熱分解

電気分解Ⅰ

電気分解Ⅱ

水酸化銅 塩化銀

2族金属とその化合物1

2族金属とその化合物2

銅(溶解度積)

銅&テトラアンミン銅イオン

アルミニウム・アルミン酸イオン

カルシウム・炭酸カルシウム

亜鉛

スズ






工業反応

アルミニウム問題


ハロゲンの性質

燃料電池



水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。


熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。

エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの変換効率は100%が可能です。


酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム




脂質(リンク_福岡大学 )

生命体と有機化合物

代謝マップ

核酸の化学

免疫

脂質の代謝

代謝概論

講義資料



化学Ⅰ_有機分野

化学Ⅰ_一般式と異性体

化学Ⅰ_炭素化合物の定性分析

化学Ⅰ_炭化水素の分類

化学Ⅰ_アルカン・アルキル基

化学Ⅰ_アルカンの異性体

化学Ⅰ_アルケン・アルキン

化学Ⅰ_エチレン

化学Ⅰ_幾何異性体

化学Ⅰ_アセチレン

化学Ⅰ_アルコール&エーテル①

化学Ⅰ_アルコール&エーテル②

化学Ⅰ_アルデヒド&ケトン

化学Ⅰ_カルボン酸&エステル

化学Ⅰ_エステル

化学Ⅰ_芳香族化合物

化学Ⅰ_置換基の配向性

化学Ⅰ_フェノール・フタル酸

化学Ⅰ_ベンゼン環の側鎖の酸化

化学Ⅰ_アニリン・アゾ化合物

化学Ⅰ_ニトロ化合物・スルホン酸

化学Ⅰ_有機 系統分離①

化学Ⅰ_有機 系統分離②



有機正誤問題

環境正誤問題


アルカンの命名法.

非環式炭化水素

生化学001


生化学002

生化学003

生化学004

生化学005

生化学006

生化学007

生化学008


生化学009(ネルンストの式)

生化学010(濃淡電池



濃淡電池の説明№1


濃淡電池の説明№2


生化学011

生化学012

生化学013

リンク


役に立つ薬の情報~専門薬学


東京都健康安全研究センター


環境ホルモンの分析


………………………

環境ホルモン01

環境ホルモン02

環境ホルモン_示性式01

環境ホルモン_示性式02

環境ホルモン問題


東京都健康安全研究センター

環境ホルモンの分



環境ホルモンによる生殖異変①

環境ホルモンによる生殖異変②

環境ホルモンによる生殖異変③

環境ホルモンによる生殖異変④

東京都立衛生研究所平成10年度資料①

東京都立衛生研究所平成10年度資料②


東京都立衛生研究所平成10年度資料③

東京都立衛生研究所平成10年度資料④



有機反応1

有機反応2

有機反応3

有機反応4

有機反応5

有機反応6




実験資料

鎖式炭化水素1

鎖式炭化水素2

鎖式炭化水素3

鎖式炭化水素4

鎖式炭化水素5

鎖式炭化水素6

鎖式炭化水素7

鎖式炭化水素8


実験資料

アルコール・アルデヒド1

アルコール・アルデヒド2

アルコール・アルデヒド3

アルコール・アルデヒド4

アルコール・アルデヒド5

アルコール・アルデヒド6

アルコール・アルデヒド7

酸化還元反応(アルコール)

フェーリング液・ロッシェル塩1

フェーリング液・ロッシェル塩2

フェーリング液・ロッシェル塩3

ヨードホルム反応

ヨードホルム反応・ヨウ素


実験資料

カルボン酸・エステル1

カルボン酸・エステル2

カルボン酸・エステル3

カルボン酸・エステル4

カルボン酸・エステル5

カルボン酸・エステル6



実験資料

ベンゼン・フェノール1

ベンゼン・フェノール2

ベンゼン・フェノール3

ベンゼン・フェノール4

ベンゼン・フェノール5

ベンゼン・フェノール6

ベンゼン・フェノール7

ベンゼン・フェノール8

ベンゼン・フェノール9



実験資料

アニリン&アゾ化合物1

アニリン&アゾ化合物2

アニリン&アゾ化合物3

アニリン&アゾ化合物4


パラレッドの合成

パラニトロアニリン・アセトアニリド

サリチル酸メチル アセチルサリチル酸1

サリチル酸メチル アセチルサリチル酸2

サリチル酸メチル アセチルサリチル酸3

医薬品の合成反応1

医薬品の合成反応2

高分子問題1

高分子問題2

高分子問題3

高分子問題4

高分子問題5

高分子問題6

高分子問解1

高分子問解2

高分子問解3

高分子問解4

フェノール樹脂・尿素樹脂

有機1

有機2

一般式と異性体

命名法1

命名法2

アルケン・アルキン命名法

エチレンの反応

エチレン

プロピレン

アセチレン

アセチレンの反応

アセチレン問題


問題①

問題②

問題③

アルカン・アルケン・アルキン

ザイツェフ則

ザイツェフ マルコニコフ


アルコール・エーテル1

アルコール・エーテル2

エーテルの命名法

ヨードホルム反応

アルコール問題

アルデヒド・ケトン

ケトンの命名

カルボン酸・エステル

脂肪酸・エステル

脂肪族問題

倍数接頭辞1

倍数接頭辞2

非環式炭化水素

脂肪族異性体問題

アルケン問題1

アルケン問題2

アルケン問題3


油脂

ケン化価

セッケン・合成洗剤

油脂問題1

油脂問題2

エタノールからの合成

有機化学①

有機化学②

芳香族1

芳香族2

芳香族3

芳香族4

芳香族問題1

芳香族解答1

芳香族問題2

芳香族解答2

演習問題

有機命名法

有機発展

☆……………………☆………………☆…………………

生化学

光合成・呼吸①

光合成・呼吸②

アルコール発酵・酢酸発酵

ピリミジン

☆……………………☆………………☆…………………

合成高分子①

合成高分子②

合成高分子③

合成高分子④

合成高分子⑤

合成高分子⑥

合成高分子⑦

合成高分子⑧

合成高分子⑨





資料


糖類Ⅰ

糖類Ⅱ

糖類①

糖類②

糖類③

糖類④

糖類⑤

糖類⑥

糖類⑦

糖類⑧

偏光・旋光

偏光

実験資料 比旋光度

グルコースの異性体①

グルコースの異性体②



資料

タンパク質とアミノ酸

タンパク質①

タンパク質②

タンパク質③

タンパク質④

タンパク質⑤

タンパク質⑥


アニリン・ニトロ・系統分離①

アニリン・ニトロ・系統分離②

アニリン・ニトロ・系統分離③

アニリン・ニトロ・系統分離④



糖・タンパク質1

糖・タンパク質2

糖・タンパク質3

糖・タンパク質4

糖・タンパク質5

糖・タンパク質6

糖・タンパク質7


糖類①

糖類②

糖類③

アミノ酸・タンパク質①

アミノ酸・タンパク質②

アミノ酸・タンパク質③

アミノ酸・タンパク質④

アミノ酸・タンパク質⑤

アミノ酸・タンパク質⑥


糖・タンパク質問題1

糖・タンパク質問題2

糖・タンパク質問題3

糖・タンパク質問題4

糖・タンパク質問題5




実験資料

タンパク質問題①

タンパク質問題②


糖類・タンパク質・アミノ酸の識別

卵・糖タンパク質


合成洗剤

染料はなぜ発色するのか?

合成染料物語①

合成染料物語②


肥料

有機反応式1

有機反応式2

有機反応式解答


基礎問題 特徴・分類①

基礎問題 特徴・分類②

基礎問題 特徴・分類 解答

構造式の決定

構造式の決定 解答



アルコール・エーテル&アルデヒド・ケトン

アルデヒド・ケトン 解答


カルボン酸・エステル

カルボン酸・エステル 解答



問題 アニリン

解答 アニリン




クロロフィル・B12・ヘモグロビン

資料

投影式


融解エントロピ-

光合成・呼吸

立体異性体


異性体の構造表示

発展問題


リンク 専門薬学


生化学


気体と化学平衡を理解し、平衡とヘンリーの法則の関係を理解しましょう。(これらは基礎編・発展編にのせた事項です。)

気体

圧力と密度

ボイル&シャルル

ボイルシャルル




気体の状態方程式その1

気体の状態方程式その2


気体の状態方程式の問題

気体の状態方程式の解

ファンデルワールスの状態方程式


理想気体と実在気体


気体問題

混合気体の問題

混合気体

圧力&気体の考察



化学平衡


反応速度

可逆反応と化学平衡

平衡移動の原理(濃度)

平衡移動の原理(温度)

平衡移動の原理(圧力)

活性化Eと平衡

アレニウスの式


eのx乗の微分

微分・未来を予測する式

気温の上昇が、大気中の二酸化炭素濃度の増加原因です。温度と二酸化炭素濃度』を理解しましょう。

リンク 論文(PDF)

「大気中CO2濃度増は自然現象であった」

温度

温度は示強性

ヘンリーの法則

ヘンリーの法則と二酸化炭素濃度

温度と二酸化炭素濃度

フロンは魔女ではない 槌田 敦 氏

オゾンホールのフロン原因説について


オゾンホール  HP『環境問題』を考える

オゾンホールに関する備忘録

オゾンホール①

オゾンホール②

オゾンホール③




気体の圧力と絶対温度について

ポケットを叩けばビスケットが二つ

国立環境研究所

研究員の皆さん もっと勉強して下さい。

温暖化は暴走する?

海から二酸化炭素が放出された?




リンク

大気温度はどのように決まるか 

 [環境問題を考える]から




実験 アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄01

実験 アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄02

実験 アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄03

実験 アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄04

実験 アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄05


実験補足解説

水酸化銅(Ⅱ)の加熱

塩化銀の再溶解

ジクロロ銀(Ⅰ)酸イオン

酸化銀(Ⅰ)

酸化銀(Ⅱ)


錯体とエネルギー(補足解説)

紺青・アンミン錯塩

実験についてのQ&A

pHとアルミニウム錯体

錯体とエネルギー図

非平衡の定常状態

地球の仕組み



エントロピー

エントロピーとは

ボルツマン定数・絶対温度

エントロピーの定義

熱力学的&微視的エントロピー


熱効率問題①


熱効率問題②






解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2



銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、

バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。エネルギー総量は、

不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの

変換効率は100%が可能です。



酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム




脂質(リンク_福岡大学 )


生命体と有機化合物

代謝マップ

核酸の化学

免疫

脂質の代謝


代謝概論


講義資料




放射線は身体にどういう影響を与えるか(崎山比早子 氏)

放射性セシウム汚染と子どもの被ばく 崎山比早子 氏


H23年度1年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで

H23年度2年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで


………………………………………………………


非環式炭化水素

主な基、官能基


光合成・呼吸

命名法

エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン

アニリン・ニトロ・系統分離

合成高分子①

合成高分子②


合成高分子③


アミノ酸とタンパク質

イオン名


セッケン


タンパク質①

タンパク質②

フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤

染料はなぜ発色するか

炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質

糖類・アミノ酸・タンパク質の識別

尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞

発色


非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)

卵&糖タンパク質



解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積




金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、

バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。

エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの

変換効率は100%が可能です。



酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン

カルシウム・炭酸カルシウム





熱力学を理解するための微分・積分・自然対数



微分


微分の基礎事項 №1

微分の基礎事項 №2


微分について

微分公式

偏微分・全微分


eのx乗の微分


微分・未来を予測する式


微分を理解し温度を理解して下さい



温度とは

温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


内部Eとエンタルピー

自由エネルギー

熱力学的温度


安定な平衡・不安定な平衡(絶対温度とエネルギー)



積分

仕事(エネルギー)


気体のする仕事

運動エネルギー



指数・対数

指数・対数1

指数・対数2


aのx乗の微分の証明


底の交換公式の証明

自然対数

オイラー&ネイピア

不思議な数字





熱力学的考察

熱力学からみた水の状態変化


0℃での減圧

0℃でのさらなる減圧

熱力学から見た1atmでの状態変化

断熱過程での仕事




非膨張の仕事


非膨張の仕事の最大値1


非膨張の仕事の最大値2

非膨張の仕事の最大値3



示強変数としての化学ポテンシャル



うまくやればだいじょうぶ? 海水の中にあるから無尽蔵?


那珂核融合研究所(燃料ってどこからもってくるの?)

『海水中のマグネシウムからエネルギーを取り出すことによって、

エネルギー問題は解決する。』と言う研究者(?)がいる。


『マグネシウム 海水 エネルギー』で検索(グーグル)したら1番でヒットしました。

海水から、マグネシウムを取り出し、エネルギ-源とするのに、

どれほどのエネルギーが必要となるのかを考えれば、空論にすぎない。


(参考)


マグネシウムは,海水中に1350mg/l (他の元素に比べるとかなりの高濃度である)含まれており,

世界で200万トンが、海水から採取され(1975),

おもに耐火物であるマグネシアクリンカーの製造に使用されている。

マグネシウム金属は、電子を放出して(エネルギーを放出して)マグネシウムイオンになる。

エネルギーを放出した(エネルギーの入っていない)マグネシウム(マグネシウムイオン)を、

海水から取り出し、クリンカーを製造することは、物質の利用としては妥当であるが、

エネルギー源としての利用となると、それは空論である。

太陽エネルギー変換装置と同等、もしくはそれ以下である。

太陽光で得たエネルギー(レーザー光エネルギー)でマグネシウムを還元し、

利用するのだ言っていますが、吸収したエネルギー以上のエネルギーを放出することはできないのですよ。

なぜ、太陽光で得たエネルギーの変換効率(熱力学における熱効率ではありません)をできるだけ下げることがないように、

太陽光で得たエネルギーを直接利用することを考えないのでしょうか?

『だからこそ、マグネシウムを利用するのだ。』とおっしゃるでしょうが、根本的に間違っていますよ。

熱力学を習得すべきです。



電子のもつエネルギー

電子を放出することは、エネルギーを放出することです。

マグネシウム金属は、イオンになりやすい。

マグネシウムイオンは、イオンのままでいやすい。

マグネシウム金属は、エネルギーを放出し、マグネシウムイオンになる。

マグネシウムイオンは、エネルギーを吸収し、マグネシウム金属になる。

混同しないで下さい。


イオン化エネルギーの考察

エントロピー

自由エネルギー図

生命物理化学の式(まとめ)


生命物理化学の問題




内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係①

内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係②



自由E&内部E 問題


自由E&内部E 解答


放射性廃棄物

クラペイロンの式.


内部Eとエンタルピーの式

自由エネルギーの式


クラペイロンの式を導く




平衡関係の定式化

平衡・クラペイロンの例題


平衡関係の問題




非平衡の定常状態

地球の仕組み




温室効果とは


気体の圧力と絶対温度について



温度とは


温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


偏微分・全微分


熱力学的温度



エントロピー


エントロピー・エンタルピー



自由エネルギー図

エントロピー・自由エネルギー


エントロピーとは

ボルツマン定数・絶対温度





エントロピーの理解には、微分と積分の知識が必要です


微分について


微分公式


偏微分・全微分


積分で考察する仕事

積分で考察する気体の仕事


積分で考察する運動エネルギー




エントロピーの定義

熱力学的エントロピー&微視的エントロピー


熱力学的世界


物質のもつエネルギーの変化


ものの性質

示強変数としての化学ポテンシャル


安定な平衡・不安定な平衡 (絶対温度とエネルギー)



☆……………………
☆………………

物質量

モルについて

モルと組成式


モル&モル質量

☆……………………☆………………


気体

圧力と密度


ボイル&シャルル

ボイルシャルル


気体の状態方程式その1


気体の状態方程式その2


気体の状態方程式の問題


気体の状態方程式の解


ファンデルワールスの状態方程式

理想気体と実在気体


理想気体と実在気体




ヘリウム

標準状態において、ヘリウムは単原子ガスとして存在する。ヘリウムを固化するには非常に特殊な条件下に置かなければならない。

元素の中で沸点が最も低く、標準圧力下では温度を下げて絶対零度になっても不確定性原理のため液体のままであり、

固化するにはさらに高い圧力をかける必要がある。



水素

水素分子は、常温常圧では無色無臭の気体として存在する、分子式 H2 で表される単体である。

分子量2.016、融点 −259.2 ℃(常圧)、沸点 −252.6 ℃(常圧)、密度 0.0899g/l、比重 0.0695(空気を1として)、臨界圧力12.80気圧、水への溶解度0.021ml/ml水(0℃)。

最も軽い気体である。




気体問題

混合気体


混合気体の問題


混合気体解答


圧力&気体の考察


……………………
………………………



浮力を考慮した物質の質量

氷山の一角 圧力

実験資料_気体001

実験資料_気体002


実験資料_気体003

気体の実験室的製法



……………………
…………

化学基礎

物質と原子・原子量


組成式の問題

組成式の問題の解

化学基礎問題


化学基礎 モル&モル質量


モルの問題


モルの解

反応前後問題

結合力と沸点

元素と原子

原子量と分子量


イオンと電子配置


イオン結合と組成式

共有結合と構造式


構造式 電子式

分子の形 極性 水素結合

配位結合と極限構造式

1電子&3電子結合


組成式と化学反応式


係数と化学反応式その1


係数と化学反応式その2

化学結合の種類と性質


物質の三態

水の状態図

臨界点・超臨界

☆……………………☆………………


反応速度&平衡

反応速度(係数付)

平衡移動の原理


カルノーサイクル



平衡_アレニウスプロット(グラフ問題)

内部エネルギー_エンタルピー&自由エネルギー

アレニウスプロット_ヘンリーの法則と平衡_可溶・不溶

アレニウスプロット(Q&A)

ヘンリーの法則と平衡(Q&A)

可溶不溶(Q&A)


内部エネルギー & エントロピーについて

理想気体の分子運度と圧力


内部エネルギー

生命物理化学


クラペイロンの式.


相律

1気圧での状態変化

氷晶と昇華


大学(理系)の試験問題って どんなの?…解けますよ!


蒸発平衡


エントロピー・エンタルピー

エントロピー

イオン化E・電子親和力・電気陰性度

イオン化エネルギーの考察

イオン化Eとイオンの安定度


電子のもつエネルギー


質量とエネルギー&波のエネルギー

問題 エネルギー


温度とは

ものの性質

エントロピー

エントロピー・エンタルピー

自由エネルギー図


エントロピー・自由エネルギー

物質のもつエネルギーの変化



エントロピーとは

熱力学的温度 安定な平衡と不安定な平衡

断熱過程での仕事

内部エネルギー&比熱



断熱可逆膨張


エンタルピー変化・エントロピー項・自由エネルギー & 熱効率

ヘンリーの法則

ヘンリーの法則と平衡

溶解の熱力学的考察



熱効率

エネルギー変換効率

物質のもつエネルギーの変化

ヒートポンプ幻想

ヒートポンプと遂行係数


エントロピーとエネルギー

水溶液のpH(PDF)


pH(PDF)

……………………………………………………

『環境問題を考える』へのリンク集

気体の状態方程式と分子運動

気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


気体の分子運動と電磁放射




環境問題についての高校の教科書の記述について科学する




高校生のための環境問題講座

環境問題総論


エネルギー技術


地球温暖化


オゾンホール






エネルギー供給技術の有効性の検討(2012/10/22)

高校教科書と環境問題(2012/10/30)

石油代替エネルギー供給技術の有効性の検討

学問を見失い、 迷走する環境論議



気体の内部エネルギーと理想気体の自由度

自然の仕組み ―生命が地球に存在できる理由―


生きている地球


人為的CO2地球温暖化脅威仮説の虚構




環境問題などについての備忘録(近藤 邦明 氏)

………………………………………………………

熱効率・エントロピーとエネルギー


使えなくなったもの(エントロピーの増大したゴミ・バラバラになったもの)を元に戻すには、

バラバラにして得たエネルギー以上のエネルギーが必要となります。

リサイクルは、エネルギーの浪費になるのです。T・ΔS(エントロピー項)は、エネルギーです。

温度は示強性。

エネルギーは示量性、お金も示量性。エネルギーとお金は、とても似ています。

同じ1万円でも、1万円札1枚と1円玉1万枚は、違うのです。

この違いを理解することで、エネルギーの質とエントロピーを理解することができす。

地球は、太陽から1万円札でエネルギーをもらいます。

夜になると、バラバラと1円玉1万個で、エネルギーを宇宙へ放出します。

同じ量のエネルギーでも、エネルギーの質が違うのです。




エントロピー

熱力学第二法則とその応用



講義ノート・講義参考資料(冨田博之)

『熱力学』講義ノート 冨田博之

統計力学 講義ノート (2013 年夏学期)

『統計物理学』京都大学全学共通科目 講義ノート


熱力学の基礎 - 東京大学

化学熱力学入門

熱力学第 2法則、エントロピー


初等熱力学(北大)

東京理科大 理学部 watanabe


講義ノート 小西克享



準平衡状態の熱力学 慶應義塾大学 hattori/ishioka


2012年度 全学教育 化学B 東北大 上田潔


熱工学(熱力学と伝熱工学)の歴史と現状(東大 丸山)


熱力学ポテンシャル(名古屋大)

重力と熱力学 kyoto/miyoshi




熱力学の法則と熱機関




生命物理化学


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


内部エネルギー & エントロピー


ヘンリーの法則と平衡


カルノーサイクル


非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示


………………………………………………………

太田龍 二・二六事件の真相(PDF)

………………………………………………………

天皇の陰謀(動画)


………………………………………………………

天皇の陰謀(訳読)

………………………………………………………

昭和天皇_財界の為の戦争_『アヘン事業・侵略ビジネス』


………………………………………………………

昭和天皇&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス(PDF)

………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会


………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会(PDF)

………………………………………………………

島津論文 (福島原発事故の原因)



……………………
…………………………………

島津論文 英文PDF

………………………………………………………

島津論文 和文PDF

………………………………………………………

日本の真相 鬼塚英昭


……………………
…………………………………

日本の真相 鬼塚英昭(PDF)

………………………………………………………

広島原爆投下の真相__日本のいちばん醜い日


……………………
…………………………………

広島原爆投下の真相(PDF)

………………………………………………………

スライヴ 『THRIVE フォスター・ギャンブル』


……………………
…………………………………

スライヴ (PDF)


………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画




TOP ↑

アクセスカウンター









         

  





項目選択肢Ⅰ


項目選択肢Ⅱ


項目一覧


真実の情報


姓名















医療過誤 船瀬俊介(PDF)


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。(P3)

マスタードガスです。(P3)

イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!

本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。


逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。

改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。





ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、

癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、

その情報を故意に報道規制したため、


この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対して無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されている事実があり、

4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。












輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード


昭和天皇は、昭和天皇は、輸血で死んだ (00:00:14)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:00)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:00)

だから
十万人死んでいるのではないか と言われている。 (00:02:32)

『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:03:51)

輸血は盲点だった、というより
医者が99.9%知らないのではないか? (00:04:32)

医学教育の問題だから。 (00:04:39)



移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

血液の人に対する病気

【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

Graft(移植片:血液) - Versus(対) - Host(宿主:人間) Disease(病)



【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

[どんな病気か]

血液の病気では、治療として、輸血(血液製剤を含む)や骨髄移植(こつずいいしょく)が、

よく行なわれるようになりました。

しかし、他人の血液や骨髄(移植片(いしょくへん))には、自己と非自己を見分け、


非自己を排除しようとする免疫機能(めんえききのう)のはたらきに主要な役割を はたす リンパ球 が含まれています。

輸血や骨髄移植は、白血球(はっけっきゅう)などがうまく機能しない病気をもつ患者さんに対して行なわれることが多く、

その患者さん(宿主(しゅくしゅ))は免疫力が低下しているので、適合性のある移植片は生き続けます。

もし、宿主の免疫力が強く、移植片の適合性がなければ、移植片は異物として攻撃され、死んでしまうので、

ある意味では問題ありません。

しかし、移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は移植を受けた患者さんを非自己とみて、排除しようとします。

こうして、宿主の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、

宿主の組織は主要組織適合抗原(こうげん)という目印がついているので、

抗体(こうたい)などでこれを攻撃するようになり、いろいろな症状がおこってきます。

これが移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれるものです。

[症状]

輸血や骨髄移植後しばらくすると、皮膚の表面全体に赤い斑点(はんてん)が現われ、高熱が出てきます。

その後、下痢(げり)や肝臓障害がおこり、あらゆる血球が減少するため、貧血によって衰弱するだけでなく、

感染症や出血がおこりやすくなります。

こうして約1か月後には、多くの臓器が傷害され、死にいたります。

[治療]

発病した患者さんの多くが死亡しますが、いまのところ有効な治療法はありません。

したがって、なによりも予防が重要です。

輸血する血液の
リンパ球を死滅させるか、取り除くのが一番です。

そのためのもっともよい方法として、血液に放射線を照射することが行なわれています。

血液に放射線を照射することは、危険です

また、フィルターでリンパ球を取り除く方法もあります。

骨髄移植では、自分の骨髄を取り出し病気の造血細胞だけ除いて体内にもどす、

他人の骨髄からGVHDをおこすリンパ球を除いて注入する、

成熟したリンパ球を含まないへその緒(お)の血液を注入するなどの方法が行なわれます。













『熱力学』へのリンク集



エントロピーとエネルギー

生命物理化学(熱力学と自由エネルギー) 未来への化学

熱力学の基礎(筑波大)

講義録(琉球大学理学部)

初等熱力学(北大)

☆………………☆…………………

熱力学 序論(北大)

熱力学的な量

熱力学第一法則

熱力学第一法則の理想気体への適用


熱力学第二法則 第二法則の表現

熱力学第二法則 カルノーサイクル

エントロピーの定義

エントロピーの定義(続)

気体のエントロピー

熱力学ポテンシャル

相平衡の熱力学

多成分系

多成分系(続)

☆………………☆…………………

熱力学の法則(名古屋大)

統計物理学I 講義ノート (名古屋大 上羽牧夫)

高校化学の実験実習書(広島大)

物理化学II(大阪大)

生物物理学

物理化学I (熱力学基礎) のサブノート

エントロピー論による「生産」という言葉の考察と永続可能社会の展望

☆……………………☆………………☆…………………

熱力学の基礎(東大 丸山茂夫)

熱力学の基礎(関西学院大 西谷滋人)

統計力学の基礎(東大 清水 明)

☆……………………☆………………☆…………………

温度とは(PDF)

熱力学的温度

偏微分&内部エネルギー


全微分_U&H&F&G





エントロピーとエネルギー

生命物理化学(熱力学と自由エネルギー) 未来への化学

熱力学の基礎(筑波大)

講義録(琉球大学理学部)

初等熱力学(北大)

☆………………☆…………………

熱力学 序論(北大)

熱力学的な量

熱力学第一法則

熱力学第一法則の理想気体への適用


熱力学第二法則 第二法則の表現

熱力学第二法則 カルノーサイクル

エントロピーの定義

エントロピーの定義(続)

気体のエントロピー

熱力学ポテンシャル

相平衡の熱力学

多成分系

多成分系(続)








解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2



銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、

バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。

エネルギー総量は、

不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの

変換効率は100%が可能です。



酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧



銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム




脂質(リンク_福岡大学 )

生命体と有機化合物

代謝マップ

核酸の化学

免疫

脂質の代謝


代謝概論


講義資料




放射線は身体にどういう影響を与えるか(崎山比早子 氏)

放射性セシウム汚染と子どもの被ばく 崎山比早子 氏


H23年度1年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで

H23年度2年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで


………………………………………………………


非環式炭化水素

主な基、官能基


光合成・呼吸

命名法

エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン

アニリン・ニトロ・系統分離

合成高分子①

合成高分子②


合成高分子③


アミノ酸とタンパク質

イオン名


セッケン


タンパク質①

タンパク質②

フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤

染料はなぜ発色するか

炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質

糖類・アミノ酸・タンパク質の識別

尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞

発色


非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)

卵&糖タンパク質




解説プリント(PDF)

金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積




金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、

バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。

エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの

変換効率は100%が可能です。



酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン

カルシウム・炭酸カルシウム




熱力学を理解するための微分・積分・自然対数



微分


微分の基礎事項 №1

微分の基礎事項 №2


微分について

微分公式

偏微分・全微分


eのx乗の微分


微分・未来を予測する式


微分を理解し温度を理解して下さい



温度とは

温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


内部Eとエンタルピー

自由エネルギー

熱力学的温度


安定な平衡・不安定な平衡(絶対温度とエネルギー)



積分

仕事(エネルギー)


気体のする仕事

運動エネルギー



指数・対数

指数・対数1

指数・対数2


aのx乗の微分の証明


底の交換公式の証明

自然対数

オイラー&ネイピア

不思議な数字





熱力学的考察

熱力学からみた水の状態変化


0℃での減圧

0℃でのさらなる減圧

熱力学から見た1atmでの状態変化

断熱過程での仕事




非膨張の仕事


非膨張の仕事の最大値1


非膨張の仕事の最大値2

非膨張の仕事の最大値3



示強変数としての化学ポテンシャル



うまくやればだいじょうぶ? 海水の中にあるから無尽蔵?



那珂核融合研究所(燃料ってどこからもってくるの?)

『海水中のマグネシウムからエネルギーを取り出すことによって、

エネルギー問題は解決する。』と言う研究者(?)がいる。


『マグネシウム 海水 エネルギー』で検索(グーグル)したら1番でヒットしました。

海水から、マグネシウムを取り出し、エネルギ-源とするのに、

どれほどのエネルギーが必要となるのかを考えれば、空論にすぎない。


(参考)


マグネシウムは,海水中に1350mg/l (他の元素に比べるとかなりの高濃度である)含まれており,

世界で200万トンが、海水から採取され(1975),

おもに耐火物であるマグネシアクリンカーの製造に使用されている。

マグネシウム金属は、電子を放出して(エネルギーを放出して)マグネシウムイオンになる。

エネルギーを放出した(エネルギーの入っていない)マグネシウム(マグネシウムイオン)を、

海水から取り出し、クリンカーを製造することは、物質の利用としては妥当であるが、

エネルギー源としての利用となると、それは空論である。

太陽エネルギー変換装置と同等、もしくはそれ以下である。

太陽光で得たエネルギー(レーザー光エネルギー)でマグネシウムを還元し、

利用するのだ言っていますが、吸収したエネルギー以上のエネルギーを放出することはできないのですよ。

なぜ、太陽光で得たエネルギーの変換効率(熱力学における熱効率ではありません)をできるだけ下げることがないように、

太陽光で得たエネルギーを直接利用することを考えないのでしょうか?

『だからこそ、マグネシウムを利用するのだ。』とおっしゃるでしょうが、根本的に間違っていますよ。

熱力学を習得すべきです。



電子のもつエネルギー

電子を放出することは、エネルギーを放出することです。

マグネシウム金属は、イオンになりやすい。

マグネシウムイオンは、イオンのままでいやすい。

マグネシウム金属は、エネルギーを放出し、マグネシウムイオンになる。

マグネシウムイオンは、エネルギーを吸収し、マグネシウム金属になる。

混同しないで下さい。


イオン化エネルギーの考察

エントロピー

自由エネルギー図

生命物理化学の式(まとめ)


生命物理化学の問題




内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係①

内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係②




自由E&内部E 問題


自由E&内部E 解答


放射性廃棄物

クラペイロンの式.


内部Eとエンタルピーの式

自由エネルギーの式


クラペイロンの式を導く




平衡関係の定式化

平衡・クラペイロンの例題


平衡関係の問題




非平衡の定常状態

地球の仕組み




温室効果とは


気体の圧力と絶対温度について




温度とは

温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


偏微分・全微分


熱力学的温度



エントロピー


エントロピー・エンタルピー



自由エネルギー図

エントロピー・自由エネルギー


エントロピーとは

ボルツマン定数・絶対温度





エントロピーの理解には、微分と積分の知識が必要です


微分について


微分公式


偏微分・全微分


積分で考察する仕事

積分で考察する気体の仕事


積分で考察する運動エネルギー





エントロピーの定義

熱力学的エントロピー&微視的エントロピー


熱力学的世界


物質のもつエネルギーの変化


ものの性質

示強変数としての化学ポテンシャル


安定な平衡・不安定な平衡 (絶対温度とエネルギー)



☆……………………
☆………………

物質量

モルについて

モルと組成式


モル&モル質量





気体

圧力と密度


ボイル&シャルル

ボイルシャルル


気体の状態方程式その1


気体の状態方程式その2


気体の状態方程式の問題


気体の状態方程式の解


ファンデルワールスの状態方程式

理想気体と実在気体


理想気体と実在気体




ヘリウム

標準状態において、ヘリウムは単原子ガスとして存在する。ヘリウムを固化するには非常に特殊な条件下に置かなければならない。

元素の中で沸点が最も低く、標準圧力下では温度を下げて絶対零度になっても不確定性原理のため液体のままであり、

固化するにはさらに高い圧力をかける必要がある。



水素

水素分子は、常温常圧では無色無臭の気体として存在する、分子式 H2 で表される単体である。

分子量2.016、融点 −259.2 ℃(常圧)、沸点 −252.6 ℃(常圧)、密度 0.0899g/l、比重 0.0695(空気を1として)、臨界圧力12.80気圧、水への溶解度0.021ml/ml水(0℃)。

最も軽い気体である。




気体問題

混合気体


混合気体の問題


混合気体解答


圧力&気体の考察






浮力を考慮した物質の質量

氷山の一角 圧力

実験資料_気体001

実験資料_気体002


実験資料_気体003

気体の実験室的製法




化学基礎

物質と原子・原子量


組成式の問題

組成式の問題の解

化学基礎問題


化学基礎 モル&モル質量


モルの問題


モルの解

反応前後問題

結合力と沸点

元素と原子

原子量と分子量


イオンと電子配置


イオン結合と組成式

共有結合と構造式


構造式 電子式

分子の形 極性 水素結合

配位結合と極限構造式

1電子&3電子結合


組成式と化学反応式


係数と化学反応式その1


係数と化学反応式その2

化学結合の種類と性質


物質の三態

水の状態図

臨界点・超臨界


☆……………………☆………………


反応速度&平衡

反応速度(係数付)

平衡移動の原理


カルノーサイクル



平衡_アレニウスプロット(グラフ問題)

内部エネルギー_エンタルピー&自由エネルギー

アレニウスプロット_ヘンリーの法則と平衡_可溶・不溶

アレニウスプロット(Q&A)

ヘンリーの法則と平衡(Q&A)

可溶不溶(Q&A)


内部エネルギー & エントロピーについて

理想気体の分子運度と圧力


内部エネルギー

生命物理化学


クラペイロンの式.


相律

1気圧での状態変化

氷晶と昇華


大学(理系)の試験問題って どんなの?…解けますよ!


蒸発平衡


エントロピー・エンタルピー

エントロピー

イオン化E・電子親和力・電気陰性度

イオン化エネルギーの考察

イオン化Eとイオンの安定度


電子のもつエネルギー


質量とエネルギー&波のエネルギー

問題 エネルギー


温度とは

ものの性質

エントロピー

エントロピー・エンタルピー

自由エネルギー図


エントロピー・自由エネルギー

物質のもつエネルギーの変化



エントロピーとは

熱力学的温度 安定な平衡と不安定な平衡





断熱過程での仕事

内部エネルギー&比熱



断熱可逆膨張


エンタルピー変化・エントロピー項・自由エネルギー & 熱効率

ヘンリーの法則

ヘンリーの法則と平衡

溶解の熱力学的考察



熱効率

エネルギー変換効率

物質のもつエネルギーの変化

ヒートポンプ幻想

ヒートポンプと遂行係数


エントロピーとエネルギー


水溶液のpH(PDF)


pH(PDF)

……………………………………………………

『環境問題を考える』へのリンク集

気体の状態方程式と分子運動

気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


気体の分子運動と電磁放射




環境問題についての高校の教科書の記述について科学する




高校生のための環境問題講座

環境問題総論


エネルギー技術


地球温暖化


オゾンホール






エネルギー供給技術の有効性の検討(2012/10/22)

高校教科書と環境問題(2012/10/30)

石油代替エネルギー供給技術の有効性の検討

学問を見失い、 迷走する環境論議



気体の内部エネルギーと理想気体の自由度

自然の仕組み ―生命が地球に存在できる理由―


生きている地球


人為的CO2地球温暖化脅威仮説の虚構




環境問題などについての備忘録(近藤 邦明 氏)

………………………………………………………

熱効率・エントロピーとエネルギー


使えなくなったもの(エントロピーの増大したゴミ・バラバラになったもの)を元に戻すには、

バラバラにして得たエネルギー以上のエネルギーが必要となります。

リサイクルは、エネルギーの浪費になるのです。T・ΔS(エントロピー項)は、エネルギーです。

温度は示強性。

エネルギーは示量性、お金も示量性。エネルギーとお金は、とても似ています。

同じ1万円でも、1万円札1枚と1円玉1万枚は、違うのです。

この違いを理解することで、エネルギーの質とエントロピーを理解することができす。

地球は、太陽から1万円札でエネルギーをもらいます。

夜になると、バラバラと1円玉1万個で、エネルギーを宇宙へ放出します。

同じ量のエネルギーでも、エネルギーの質が違うのです。




エントロピー

熱力学第二法則とその応用



講義ノート・講義参考資料(冨田博之)

『熱力学』講義ノート 冨田博之

統計力学 講義ノート (2013 年夏学期)

『統計物理学』京都大学全学共通科目 講義ノート


熱力学の基礎 - 東京大学

化学熱力学入門

熱力学第 2法則、エントロピー


初等熱力学(北大)

東京理科大 理学部 watanabe


講義ノート 小西克享



準平衡状態の熱力学 慶應義塾大学 hattori/ishioka


2012年度 全学教育 化学B 東北大 上田潔


熱工学(熱力学と伝熱工学)の歴史と現状(東大 丸山)


熱力学ポテンシャル(名古屋大)

重力と熱力学 kyoto/miyoshi





TOP ↑

アクセスカウンター












日本は、明治時代からイギリスの植民地【ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 2010/8/27】


日本は、明治時代からイギリスの植民地(00:48:00)

本間さんは、殺された (00:20:50)

竹中平蔵 (00:39:09)

秘密戦争に巻き込まれてしまった (00:43:28)

だれも知らない経済のからくり(00:44:30)

世界を支配するマフィアの仕事 (00:45:13)

1913年以降、お金を分配するのは、議会ではなく民間会社 (00:46:00)

日本は、明治時代からイギリスの植民地 (00:48:00)

JAL123便は、アメリカが撃墜した (00:51:38)

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品には有害色素)を入れさせた (00:53:01)

日本を差し上げます(01:03:40)

エネルギーが、ただ同然になる (01:15:30)

すでに癌は治せる(01:11:30)

HIV・サーズ・鳥インフルエンザ・全部、人工的に作っている (01:12:25)

田中角栄・橋本龍太郎・竹下登・大平正芳・小渕恵三は、闇の勢力に殺されたか失脚させられた(01:22:45)

世界のお金を、得体のしれない、密室人間に譲ってはいけない(01:27:50)

アングロサクソンプロジェクト (01:45:50)

イルミナティについて (01:53:00)





転移は、癌が治る前兆なのです。

癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、発癌してもリンパ球を充分増やし、癌に猛攻撃を仕掛けられる体調をつくれば、癌細胞は増殖できません。
 
そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、他の臓器で生き延びようとします。
 
つまり、リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
 
転移した癌は既に疲弊しているので、リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。
 
転移は癌が治る前兆なのです (P18)。

多くの癌患者は、低体温で血液中に含まれている酸素が少ないという共通点があります。
 
しかも、血糖値も高めの人が多いのです。
 
癌患者に揃っているこの共通の条件、低体温、低酸素、高血糖がポイントです。
 
ストレスによって、
低体温、低酸素、高血糖の状態が、癌を生み出すのではないかと考えられます。

低体温、低酸素、高血糖の状態を解消し、
体内でミトコンドリアが活動しやすい環境を整えれば、癌細胞は自然に退縮します。

 
癌を治すには、NK細胞を増やす事です。
 
NK細胞を増強する方法は三つあります。

 ●
笑う事

 ●
食事を改める事

 ●
体を温める事


「癌は、免疫力が低下した時に表面化してくる症状なので、発癌してもリンパ球を充分増やし、癌に猛攻撃を仕掛けられる体調をつくれば、癌細胞は増殖できません。

 
そこで、癌細胞はリンパ球に負けそうになると散り散りになり、他の臓器で生き延びようとします。
 
つまり、
リンパ球に負けた癌細胞が転移の正体なのです。
 
転移した癌は既に疲弊しているので、リンパ球の追撃を受けるとあっけなく自然消滅します。

 
転移は、癌が治る前兆なのです。
















故 安保徹 先生 (PDF)



「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)

抗がん剤治療であれば、治療をやめるとリンパ球が上昇しますが、

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。

つまり、がんと闘う力を最も削いでしまう治療法なのです。(P7)





船瀬俊介氏_医療マフィア『真実の暴露』(PDF)


そもそも、ガンの定義というのはないというのだ。(P6)

組織に他とちょっと違う「ような」部分があると、

ガンといってみたり腫瘍といってみたり嚢胞といってみたりしているだけだというのである。(P6)

「早期治療が・・・」などと言い出したら二度とその病院には近づかないことをお勧めする。

放射線治療、抗ガン剤治療を始めるだろうがそんなことを始めたら、まず間違いなく棺桶入りだろう。





ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、

癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、

その情報を故意に報道規制したため、


この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対しして無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されて 、

いる事実があり、4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。





医療過誤 船瀬俊介(PDF)


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。(P3)

マスタードガスです。(P3)

イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!

本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。


逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。

改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。








【慧眼 けいがん】 物事の本質や裏面を見抜く鋭い眼力・洞察力。





【故 太田 龍氏は言う】………何という慧眼だろう!


太田 龍氏は言う。

「日本民族は、パリサイ・ユダヤが、キリスト教徒 欧米列強を あやつって、

日本人に戦争(精神的、宗教的、政治的、軍事的)を 仕かけて居ることを、今の今まで、全く気付いて居ない。(
00:26:17)

我々は、パリサイ・ユダヤを 敵としたつもりはないが、彼らは、全世界を、全人類を敵として征服し、奴隷とするつもりで居る。(00:26:33)

そのためには、まず、
各民族の宗教(精神的伝統のすべて)を 破壊しなければならない。

我々は、彼らのこの意図を、はっきりと認識して居ない。

それ故、当然のこととして、彼らが繰り出してくる、千変万化する手段、

戦術 (その一つが、
人間主義=ヒューマニズムであり、人権至上主義であるが) を見分けることが出来な い。

我々は彼らの戦争目的を知らない。

何という慧眼だろう!(00:26:43)

創価学会問題の本質を見事に捉えている!

パリサイ・ユダヤ」 と いう言葉に馴染みの薄い方もおられるかもしれないが、

これは「
悪魔教信徒」と言い換え ても差し支え無い。 (00:27:12)

太田龍氏は、

また 「人間至上主義』は、


パリサイ・ユダヤのゴイム (=ブタ=異民族) 社会秩序解体のための 核ミサイル兵器のようなもの」 と述べている。 (00:27:23)

どういうことか?

悪魔教では「人間」に対する語としての「神(或いは仏) 」という
人間よりも 崇高な者の存在を否定する。(00:27:36)

「民主主義」や「人権」という言葉にも 同様の意味が込められている。 (00:27:42)

創価学会にとっての崇高な存在は、宗祖日蓮大聖人であり、

宗祖の顕した三大秘法の大御本尊と、僧宝と呼ばれる歴代御法主上人である。(00:27:46)

ところが彼らは
「人間主義の行動を讃え」等と言っている。

これは創価学会が、世界支配者層にそそのかされて何の深い考えも無く

「仏への信仰」を捨て
「創価学会は 悪魔教を崇拝する」 という宣言を行ったのに等しい。(00:27:56)

悪魔教はその猛毒入り血脈を創価学会に注入するため、まずは
日蓮大聖人の血脈を受け継ぐ僧宝の否定と破壊を命じる。 (00:28:16)

御法主上人始め、僧侶のスキャンダルを捏造し、大々的に聖教新聞などの機関誌で報じ始める。(00:28:26)


その一例が創価学会による、いわゆる「シアトル事件

:昭和38 年アメリカのシア トルで日顕上人(当時・教学部長)が売春婦と金銭トラブルを起こした等というもの。

創価学会は証人として、売春婦とトラブルを起こした現場に駆けつけた当時の警官なる人物をアメリカでの裁判に担ぎ出したが、

創価学会が主張する事件の当日には その警官は職務を離れていたことなど、矛盾が噴出。

アメリカでの裁判は創価学会側の敗訴と、当事者ヒロエ・クロウの突然死で幕引き。

日本では創価学会が事実上の敗訴での和解で幕を閉じる。(00:28:34)

悪魔教の指導の下に日蓮正宗壊滅を謀った創価学会だったが、その欺瞞が白日の下にさらされ、その目的は頓挫した。

やはりにわか仕込みの悪魔教では 日蓮正宗には太刀打ちでき なかったようだ。 (00:29:15)

創価学会員が悪魔教イルミナティ・フリーメーソンの謀略に気付き1958年 昭和33年 以来続く、

世界支配者層の束縛から解放されるとき、日本民族は 降りかかる大きな災いの 一つを 乗り越える。(00:37:35)


組織立った抵抗勢力は消え去り、

日本人全てが世界支配者層の従順な家畜となるのは時間の問題となるだろう。(00:01:30)


池田氏はローマクラブの正体を知ってか知らずか、

ローマクラブの環境問題解決への提言の陰に隠れた
「生物化学兵器のエイズ、

エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ等の人工ウィルス、

ペット用断種剤入り子宮頸癌ワクチンばらまきによる手段を選ばぬ人口削減政策」に全面協力している。
(00:01:48)

国際ジャーナリスト中丸薫氏は ローマクラブ会長のアウレリオ・ペッチェイにも会った。

ローマクラブはとんでもないクラブだと分かったと言っているのはその事だ。
(00:02:01)

創価学会は1958年(昭和33年)4月2日、第二代会長戸田城聖氏の逝去以来、

本来の日蓮正宗信徒団体としてのアイデンティティーを失っている。(00:02:10)

創価学会員はイルミナティ・フリーメーソンのマインドコントロール下にあり、彼等の奴隷として働かせられている。(00:02:20)

世界支配者層にとっては大変喜ばしいことである。(00:02:30)

日本の戦国時代はイエズス会悪魔教宗団が日本征服のために創り出したものであり、 「 (分割し、

対立させて統治せよ)」の原理に則ったもの。
(00:08:12)

日本国の要人を次々と暗殺して行く手法は、 世紀日本に上陸した悪魔教宗団イエズス会に遡る。(00:18:31)

「毒殺」と言えば、戦国時代、悪魔教宗団イエズス会の暗躍を思い出す。(00:18:39)

織田信長は二度にわたる信長包囲網を、武田信玄と上杉謙信が相次いで突然死することで突破。

京上洛を果たす。(00:18:45)

信長が逆立ちしても叶わなかった、戦国時代最強の武将、武田信玄と上杉謙信。 (00:18:55)

信長はこの二人を非常に怖れていた。 (00:19:01)

相次ぐ両雄の死は、信長にとって非常に都合が良く、偶然にしては余りにも出来過ぎている。(00:19:05)

信玄も謙信も、仏教僧侶として高位の僧階を持ち、仏教を根本とした国作りに意欲を持っていた。(00:19:13)

この二人の突然死は悪魔教イエズス会のもたらした猛毒 ヒ素による暗殺と言われている。(00:19:19)

豊臣秀吉の不審死も同じくヒ素による毒殺が疑われている。(00:19:26)

日本の戦国時代はイエズス会悪魔教宗団が日本征服のために創り出したものであり、

「 (分割し、対立させて統治せよ)」の原理に則ったもの。(00:19:32)

信長は彼らに利用され、彼らの意に沿わぬと判断された時、本能寺の変で処分された。(00:19:44)

NHK 2014年 大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公黒田官兵衛は本能寺の変の2年後、

高山右近の導きでキリシタン大名となっている。(00:19:50)

秀吉、家康は彼をイエズス会の工作員として警戒した。 (00:19:59)

戦国時代、悪魔教集団が高額な価格で売りつける火薬の支払に窮した戦国大名達は、

やがて見目形良き若い日本人女性50人を火薬一樽と交換するようになる。
(00:20:05)

手枷足枷、鎖に繋がれ素っ裸で、トイレも明かりもベッドも無い、奴隷船の狭い船倉に押し込まれ、

海外へ売り飛ばされて行った乙女達。 (00:20:18)

その
総数50万人 諸大名に火薬を売りつけて 日本に戦国時代という大混乱をもたらし。(00:20:27)

大名達の黄金が底を突くと、次には若く美しい日本人女性を商品として売り捌く奴隷ビジネスでボロ儲けという抜け目無さ。 (00:20:36)

彼らは正しく「悪魔」の名に値する。(00:20:43)

かくなる上は、
創価学会を利用できるだけ利用して NWO実現を急ぎ、

その暁、合法的に 日蓮正宗を抹殺しよう
という考えなのだろう。(00:25:41)

50 年以上 イルミナティ・フリーメーソンの下僕として仕えてきた池田大作だったが

これ以上こいつは必要無し」とイルミナティが判断し、処分されたようだ。(00:25:53)

悪魔教が「人間主義に仕掛けた巧妙な罠を見抜けなかった創価学会

創価学会の機関誌「聖教新聞」には毎日のよう
に「人間主義」 「人権」 「人間中心」といった言葉が踊る。(00:25:58)

この言葉の本当の意味を創価学会員は理解しているのだろうか?

太田 龍氏は言う。

「日本民族は、パリサイ・ユダヤが、キリスト教徒欧米列強をあやつって、

日本人に戦争(精神的、宗教的、政治的、軍事的)を仕かけて居ることを、今の今まで、全く気付いて居ない。
(00:26:17)

我々は、パリサイ・ユダヤを敵としたつもりはないが、彼らは、全世界を、全人類を敵として征服し、奴隷とするつもりで居る。(00:26:33)

そのためには、まず、各民族の宗教を(精神的伝統のすべて)を破壊しなければならない。

我々は、彼らのこの意図を、はっきりと認識して居ない。

それ故、当然のこととして、彼らが繰り出してくる、千変万化する手段、戦術 (その一つが、

人間主義=ヒューマニズムであり、人権至上主義であるが) を見分けることが出来な い。

我々は彼らの戦争目的を知らない。

何という慧眼だろう!
(00:26:43)

創価学会問題の本質を見事に捉えている!

パリサイ・ユダヤ」と いう言葉に馴染みの薄い方もおられるかもしれないが、

これは「
悪魔教信徒」と言い換え ても差し支え無い。 (00:27:12)

太田龍氏は、また「人間至上主義』は、

パリサイ・ユダヤのゴイム(=ブタ=異民族)社会秩序解体のための核ミサイル兵器のようなもの」と述べている。
(00:27:23)

どういうことか?悪魔教では「人間」に対する語としての「神(或いは仏) 」という人間よりも 崇高な者の存在を否定する。(00:27:36)

民主主義」や「人権」という言葉にも 同様の意味が込められている。 (00:27:42)

創価学会にとっての崇高な存在は、宗祖日蓮大聖人であり、

宗祖の顕した三大秘法の大御本尊と、僧宝と呼ばれる歴代御法主上人である。
(00:27:46)

ところが彼らは「
人間主義の行動を讃え」等と言っている。

これは創価学会が、世界支配者層にそそのかされて何の深い考えも無く

「仏への信仰」を捨て「
創価学会は悪魔教を崇拝する」という宣言を行ったのに等しい。(00:27:56)

悪魔教はその猛毒入り血脈を創価学会に注入するため、

まずは
日蓮大聖人の血脈を受け継ぐ僧宝の否定と破壊を命じる。 (00:28:16)

御法主上人始め、僧侶のスキャンダルを捏造し、大々的に聖教新聞などの機関誌で報じ始める。(00:28:26)

その一例が創価学会による、いわゆる「シアトル事件

:昭和38 年アメリカのシア トルで日顕上人(当時・教学部長)が売春婦と金銭トラブルを起こした等というもの。

創価学会は証人として、売春婦とトラブルを起こした現場に駆けつけた当時の警官なる人物をアメリカでの裁判に担ぎ出したが、

創価学会が主張する事件の当日には その警官は職務を離れていたことなど、矛盾が噴出。

アメリカでの裁判は創価学会側の敗訴と、当事者ヒロエ・クロウの突然死で幕引き。

日本では創価学会が事実上の敗訴での和解で幕を閉じる。(00:28:34)

悪魔教の指導の下に日蓮正宗壊滅を謀った創価学会だったが、その欺瞞が白日の下にさらされ、その目的は頓挫した。

やはりにわか仕込みの悪魔教では 日蓮正宗には太刀打ちでき なかったようだ。
(00:29:15)

創価学会員が悪魔教イルミナティ・フリーメーソンの謀略に気付き1958年 昭和33 年 、 以来続く、

世界支配者層の束縛から解放されるとき、日本民族は 降りかかる大きな災いの 一つを 乗り越える。(00:37:35)





イルミナティ・フリーメーソンと創価学会




イルミナティ・フリーメーソンと創価学会(PDF)





イルミナティ・フリーメーソンと創価学会





イルミナティ・フリーメーソンと創価学会














ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、

癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、

その情報を故意に報道規制したため、


この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対して無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されている事実があり、

4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。







フッターイメージ

inserted by FC2 system