応用編



































































































































































ページ内検索

検索バーを使用して、閲覧中のページで特定の語句を検索できます。

キーボード ショートカットの Ctrl+F キー(Windows、Linux、Chrome OS)または ⌘-F キー(Mac)を押して、

ページの検索バーを開き、バーに語句(キーワード)を入力し、検索します。



リンクを新しいタブで開く(複数のタブを開く)

Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします。


画像ファイル(jpegファイル)を見るとき、マウスホイールをうまく使って見やすくしてください。

Ctrl+上回転で Zoomin あるいは Ctrl+下回転で Zoomoutになります。


End keyを押すと最後尾に飛びます。そこで、ページを選択できます。


………………………………………………………

インターネットに、勝手に広告が出てきて困っているひとに、下記のソフトをお勧めします。

無料版をインストールして下さい。

Malwarebytes Anti-Malware

………………………………………………………

無料セキュリティソフト KINGSOFT Internet Security

………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

………………………………………………………


項目選択肢
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

項目一覧
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

リンク 環境問題を考える
……………………
…………………………………

20世紀地球温暖化の実像 ~再考・地球温暖化論~
………………………………………………………
検索 グーグル






熱力学の法則と熱機関




生命物理化学
生命物理化学を理解するために



気体の内部エネルギーと理想気体の自由度



内部エネルギー & エントロピー


ヘンリーの法則と平衡


カルノーサイクル


非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関




熱力学の法則と熱機関

エントロピー

熱力学第二法則とその応用

磁性

熱効率とエントロピー

ヒートポンプ(逆サイクル)と遂行係数

エネルギー変換効率

温度の低い排熱は、質の悪いエネルギーです。

希薄なエタノールも、質の悪いエネルギーなのです。

トウモロコシからエタノールを作りました。

車を走らすために、水分の混じったエタノールから水を取り除くのには、トウモロコシ代と同じくらいのお金が必要でした。

山に100本の大きな木がありました。

100本の木から1本分の有益なエネルギー(電気E)を得ることができ(変換効率1%)、すぐに利用しました。

禿げ山に苗木を100本植えました。大きく育つまでには、何十年もの月日と労力(仕事・エネルギー)が必要でした。 

(エネルギーの質を学習して下さい。)



………………………………………………………


熱力学 序論(北大)


熱力学的な量


熱力学第一法則


熱力学第一法則の理想気体への適用


熱力学第二法則 第二法則の表現


熱力学第二法則 カルノーサイクル


エントロピーの定義


エントロピーの定義(続)


気体のエントロピー


熱力学ポテンシャル


相平衡の熱力学


多成分系


多成分系(続)

金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離


溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ

水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ




工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池

水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。



熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。

エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの変換効率は100%が可能です。


酸化還元電位



メッキ



電解問題



メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム




熱効率とエントロピー


エネルギー変換効率


ヒートポンプ(逆サイクル)と遂行係数


内部エネルギー_エンタルピー&自由エネルギー


アレニウスプロット_ヘンリーの法則と平衡_可溶・不溶

アレニウスプロット(Q&A)

ヘンリーの法則と平衡(Q&A)

可溶不溶(Q&A)


アレニウスプロット_電子部品の寿命予測


内部エネルギー & エントロピーについて

     

理想気体の分子運度と圧力


内部エネルギー

生命物理化学


自由度


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


………………………


熱力学的温度


熱力学的温度 安定な平衡と不安定な平衡


海水の中にあるから無尽蔵


断熱過程での仕事

内部エネルギー&比熱


断熱可逆膨張


エンタルピー変化・エントロピー項・自由エネルギー & 熱効率


ヘンリーの法則


ヘンリーの法則と平衡


溶解の熱力学的考察

熱効率


エネルギー変換効率


物質のもつエネルギーの変化


物質の三態_水の状態図(三重点)

臨界点・超臨界領域


氷晶_昇華問題


超臨界&爆縮


超臨界流体


原始地球の化学進化に学ぶ:超臨界水反応の研究から(中原 勝)


熱力学からみた水の状態変化&G_



熱力学からみた水の状態変化
0℃での減圧
0℃でのさらなる減圧
熱力学から見た1atmでの状態変化

熱力学からみた水の状態変化(PDF)


温度とは

温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。

熱力学的温度
安定な平衡・不安定な平衡 (絶対温度とエネルギー)


偏微分.


ヘンリーの法則と化学平衡(PDF)


波動・波の性質

音波

光波


孔雀



色(PDF)
派手なチョウや玉虫の羽の色は色素の色ではないのです。(リンク)
孔雀の羽の色も色素の色ですか?(リンク)



波動(リンク わかりやすい高校物理の部屋)
  2-1-1-1 波動
  2-1-1-2 正弦波
  2-1-1-3 横波と縦波
  2-1-2-1 波の重ね合わせの原理
  2-1-2-2 波の干渉
  2-1-2-3 定常波
  2-1-2-4 固定端・自由端

  2-1-3-1 ホイヘンスの原理
  2-1-3-2 反射の法則
  2-1-3-3 屈折の法則

  2-1-3-4 波の回折


高校生のための物理ノート ~波動学編~


高等学校理科 物理 波


振動・波動:基礎編 (立命館大学 俵口忠功)


波動論


波と振動の物理学


………………………………………………………


熱力学の法則と熱機関


エントロピー

熱力学第二法則とその応用


磁性


熱効率とエントロピー


ヒートポンプ(逆サイクル)と遂行係数


エネルギー変換効率


温度の低い排熱は、質の悪いエネルギーです。

希薄なエタノールも、質の悪いエネルギーなのです。

トウモロコシからエタノールを作りました。

車を走らすために、水分の混じったエタノールから水を取り除くのには、トウモロコシ代と同じくらいのお金が必要でした。

山に100本の大きな木がありました。

100本の木から1本分の有益なエネルギー(電気E)を得ることができ(変換効率1%)、すぐに利用しました。

禿げ山に苗木を100本植えました。大きく育つまでには、何十年もの月日と労力(仕事・エネルギー)が必要でした。

 (エネルギーの質を学習して下さい。)





解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2



銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの変換効率は100%が可能です。



酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム




脂質(リンク_福岡大学 )


生命体と有機化合物

代謝マップ

核酸の化学

免疫

脂質の代謝


代謝概論


講義資料




放射線は身体にどういう影響を与えるか(崎山比早子 氏)

放射性セシウム汚染と子どもの被ばく 崎山比早子 氏


H23年度1年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで

H23年度2年生感想文『放射性セシウム汚染と子どもの被ばく』を読んで


………………………………………………………


非環式炭化水素

主な基、官能基


光合成・呼吸

命名法

エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン

アニリン・ニトロ・系統分離

合成高分子①

合成高分子②


合成高分子③


アミノ酸とタンパク質

イオン名


セッケン


タンパク質①

タンパク質②

フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤

染料はなぜ発色するか

炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質

糖類・アミノ酸・タンパク質の識別

尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞

発色


非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)

卵&糖タンパク質



解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離

溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積



金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ


水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ






工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


水の電解で水素を取り出し、燃料電池で水素を用い、得られる電気Eで車を走らせる。

電解に必要な電気Eは、自動車エンジン駆動サイクルの中で取りし、バッテリーに貯めておく。

ガソリン消費のきわめて少ない燃料電池自動車です。




熱力学の法則

エネルギーは消えてなくなったりしません。エネルギー総量は、不生不滅で姿・形が変わるだけです。

変換損失がなければ、電気E→力学的E、力学的E→電気Eの変換効率は100%が可能です。

酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン

カルシウム・炭酸カルシウム





熱力学を理解するための微分・積分・自然対数



微分


微分の基礎事項 №1

微分の基礎事項 №2

微分について

微分公式

偏微分・全微分

eのx乗の微分

微分・未来を予測する式


微分を理解し温度を理解して下さい

温度とは

温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


内部Eとエンタルピー

自由エネルギー

熱力学的温度


安定な平衡・不安定な平衡(絶対温度とエネルギー)


積分

仕事(エネルギー)


気体のする仕事

運動エネルギー

指数・対数

指数・対数1

指数・対数2


aのx乗の微分の証明


底の交換公式の証明

自然対数

オイラー&ネイピア

不思議な数字



熱力学的考察


熱力学からみた水の状態変化


0℃での減圧

0℃でのさらなる減圧

熱力学から見た1atmでの状態変化

断熱過程での仕事

非膨張の仕事


非膨張の仕事の最大値1


非膨張の仕事の最大値2

非膨張の仕事の最大値3


示強変数としての化学ポテンシャル


うまくやればだいじょうぶ? 海水の中にあるから無尽蔵?


那珂核融合研究所(燃料ってどこからもってくるの?)

『海水中のマグネシウムからエネルギーを取り出すことによって、エネルギー問題は解決する。』と言う研究者(?)がいる。

『マグネシウム 海水 エネルギー』で検索(グーグル)したら1番でヒットしました。

海水から、マグネシウムを取り出し、エネルギ-源とするのに、どれほどのエネルギーが必要となるのかを考えれば、空論にすぎない。


(参考)


マグネシウムは,海水中に1350mg/l (他の元素に比べるとかなりの高濃度である)含まれており,世界で200万トンが、海水から採取され(1975),

おもに耐火物であるマグネシアクリンカーの製造に使用されている。

マグネシウム金属は、電子を放出して(エネルギーを放出して)マグネシウムイオンになる。

エネルギーを放出した(エネルギーの入っていない)マグネシウム(マグネシウムイオン)を、

海水から取り出し、クリンカーを製造することは、物質の利用としては妥当であるが、エネルギー源としての利用となると、それは空論である。

太陽エネルギー変換装置と同等、もしくはそれ以下である。

太陽光で得たエネルギー(レーザー光エネルギー)でマグネシウムを還元し、

利用するのだ言っていますが、吸収したエネルギー以上のエネルギーを放出することはできないのですよ。

なぜ、太陽光で得たエネルギーの変換効率(熱力学における熱効率ではありません)をできるだけ下げることがないように、

太陽光で得たエネルギーを直接利用することを考えないのでしょうか?

『だからこそ、マグネシウムを利用するのだ。』とおっしゃるでしょうが、根本的に間違っていますよ。熱力学を習得すべきです。



電子のもつエネルギー

電子を放出することは、エネルギーを放出することです。

マグネシウム金属は、イオンになりやすい。

マグネシウムイオンは、イオンのままでいやすい。

マグネシウム金属は、エネルギーを放出し、マグネシウムイオンになる。

マグネシウムイオンは、エネルギーを吸収し、マグネシウム金属になる。

混同しないで下さい。


イオン化エネルギーの考察

エントロピー

自由エネルギー図

生命物理化学の式(まとめ)


生命物理化学の問題


内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係①

内部Eと仕事&エントロピーと体積の関係②


自由E&内部E 問題


自由E&内部E 解答

放射性廃棄物

クラペイロンの式.

内部Eとエンタルピーの式

自由エネルギーの式


クラペイロンの式を導く


平衡関係の定式化

平衡・クラペイロンの例題


平衡関係の問題


非平衡の定常状態

地球の仕組み


温室効果とは

気体の圧力と絶対温度について



温度とは


温度は示強性、温度とはエネルギーをエントロピーで微分したものです。


偏微分・全微分


熱力学的温度

エントロピー


エントロピー・エンタルピー


自由エネルギー図

エントロピー・自由エネルギー

エントロピーとは

ボルツマン定数・絶対温度



エントロピーの理解には、微分と積分の知識が必要です


微分について


微分公式


偏微分・全微分


積分で考察する仕事

積分で考察する気体の仕事


積分で考察する運動エネルギー

エントロピーの定義

熱力学的エントロピー&微視的エントロピー


熱力学的世界


物質のもつエネルギーの変化

ものの性質

示強変数としての化学ポテンシャル


安定な平衡・不安定な平衡 (絶対温度とエネルギー)


☆……………………
☆………………


物質量

モルについて

モルと組成式


モル&モル質量

☆……………………☆………………


気体

圧力と密度


ボイル&シャルル

ボイルシャルル


気体の状態方程式その1


気体の状態方程式その2


気体の状態方程式の問題


気体の状態方程式の解


ファンデルワールスの状態方程式

理想気体と実在気体


理想気体と実在気体



ヘリウム

標準状態において、ヘリウムは単原子ガスとして存在する。ヘリウムを固化するには非常に特殊な条件下に置かなければならない。

元素の中で沸点が最も低く、標準圧力下では温度を下げて絶対零度になっても不確定性原理のため液体のままであり、固化するにはさらに高い圧力をかける必要がある。



水素

水素分子は、常温常圧では無色無臭の気体として存在する、分子式 H2 で表される単体である。

分子量2.016、融点 −259.2 ℃(常圧)、沸点 −252.6 ℃(常圧)、密度 0.0899g/l、比重 0.0695(空気を1として)、臨界圧力12.80気圧、水への溶解度0.021ml/ml水(0℃)。最も軽い気体である。




気体問題

混合気体


混合気体の問題


混合気体解答


圧力&気体の考察


……………………
………………………



浮力を考慮した物質の質量

氷山の一角 圧力

実験資料_気体001

実験資料_気体002


実験資料_気体003

気体の実験室的製法



……………………
…………










TOP ↑

アクセスカウンター








         

  

フッターイメージ

inserted by FC2 system