毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は、殺害されている。





ページ内検索

検索バーを使用して、閲覧中のページで特定の語句を検索できます。

キーボード ショートカットの Ctrl+F キー(Windows、Linux、Chrome OS)または ⌘-F キー(Mac)を押して、

ページの検索バーを開き、バーに語句(キーワード)を入力し、検索します。



リンクを新しいタブで開く(複数のタブを開く)

Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします。


画像ファイル(jpegファイル)を見るとき、マウスホイールをうまく使って見やすくしてください。

Ctrl+上回転で Zoomin あるいは Ctrl+下回転で Zoomoutになります。


End keyを押すと最後尾に飛びます。そこで、ページを選択できます。


………………………………………………………

インターネットに、勝手に広告が出てきて困っているひとに、下記のソフトをお勧めします。

無料版をインストールして下さい。


Malwarebytes Anti-Malware

………………………………………………………

無料セキュリティソフト KINGSOFT Internet Security

………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

………………………………………………………


項目選択肢
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

項目一覧
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

リンク 環境問題を考える
……………………
…………………………………

20世紀地球温暖化の実像 ~再考・地球温暖化論~
………………………………………………………
検索 グーグル


毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されている。 船瀬俊介氏


80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)


ガンマフィア
(00:26:01)

国家が主要メンバー(00:26:09)

マスメディア(00:27:09)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:30:09)

医者への接待費40~50万(00:31:06)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:31)

15兆円の利権(00:35:50)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:24)

毒殺 (00:36:57)

放射線(00:39:04)

DNA破壊(00:40:08)

手術 (00:40:45)

悪魔の利権 (00:41:10)

癌を増殖させる作用(00:42:10)

80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:17:36)

活性増殖細胞 (01:18:40)

NK細胞は、精神に反応する (01:19:02)

早期発見・早期殺害(01:20:18)






医療は 完全に悪魔と死神に 牛耳られている。船瀬俊介氏







輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード


昭和天皇は、輸血で死んだ (00:00:14)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:00)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:00)

だから
十万人死んでいるのではないか と言われている。 (00:02:32)

『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:03:51)

輸血は盲点だった、というより
医者が99.9%知らないのではないか? (00:04:32)

医学教育の問題だから。 (00:04:39)



移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

血液の人に対する病気

【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

Graft(移植片:血液) - Versus(対) - Host(宿主:人間) Disease(病)





ガンマフィア・国家が主要メンバー_ 船瀬俊介氏


ガンマフィア(00:25:50)

国家が主要メンバー(00:26:00)

マスメディア(00:26:56)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:29:40)

医者への接待費40~50万(00:30:35)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:01)

15兆円の利権(00:35:30)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:01)

毒殺 (00:37:03)

放射線(00:38:38)

DNA破壊(00:38:59)

手術 (00:40:20)

悪魔の利権 (00:40:45)

癌を増殖させる作用(00:41:50)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:16:35)

活性増殖細胞 (01:17:28)

NK細胞は、精神に反応する (01:18:19)

早期発見・早期殺害(01:19:11)





船瀬俊介氏_医療マフィア『真実の暴露』(PDF)


癌は身体の必要に応じて発生したもので、身体には必要なものです。(P3)

船瀬俊介氏_医療マフィア『真実の暴露』

医療マフィア(00:08:30)

エイズは、アメリカ軍の生物兵器(00:00:27)

ジャンボは、撃墜された(00:00:35)

アポロ計画 スタジオで写された(00:00:55)

911テロ(00:01:02)

売国奴達(00:02:07)

真実を知ること(00:03:48)

電磁波 (00:04:01)

コンクリート住宅は、9年早死にする (00:05:57)

ガン検診受けてはいけない(00:06:34)

ガン検診は、ハンティング(00:08:10)

医療マフィア(00:08:30)

胃癌検診(00:08:49)

X線被爆(00:09:45)

早期発見・早期殺害(00:11:09)

メタボの暴走(00:11:20)

コレステロール低下剤(00:12:19)

人間ドックは、最悪(00:13:59)

動物性タンパクが発癌物質(00:15:00)

マスコミは言えない(00:16:48)

シックハウス(00:17:37)

化学物質汚染が危険な場所は、新築の家(00:18:01)

医療・建築・農業 めちゃくちゃ(00:18:40)

マインドコントロールで気がつかないようにされている (00:18:51)


船瀬俊介氏 _ 医療マフィア 『真実の暴露』


船瀬俊介 ガン検診受けてはいけない

医師たちは自ら検診を受けるのか?

抗ガン剤 271人中、270人拒否

医師たちは、自らはメタボ診断やがん検診、人間ドッグを、はたして受けるのだろうか?

あなたは気になるはずだ。

かれらは、その”有害”無益をハッキリ知っている。

だから
自分や家族に絶対受けさせない。

医者の本音だ。

あなたは「初めて聞いた」とびっくりするはずだ。

がん治療1つとっても、
患者はこれほど無知な状態に置かれている。

そうして、
何も知らされてない99%のがん患者たちは、抗ガン剤注射を受けるために、長い長い行列を作るのである。

そのガン縮小効果は、わずか10人に1人ほど。

そして”選ばれた”一割も「ガンが縮んだ」と喜ぶのも束の間。

「縮小したガンは、すべて5~8ヶ月後には元のサイズに再増殖でリバウンド」

再増殖は、もはや誰にも止められない。

こうして
抗ガン剤複数投与グループは、単数投与に比べて7~10倍早く死ぬ。

なるほど、これでは医者は自分や身内に抗ガン剤を打たせるわけがない

ガン検診、受けた人ほどガンになり早死にする(チェコ・アメリカ、2大リポートの衝撃)。

毎年の健診で受ける肺や胃のX線写真が発ガンを促す?「人間ドック」は大量X線で二次ガンをつくる?

肺ガン、胃ガン、大腸ガン、乳ガン、子宮ガン、前立腺ガン…

8~9割良性「シロ」を悪性「クロ」にする?「早期発見」「早期治療」に潜む罠

昨日船瀬俊介の対談をユウチュウブで見ました、その中に癌検診を受けた人と、受けなかった人を比べると、癌検診を受けた人のほうが癌になる確率が高くなると、言っているのです。

検診の時に使うレントゲンのせいで癌が発生してしまうようです。

そして80歳以上の人を解剖すると誰の身体にも癌が見つかるそうです。

癌と仲良く生活していたのです。

やはり癌は身体に悪いものではなかったのです。

血液身体の酸化を抑えるものなのです。

血液・身体の酸化がおさまると、消えるか何もせずにじっと待機しているのです。

それを現代医学は癌は身体に悪いものとして、取り除くことに必死になっています。

癌は身体の必要に応じて発生したもので、身体には必要なものです。(P3)

現代医学が取り除いても また発生するのです。

手術で取り除くのも良くないことなのです。

抗癌剤で癌が良くなった人は居ないはずです。

そして
放射線で癌を消しても身体は被爆してしまい、新たに癌を発生してしまいます。

現代医療の癌治療は、間違っているのです。


その為に癌患者は増えるばかりで良くなる人は少ないのです。

癌で良くなる人は癌ではなく癌もどきの人です、癌ではないのです。

病院の癌治療は終わり向かっているようです。

癌患者は抗癌剤治療を拒否することで病院から出されるために、生還の可能性が発生するのです。

抗癌剤は猛毒です、受けては身の破滅です、注意しましょう。






熱力学の法則と熱機関




生命物理化学


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


内部エネルギー & エントロピー


ヘンリーの法則と平衡


カルノーサイクル


非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示


………………………………………………………

太田龍 二・二六事件の真相(PDF)

………………………………………………………

天皇の陰謀(動画)


………………………………………………………

天皇の陰謀(訳読)

………………………………………………………

昭和天皇_財界の為の戦争_『アヘン事業・侵略ビジネス』


………………………………………………………

昭和天皇&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス(PDF)

………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会


………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会(PDF)

………………………………………………………

島津論文 (福島原発事故の原因)



……………………
…………………………………

島津論文 英文PDF

………………………………………………………

島津論文 和文PDF

………………………………………………………

日本の真相 鬼塚英昭


……………………
…………………………………

日本の真相 鬼塚英昭(PDF)

………………………………………………………

広島原爆投下の真相__日本のいちばん醜い日


……………………
…………………………………

広島原爆投下の真相(PDF)

………………………………………………………

スライヴ 『THRIVE フォスター・ギャンブル』


……………………
…………………………………

スライヴ (PDF)


………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画




         TOP ↑

アクセスカウンター





         

  





















毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

日本は、明治時代からイギリスの植民地

明治憲法自体が、インチキ

世田谷の実行犯は 北朝鮮特殊部隊員



ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています

天皇が被爆に加担した

イルミナティ、サタニスト 世界権力の道具

イルミナティの命令を実行したんですよ

イルミナリティのワンワールドの意志

スターリンに発したい情報を伝える



















医療は 完全に悪魔と死神に 牛耳られている。船瀬俊介氏


医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている
(00:12:03)


標準治療 (00:00:27)

悪魔の3点セット (00:00:46)


抗癌剤投与 (00:01:04)

マスタードガス(00:01:50)

糜爛ガス(00:02:31)

猛烈な発ガン性(00:05:15)


癌を悪性化させ、さらにひどくさせる(00:05:29)


1990年OTA報告(00:06:35)

乳がんの患者さん(00:08:00)

命を、しゃぶり尽くす(00:08:50)

80%は、副作用で死んでいる(00:09:11)


抗癌剤は、発癌物質

造血機能を、DNAから破壊(00:10:00)

免疫機能が、ゼロになる(00:10:20)


戦慄の副作用(00:10:55)

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている(00:12:03)






医療過誤 船瀬俊介(PDF)


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。(P3)


マスタードガスです。(P3)


イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!





ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、


癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、


その情報を故意に報道規制したため、



この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対しして無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されて 、

いる事実があり、4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。






毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されている 船瀬俊介氏


80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)


ガンマフィア
(00:26:01)

国家が主要メンバー(00:26:09)

マスメディア(00:27:09)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:30:09)

医者への接待費40~50万(00:31:06)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:31)

15兆円の利権(00:35:50)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:24)

毒殺 (00:36:57)

放射線(00:39:04)

DNA破壊(00:40:08)

手術 (00:40:45)

悪魔の利権 (00:41:10)

癌を増殖させる作用(00:42:10)

80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:17:36)

活性増殖細胞 (01:18:40)

NK細胞は、精神に反応する (01:19:02)

早期発見・早期殺害(01:20:18)






輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード


昭和天皇は、昭和天皇は、輸血で死んだ (00:00:14)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:00)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:00)

だから
十万人死んでいるのではないか と言われている。 (00:02:32)


『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:03:51)

輸血は盲点だった、というより
医者が99.9%知らないのではないか? (00:04:32)

医学教育の問題だから。 (00:04:39)



移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

血液の人に対する病気

【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

Graft(移植片:血液) - Versus(対) - Host(宿主:人間) Disease(病)



【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】


移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

[どんな病気か]

血液の病気では、治療として、輸血(血液製剤を含む)や骨髄移植(こつずいいしょく)が、

よく行なわれるようになりました。

しかし、他人の血液や骨髄(移植片(いしょくへん))には、自己と非自己を見分け、


非自己を排除しようとする免疫機能(めんえききのう)のはたらきに主要な役割を はたす リンパ球 が含まれています。

輸血や骨髄移植は、白血球(はっけっきゅう)などがうまく機能しない病気をもつ患者さんに対して行なわれることが多く、

その患者さん(宿主(しゅくしゅ))は免疫力が低下しているので、適合性のある移植片は生き続けます。

もし、宿主の免疫力が強く、移植片の適合性がなければ、移植片は異物として攻撃され、死んでしまうので、

ある意味では問題ありません。

しかし、移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は移植を受けた患者さんを非自己とみて、排除しようとします。

こうして、宿主の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、

宿主の組織は主要組織適合抗原(こうげん)という目印がついているので、

抗体(こうたい)などでこれを攻撃するようになり、いろいろな症状がおこってきます。

これが移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれるものです。

[症状]

輸血や骨髄移植後しばらくすると、皮膚の表面全体に赤い斑点(はんてん)が現われ、高熱が出てきます。

その後、下痢(げり)や肝臓障害がおこり、あらゆる血球が減少するため、貧血によって衰弱するだけでなく、

感染症や出血がおこりやすくなります。

こうして約1か月後には、多くの臓器が傷害され、死にいたります。

[治療]

発病した患者さんの多くが死亡しますが、いまのところ有効な治療法はありません。

したがって、なによりも予防が重要です。

輸血する血液の
リンパ球を死滅させるか、取り除くのが一番です。

そのためのもっともよい方法として、血液に放射線を照射することが行なわれています。

血液に放射線を照射することは、危険です


また、フィルターでリンパ球を取り除く方法もあります。

骨髄移植では、自分の骨髄を取り出し病気の造血細胞だけ除いて体内にもどす、

他人の骨髄からGVHDをおこすリンパ球を除いて注入する、

成熟したリンパ球を含まないへその緒(お)の血液を注入するなどの方法が行なわれます。






故 安保徹 先生 (PDF)




「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)


抗がん剤治療であれば、治療をやめるとリンパ球が上昇しますが、

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。


つまり、がんと闘う力を最も削いでしまう治療法なのです。(P7)








フッターイメージ

inserted by FC2 system