ヘッダーイメージ
化学実験




基礎編


発展編


応用編

科学


有機編




北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。
これは、全体の78%に当たります。
小学校高学年では、学校給食の結果、ほとんど全員が内蔵(心臓)の血管が動脈硬化です。


学校給食のパンは、ポストハーベストされて輸入された2等小麦粉を使用しているため、クロルピリホスメチル・マラチオン・フェニトロチオン含めて濃度平均10.2ppb(=ng/g)の汚染があります。

ポストハーベスト農薬



トランス脂肪酸の危険性

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

トランス脂肪酸


女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている

ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)



【偽装社会】麻原彰晃氏を廃人化した理由

輸血で殺される GVHD

毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

病院に行くな

医療マフィア

ガン検診受けてはいけない

抗癌剤打つな

ガン治療が間違っているときは 見つけた方が不利

ワクチン

医療マフィアが推進する人口削減計画

移植片対宿主病(GVHD)

抗ガン剤で殺される

昭和天皇は、輸血で崩御された

10月サプライズ

偽クーデタをデッチアゲ・それは裕仁と、三笠宮が主たる助手になって、でっち上げた話



日本の最高機密が、翌日には電報で全部流れていく

真珠湾攻撃も大事なところで手をぬく


実は、その時にリンパ球が最高の働きを示すわけです。

いま、赤ちゃんが青信号!


危険! 世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっている・日本人を狂わせる5つの有害物質


グローバル・コンスピラシーという枠組のなかで イルミナティの、傀儡として作られた歴代天皇

戦争は継続しなければいけない



癌でさえ、適応反応

孝明天皇暗殺

早期発見・早期殺害

トランス脂肪酸について

安保徹の免疫学講義・自律神経と免疫の法則

ガンマフィア・国家が主要メンバー

伊藤博文の犯した犯罪を覆い隠すために作った体系

ザビエル「日本は、この地上から抹殺されるべきだ

『真実の暴露』



この世界が仮想現実であることを示す証明式

☮ベンジャミン・フルフォード 6月27日 (木)2013年


ベンジャミン・フルフォード 11月24日 2012年

エリザベス1世は、おかま


地球維新 vol.1 ベンジャミン・フルフォード No.1 (リスト付)

日本銀行を国有化して下さい

戦争は、すべて八百長

日本は、戦争をするように仕組まれていた



トランス脂肪酸について


『真実の暴露』

NEW 改革

ワクチン

犯罪ガン治療の正体_放射線_抗ガン剤_手術の嘘

これも政策的なんです

中曽根は、実は北朝鮮籍なんですよ

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

お札にしては、いけません

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

ガンは 実は数週間で治せる

実は、その時にリンパ球が最高の働きを示すわけです。


明治以降の中枢部に、ワン・ワールド、フリーメイソンの指揮系統がずっと機能している

偽クーデタをデッチアゲ

ユダヤの日本占領計画

明治憲法自体が、インチキ


【偽装社会】麻原彰晃氏を廃人化した理由



ガン・健康



認知症、痴呆症

糖尿病

花粉症

アレルギ-

ワクチン

抗ガン剤で殺される



生命物理化学


ネルンストの式


オゾンホール


効率問題


自由E 内部E


偏微分_状態方程式の微分形


気体の状態方程式の読み取り


積分&仕事&エネルギー


内部エネルギーU&エンタルピーH&ヘルムホルツの自由エネルギーF


ポケットを叩けばビスケットが二つ


非平衡の定常状態 温度と蒸発平衡

非平衡の定常状態 地球の仕組み


熱力学的温度 安定な平衡と不安定な平衡


物質のもつエネルギーの変化


物質の分解と合成


共役二重結合への水素付加


ボルツマン定数


不思議な数字


ファン・デル・ワールス力


カルノ-サイクルと効率



配位結合と極限構造式・電子式(ルイス構造式)


錯体・錯塩


オゾンホール



定温・定積・定圧・混合エントロピー変化


電子のもつエネルギー&イオン化エネルギー


波のエネルギーと波の強さ


半反応式の組み立て

濃淡電池

熱力学的世界


熱力学の溶解問題

都市部の温度上昇


電子殻と電子軌道


気体の状態方程式


熱力学からみた水の状態変化


内部E クラペイロンの式


……………………………


定温・定積・定圧・混合エントロピー


エンロピー変化の問題


クラジウス&ボルツマン

内部Eと仕事&エントロピーと体積

自由E 内部E

……………………


エンタルピー変化・エントロピー項・自由エネルギー & 熱効率

内部エネルギー

理想気体の分子運度と圧力




ガン・健康

ガン

認知症、痴呆症

糖尿病

花粉症

アレルギ-

ワクチン

抗ガン剤で殺される



医療マフィアが推進する人口削減計画

食品・化粧品から毒を抜く

食品から毒を抜く

バーボンに、アジュバンド

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物を入れさせた



横田めぐみさんは金正恩の実母

李 方子(り まさこ)さんの娘が横田早紀江さんです。

横田めぐみさんの北朝鮮への拉致の真相



科学編

環境科学&健康問題

環境問題Ⅰ

環境問題Ⅱ


環境問題Ⅲ


探究課題

生物基礎

理科総合

化学基礎

物理基礎

科学と人間生活

化学実験

3G



太田龍

佐宗邦皇

孫崎享

石田昭

平井憲夫

安保徹

泉パウロ

与国秀行

武田邦彦

宇野正美

鬼塚英昭

船瀬俊介

リチャ-ド・コシミズ

ベンジャミン・フルフォ-ド

Sayu FlatmoundJOURNAL

ハリー山科


中丸薫





ページ内検索
検索バーを使用して、閲覧中のページで特定の語句を検索できます。
キーボード ショートカットの Ctrl+F キー(Windows、Linux、Chrome OS)または ⌘-F キー(Mac)を押して、ページの検索バーを開き、バーに語句(キーワード)を入力し、検索します。


リンクを新しいタブで開く(複数のタブを開く)
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします。


画像ファイル(jpegファイル)を見るとき、マウスホイールをうまく使って見やすくしてください。
Ctrl+上回転で Zoomin あるいは Ctrl+下回転で Zoomoutになります。

End keyを押すと最後尾に飛びます。そこで、ページを選択できます。

………………………………………………………

インターネットに、勝手に広告が出てきて困っているひとに、下記のソフトをお勧めします。
無料版をインストールして下さい。

Malwarebytes Anti-Malware

………………………………………………………

無料セキュリティソフト KINGSOFT Internet Security

………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

………………………………………………………

リンク 環境問題を考える

………………………………………………………

20世紀地球温暖化の実像 ~再考・地球温暖化論~

………………………………………………………

検索 グーグル


実験プリント(PDF)


化学平衡


中和滴定


塩の加水分解


酸化還元


酸化還元滴定


ビタミンCの定量


金属のイオン化傾向


電 池


電気分解


ニッケルメッキ


ハロゲン


その他の非金属元素とその化合物①


その他の非金属元素とその化合物②


アルカリ金属・アルカリ土類金属


アルミニウム・亜鉛・銅・銀・鉄


実験金属 アルミ/亜鉛/銅/銀/鉄


実験金属_補足解説


インスタントソルベ-


金属イオンの分離と確認


陽イオンの系統分析


イオンの分離の注意事項


金属イオン_資料①


金属イオン_資料②


有機化合物の分子構造と異性体


鎖式炭化水素


アルコール・アルデヒド


カルボン酸とエステル


サリチル酸メチル_アセチルサリチル酸


ベンゼンとフェノール


アニリンとアゾ化合物


アゾ化合物一部変更


2_ナフトールの電子密度と共鳴(手書きメモ)


炭水化物


タンパク質_アミノ酸


銅アンモニアレーヨン


合成高分子


セッケンと合成洗剤


フェノールフタレインとフルオレセインの合成


アセトアニリドとアセチルサリチル酸の合成


パラレッドの合成


パラレッド合成の説明


ピクリン酸の合成


有機化合物の分離




実験解説(PDF)


レポートの書き方


実験の心得


スズ


実験1&2


実験3の解説_弱酸遊離


不定比化合物・トロナ湖


実験4青銅鏡注意事項


青銅資料


指示薬


実験_中和滴定


ヘスの法則


アルミニウム 亜鉛 銅 銀 鉄



炎色反応


凝固点降下


反応速度


化学平衡


実験_気体


溶解


水和


溶解_イオン対


フェーリング液・ロッシェル塩


酸化還元滴定


電池


電気分解・メッキ


鎖式炭化水素


アルコール・アルデヒド


ヨードホルム


分液ロート・カルボン酸・エステル


サリチル酸メチル アセチルサリチル酸


ベンゼン


ベンゼン・フェノール


アニリンとアゾ染料


アゾ染料


アニリンの合成


パラレッドの合成


パラニトロアニリンの合成


ヘンリーの法則


有機化合物の系統分離



非環式炭化水素


主な基、官能基


光合成・呼吸


命名法


エチレン_異性体


アルカン アルケン アルキン


アニリン・ニトロ・系統分離


合成高分子①


合成高分子②

合成高分子③


アミノ酸とタンパク質


イオン名


セッケン


タンパク質①


タンパク質②


フェノール樹脂・尿素樹脂


合成洗剤


染料はなぜ発色するか


炭酸ナトリウム&炭酸水素ナトリウム


糖 類_1


糖 類_2


糖タンパク質


糖類・アミノ酸・タンパク質の識別


尿素・ビウレット・尿素アダクト


倍数接頭辞


発色


非環式炭化水素


偏光と旋光性


油脂・脂質


有機命名法(リンク)


卵&糖タンパク質



化学解説プリント(PDF)


金属イオンの分離


金属イオンの検出と分離


金属イオンの系統分離


溶解度積[問題A]


[問題A]の(2)について


溶解度積


金属イオン&錯イオン&金属


問題金属イオン


石灰水の白濁&石灰岩の熱分解


電気分解Ⅰ


電気分解Ⅱ

水酸化銅 塩化銀


2族金属とその化合物1


2族金属とその化合物2


銅(溶解度積)


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


亜鉛


スズ




工業反応


アルミニウム問題


ハロゲンの性質


燃料電池


酸化還元電位


メッキ


電解問題


メッキと過電圧


銅&テトラアンミン銅イオン


アルミニウム・アルミン酸イオン


カルシウム・炭酸カルシウム


☆……………………
☆………………☆…………………

温度とは(PDF)


熱力学的温度


偏微分&内部エネルギー

全微分_U&H&F&G



熱効率・エントロピーとエネルギー


エネルギー変換効率


☆……☆……☆


水溶液のpH(PDF)


pH(PDF)


…………(PDF)


溶解度


溶解積


溶解積解説


実験解説 溶解


…………


実験解説 反応速度


実験解説_気体の分子量


………………………

熱力学・統計力学
 


熱力学の基礎(東大 丸山茂夫)


熱力学の基礎(関西学院大 西谷滋人)


統計力学の基礎(東大 清水 明)


☆……………………☆………………☆…………………


『熱力学』へのリンク集


エントロピーとエネルギー


生命物理化学(熱力学と自由エネルギー) 未来への化学

生物物理化学ノート(第3版)  野口宗憲

熱力学の基礎(筑波大)

前野昌弘[いろもの物理学者]

講義録(琉球大学理学部)

初等熱力学(北大)


…………………………………

熱力学 序論(北大)

熱力学的な量

熱力学第一法則


熱力学第一法則の理想気体への適用

熱力学第二法則 第二法則の表現

熱力学第二法則 カルノーサイクル


エントロピーの定義


エントロピーの定義(続)


気体のエントロピー


熱力学ポテンシャル


相平衡の熱力学


多成分系


多成分系(続)


…………………………………


熱力学第二法則とその応用

熱力学の法則(名古屋大)

統計物理学I 講義ノート (名古屋大 上羽牧夫)

熱力学ノート(東京理科大)


高校化学の実験実習書(広島大)

物理化学II(大阪大)

生物物理学

ミトコンドリア

熱・統計力学 講義ノート  西森秀稔

物理化学I (熱力学基礎) のサブノート

エントロピー論による「生産」という言葉の考察と永続可能社会の展望


生命物理化学



カルノーサイクル


エントロピー変化

自由E & 内部E



『環境問題を考える』へのリンク集


環境問題についての高校の教科書の記述について科学する



化学反応

光の性質


大気圧


反応速度と化学平衡


力と運動


乾燥大気の温度変化



高校教科書の記述を科学する


気体の状態方程式と分子運動


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度

気体の分子運動と電磁放射

『高校生のための環境問題講座』


『温暖化は憂うべきことだろうか』の書評に対する著者の意見

…………………………………


生命物理化学



気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


内部エネルギー & エントロピー



ヘンリーの法則と平衡



カルノーサイクル



非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関

エントロピー



講義ノート・講義参考資料(冨田博之)


『熱力学』講義ノート 冨田博之


統計力学 講義ノート (2013 年夏学期)


『統計物理学』京都大学全学共通科目 講義ノート


熱力学の基礎 - 東京大学


化学熱力学入門


熱力学第 2法則、エントロピー


初等熱力学(北大)


東京理科大 理学部 watanabe


講義ノート 小西克享


準平衡状態の熱力学 慶應義塾大学 hattori/ishioka


2012年度 全学教育 化学B 東北大 上田潔


熱工学(熱力学と伝熱工学)の歴史と現状(東大 丸山)


熱力学ポテンシャル(名古屋大)


重力と熱力学 kyoto/miyoshi



北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。

これは全体の78%に当たります。


………………………………………………………


いま、赤ちゃんが赤信号!

人工ミルク中のトランス脂肪酸
アレルギー用のミルクには、トランス脂肪酸は入っていません。
油は缶か光を遮断する瓶に入っているものか、ヨーロッパ・アメリカ(ヨーロッパはトランス脂肪酸は、生産・販売禁止です。アメリカは、表示義務があリます。TRANSFAT 0%と……)産のものを使って下さい。


……………………
…………………………………


ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒに入れる白い液体(粉)など、毎日の食卓の必需品がとても気になります。

日本では、外国で生産禁止になっているトランス脂肪酸が店頭に溢れています。

それを避ける知恵が必要です。

食パンからトランス脂肪酸(ショートニング)を除くのが、急務です。


……………………
…………………………………

日本の場合 食品・化粧品から毒を抜く_ベンジャミン・フルフォード


日本の場合、隠されたことを全部発表する。食品・化粧品から毒を抜く (00:10:50)

第二次大戦は、茶番劇(00:00:08)

ヒトラーは、ジョージ5世の息子(00:00:45)

メルケルは、ヒトラーの娘 (00:01:03)

クリントンは、ロックフェラーの息子 (00:01:14)

ドイツ・ロシアが中心 (00:09:48)

日本の場合、隠されたことを全部発表する。食品・化粧品から毒を抜く
(00:10:50)


……………………
…………………………………


港近くの工場で、水素を付加して、ペットボトルに入れ販売しています。
直輸入のオリーブオイルなら手に入ると思います。
ちなみに、アメリカで販売しているカップヌードル(日清)には、トランス脂肪酸は入っていません。


……………………
…………………………………


ベンジャミン・フルフォード_中曽根は厚生労働省に圧力をかけ 日本の人口を減らすため 食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物を入れさせた


中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品­に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品­には有害色素)を入れさせた (00:10:20)

秘密戦争に巻き込まれてしまった (00:01:08)

だれも知らない経済のからくり
(00:02:03)

世界を支配するマフィアの仕事 (00:03:05)

1913年以降、お金を分配するのは、議会ではなく民間会社
(00:03:40)

日本は、明治時代からイギリスの植民地 (00:05:30)

第二次世界大戦が終わってから、英国からロックフェラーに主導権が移った (00:06:15)

JAL123便は、アメリカが撃墜した (00:08:56)

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品­に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品­には有害色素)を入れさせた
(00:10:20)


………………………………………………………

Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします

………………………………………………………

食品の毒

トランス脂肪酸の危険性

トランス脂肪酸

糖代謝・脂質代謝を画期的に改善する健康食品

クロム・亜鉛・ビタミンC
アマゾンで通販で購入できます。亜鉛は、270粒¥1.026です。
クロムは、250粒×2で¥3.260です。
ひと瓶当たり¥1.630です。画期的に改善します。


………………………………………………………


食品から毒(トランス脂肪酸)を抜く_ ベンジャミン・フルフォード


日本の場合、隠されたことを全部発表する。食品・化粧品から毒を抜く (00:10:50)

第二次大戦は、茶番劇(00:00:08)

ヒトラーは、ジョージ5世の息子(00:00:45)

メルケルは、ヒトラーの娘 (00:01:03)

クリントンは、ロックフェラーの息子 (00:01:14)

ドイツ・ロシアが中心 (00:09:48)

日本の場合、隠されたことを全部発表する。食品・化粧品から毒を抜く
(00:10:50)


……………………
………………………………

意図的に、食品に毒(トランス脂肪酸)を入れています。

………………………………………………………


ベンジャミン・フルフォード 熊本講演


本間さんは、殺された (00:20:50)

竹中平蔵 (00:39:09)

秘密戦争に巻き込まれてしまった (00:43:28)

だれも知らない経済のからくり(00:44:30)

世界を支配するマフィアの仕事 (00:45:13)

1913年以降、お金を分配するのは、議会ではなく民間会社 (00:46:00)

JAL123便は、アメリカが撃墜した (00:51:38)

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品には有害色素)を入れさせた (00:53:10)

日本を差し上げます(01:03:40)

すでに癌は治せる(01:11:30)

HIV・サーズ・鳥インフルエンザ・全部、人工的に作っている (01:12:25)

田中角栄・橋本龍太郎・竹下登・大平正芳・小渕恵三は、闇の勢力に殺されたか失脚させられた(01:22:45)

世界のお金を、得体のしれない、密室人間に譲ってはいけない(01:27:50)

アングロサクソンプロジェクト (01:45:50)

イルミナティについて (01:53:00)


……………………
………………………………


意図的に、食品に毒(トランス脂肪酸)を入れています。


………………………………………………………


人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている_ ベンジャミン・フルフォード


人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている。 (00:04:01)

国連は、人類・世界民族のものではない
(00:00:46)

隠れ独裁支配の道具 (00:01:10)

わざと長く生きられないように仕向けられている (00:03:40)

人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている。
(00:04:01)

精子が50年前の半分以下になっている。

これも
政策的なんです。 (00:04:18)


………………………………………………………

トランス脂肪酸

………………………………………………………

トランス脂肪酸とは

………………………………………………………

トランス脂肪酸の危険性

………………………………………………………


ベンジャミン・フルフォード 熊本講演

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品には有害色素)を入れさせた (00:53:10)


……………………
…………………………………


北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。これは全体の78%に当たります。


………………………………………………………


いま、赤ちゃんが赤信号!


アレルギー用のミルクには、トランス脂肪酸は入っていません。

油は缶か光を遮断する瓶に入っているものか、ヨーロッパ・アメリカ産のものを使って下さい。

(ヨーロッパはトランス脂肪酸は、生産・販売禁止です。アメリカは、表示義務があリます。TRANSFAT 0%と……)

植物油=トランス脂肪酸と考えたほうがいいです。

この中で、ハウス食品は評価できます。


ハウス食品はトランス脂肪酸の減少に取り組んでいます。

………………………………………………………


ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒに入れる白い液体(粉)など、毎日の食卓の必需品がとても気になります。

日本では、外国で生産禁止になっているトランス脂肪酸が店頭に溢れています。それを避ける知恵が必要です。

食パンからトランス脂肪酸(ショートニング)を除くのが、急務です。


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性(PDF)


………………………………………………………

糖代謝・脂質代謝を画期的に改善する健康食品

………………………………………………………


糖代謝・脂質代謝を画期的に改善する健康食品

クロム・亜鉛・ビタミンC
アマゾンで通販で購入できます。亜鉛は、270粒¥1.026です。
クロムは、250粒×2で¥3.260です。
ひと瓶当たり¥1.630です。
クロム欠乏症を、画期的に改善します。


……………………………………………………


人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている_ ベンジャミン・フルフォード


人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている。 (00:04:01)

国連は人類・世界民族のものではない
(00:00:46)

隠れ独裁支配の道具 (00:01:10)

わざと長く生きられないように仕向けられている (00:03:40)

人口を減らすために、わざと女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている。 (00:04:01)

精子が50年前の半分以下になっている。

これも
政策的なんです。 (00:04:18)


……………………………………………………

意図的に、食品に毒(トランス脂肪酸)を入れています。

………………………………………………………


共役二重結合への水素付加によるトランス化


………………………………………………………


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、水素付加した時点でトランス脂肪酸になってしまいます。

ショートニングやマーガリンの中には存在しないのです。

お菓子メーカーの方々、欺されないで下さい。

クッキー、焼き菓子、ケーキ、アメ、ガム、飲料、ニアウォーター‎、果汁、ゼリー等に( CLAを入れるつもりで、)トランス脂肪酸を入れているのです。

欺されないで下さい


………………………………………………………


あたかも自社の植物油(べに花油)の中に、共役リノール酸が存在しているかのように、消費者に誤解を与える油会社のHP


植物油のヘルシー成分 共役リノール酸(CLA)……??

共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、植物油に含まれる脂肪酸の一つであるリノール酸のカタチが変化したものです。……?

(リノール酸の共鳴構造体の一つである)共役リノール酸は、とてもトランス化しやすいのですよ!!
加熱調理でもトランス化します。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(本来の紅花油の77.4%はリノール酸)が開発され、保存技術の進歩?による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。


油脂中の脂肪酸の割合

α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。

しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0どころかマイナスです。

機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活用して下さい。

手作りドレッシングやマヨネーズに使用し、みなさんとみなさんのご家族の健康を守って下さい。

機械圧搾の日持ちのしない油が身近な所で購入できるといいですね。

遺伝子組み換えで、オレイン酸の多い紅花油(77.4%はリノール酸)が開発され、保存技術の進歩による水素付加でトランス化された油が、健康によいと宣伝され、販売されています。


共役(きょうやく)リノール酸(CLA)は、水素付加した時点でトランス脂肪酸になってしまいます。

ショートニングやマーガリンの中には存在しないのです。
お菓子メーカーの方々、欺されないで下さい。



Trans Fatの危険性(PDF)


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性
トランス脂肪酸とは、水素をくわえて硬化させたマーガリンやショートニングといった硬化油に含まれる成分 で、動脈硬化や心臓疾患の原因となる悪玉コレステロールを増やすといわれています。
一部牛などの反芻動物 の脂質には若干含まれているようですが、天然植物油には一切含まれない成分で、人間の口にはいる割合のほ とんどが人工的に加工した脂分に含まれているものです。
天然には存在せず人工的に作られたトランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減少させて悪玉コレステロール を増加させるなど、人間の健康に悪影響を与えると言われています。
その結果、トランス脂肪酸を大量に摂取 し続けると、様々な病気を引き起こす危険があります。
現代の多くの油に大量に含まれるトランス脂肪酸には体の役に立つ機能がありません。
そればかりか、老化やガンの原因になる活性酸素をたくさんつくったり、他の重要な脂肪酸の機能を妨げるな ど、さまざまな悪い働きをします。
なかでも危険なのは、トランス脂肪酸が細胞膜にダイレクトに悪影響を及ぼすということです。
細胞膜は単に 細胞と細胞を仕切るだけではありません。
細胞膜は細胞内で発生した老廃物を排泄したり、情報を伝達するな ど、生命活動に欠かせない大切な役割を担っています。
このようにして細胞が全身で 60 兆個以上も存在し、筋肉や骨、内臓、神経、血管、血液といった私たちのパ ーツを形成し、一人の人間として成り立たせてくれています。 そして、 細胞膜は脂質で構成されていますが、トランス脂肪酸が入り込むと、細胞膜の構造や働きが不完全 になってしまうのです。
トランス脂肪酸が引き起こす具体的な体への悪影響について、

トランス脂肪酸の危険 1:動脈硬化や心臓病
トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすため、多く摂取すると動脈硬化 や心臓病などのリスクが高まると言われています。
トランス脂肪酸は悪玉コレステロールといわれている LDL コレステロールを増加させ、善玉コレステロール といわれている HDL コレステロールを減少させます。
血中の LDL コレステロールが増加し、HDL コレステロールが減少すると、動脈硬化や心臓疾患のリスクが高 まります。
したがって、トランス脂肪酸の摂取と動脈硬化や心臓疾患のリスクには相関関係があると考えられ ます。
これは、飽和脂肪酸と似た作用といえます。
LDL コレステロール、HDL コレステロールの変化は摂取脂肪酸のバランスと総量に影響されますが、トラン ス脂肪酸に関する実験を総括すると、おおむね総エネルギーの 2%以上トランス脂肪酸を摂ると影響が現われ るようです。

トランス脂肪酸の危険 2:アレルギー
トランス脂肪酸は体内で細胞膜の形成時において弱く不安定な細胞膜を作る要因となり、ウイルスや細菌が進 入しすくなって免疫機能を弱らせます。
関節炎等の慢性炎症性疾患、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、 クローン病など多くの病気との関連が指摘されています。
これは、腸壁や皮膚の細胞膜にトランス型脂肪酸が取り込まれると、本来のシス型脂肪酸と立体構造が異な るため細胞膜の隙間ができ、体に有害なものが入り込みアレルギーなどを引き起こすと考えられるからです。
脂肪酸は全ての細胞の細胞膜の原料として不可欠ですが、トランス型に変化すると、体内で細胞膜が作られ るときに弱く不安定な細胞膜となります。
そのため、ウイルスや細菌が進入しすくなって免疫機能を弱らせる ようです。そのため、アレルゲンとなる異物の進入が心配な子どものアトピー性皮膚炎やアレルギーとの関連 も指摘されているのです。
日本人の平均では、皮下脂肪の中に約 4%のトランス型脂肪酸が含まれますが、アレルギーのある場合はもっ と多量のトランス型脂肪酸を含んでいると言われています。
また、このトランス型脂肪酸を体外に排泄しよう とすると、多量のビタミン類やミネラルを消費することも判明しています。
食生活が、レトルトや外食、市販 のお菓子が続くとアレルギー症状が強くなるという場合は、特に要注意です。
※授乳中の方は特にトランス脂肪酸に気をつけましょう。
母親がトランス型脂肪酸を摂取すれば母乳中に分泌 されます。
急速に成長している乳児が取り込んだトランス型脂肪酸を自分の細胞膜に使うとアレルギーやアト ピー体質になりやすくなります。

トランス脂肪酸の危険 3:認知症、痴呆症 トランス脂肪酸や飽和脂肪酸の摂取量と認知機能との関係を調べた結果、トランス脂肪酸をたくさんとってい る人ほど、認知機能が早く低下することが判明しています。 トランス脂肪酸や飽和脂肪酸をたくさん摂取する人は、血中に悪玉コレステロールが増えるため心臓だけでな く脳の動脈硬化も進み、 認知機能が早く落ち認知症になりやすくなると考えられます。米国神経学会が発行 する学術誌『Neurology』に発表された研究では、老人がトランス脂肪酸を大量に摂取すると、認知症になり やすいという結果が出ています。

トランス脂肪酸の危険 4:がん
トランス脂肪酸を摂取すると、トランス脂肪酸の結合している水素原子によって体内の酸化が進み、細胞遺伝 子が酸化されてガンになる可能性が高くなると言われています。
また、トランス脂肪酸は大量の活性酸素をつ くり出してしまうと言われています。
活性酸素は、あらゆる物質のなかでも、もっとも深くがんの発生にかかわっていると考えられています。
アメ リカではガンによる死亡率とトランス脂肪酸を含む植物油の消費率の増加がほぼ一致しているというデータ さえ報告されています。

トランス脂肪酸の危険 5:糖尿病
糖尿病の原因として、トランス脂肪酸もその一因になっていると考えられています。
その理由はトランス脂肪酸が細胞膜の構造を不安定にするため、いくら体がインスリンを分泌しても、それを 受け取る細胞膜の受信機能が鈍くなってしまうからです。
ハーバード大学医科大学院グループは[American Journal of Clinical Nutrition, June 2001]で、 2%のトランス脂肪酸の摂取で、糖尿病のリスクが 39%高まると発 表しています。

トランス脂肪酸の危険 6:脳へのダメージ
トランス脂肪酸は脳にも非常に有害であることが明らかになっています。
なぜなら、脳の 60%は脂質で構成されているからです。
脳の情報伝達にかかわる神経細胞には「オメガ 3」と 呼ばれる不飽和脂肪酸が欠かせません。
脳の神経細胞はオメガ 3 が 20%以上含まれて、はじめて情報が正しく伝達されるといわれているからです。
実際にアルツハイマー、認知症、ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は、脳の神経細胞中にオメガ 3 が非常に 少ないことが分かっています。 現代人の食事は老若男女を問わず、トランス脂肪酸があふれ、オメガ 3 が欠乏している状態にあるといえます。
オメガ 3 が不足すると代わりにトランス脂肪酸が脳神経の構成材料として使われやすくなりますが、トランス 脂肪酸は脳の伝達神経機能を変形させてしまいます。
そのような状態が毎日、何年も繰り返されることで、 ADHD、情緒不安定、うつ、集中障害など脳の重要な機能低下を招く恐れがあります。
※特に妊婦や乳幼児、子どもにはトランス脂肪酸は危険です。
胎児期から乳児期にかけて、オメガ 3 が不足し、 トランス脂肪酸を多く摂ると、「脳の栄養失調」状態が続くことになり、脳へ大きなダメージを与え兼ねませ ん。 http://yyy1496.web.fc2.com/lipid_201212.htm α-リノール酸は食生活で過剰摂取になる傾向が強いので注意が必要。
リノール酸 の過剰摂取を防ぐために、 α-リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの、n-3 系列の脂肪酸と の摂取バランスを取ることが大切。
比率は、リノール酸などのn-6 系列の脂肪酸4に対し、n-3 系 列の脂肪 酸1の割合が望ましい。
油脂中の脂肪酸の割合 α-リノレン酸欠乏症を解消するために亜麻仁油やシソ油、エゴマ油を摂取するのは理にかなったことです。
しかしながら、加工された(水素付加された)油を利用することは百害あって一利なし、プラスマイナス0ど ころかマイナスです。
機械圧搾法で搾り取った日持ちのしない油を(栄養学的ではなく、体のために)健康のために今日からでも活 用して下さい。


トランス脂肪酸と花粉症の関係

花粉症を本気で治したい人が知っておいた方がイイ13のコト

植物性人工脂肪のトランス脂肪酸は健康の敵



Trans Fatの危険性(PDF)


………………………………………………………

加工食品中のアクリルアミドについて

アクリルアミドと脂肪酸あるいはアミノ酸やアスパルテームなどのジペプチドなどは 縮合あるいは縮重合 し、アミド結合で結びついた物質を作るが、この物質は体に多大な負荷を与える。

食品の取り合わせには注意が必要です。

朝食にマーガリンを塗ったこんがりトースト、トランス脂肪酸入りのドレッシングとCLA入りの飲料では 体が悲鳴を上げます。




真実の世界史




ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 2010/8/27




トランプ新大統領の対中経済戦略と安保法制【NET TV ニュース.報道】国家非常事態対策委員会 2017/01/28



太田龍 昭和天皇はイルミナティ世界権力の道具だった


……………………
…………………………………


デーヴィッド・アイク(とは何者か? 太田龍 特別講演




日本の真相 鬼塚英昭




皆神山の謎 第五部 スサノオの風篇 第一章 大和三山・新たな謎





熱力学の法則と熱機関


生命物理化学

生命物理化学4を理解するために

理想気体の分子運度と圧力



気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


内部エネルギー & エントロピー



ヘンリーの法則と平衡



カルノーサイクル



非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関


定温・定積・定圧・混合エントロピー


エンロピー変化の問題


クラジウス&ボルツマン

内部Eと仕事&エントロピーと体積

……………………


エンタルピー変化・エントロピー項・自由エネルギー & 熱効率

内部エネルギー

理想気体の分子運度と圧力


ガン治療のウラ 1/8


地獄行きの新幹線 (00:01:25)

ガン治療のウラ 2/8

ADG (00:03:20)

早期発見・早期殺害(00:05:05)

早期発見・早期治療 …嘘八百 (00:05:25)


ガン治療のウラ 3/8

あらゆる薬は、毒である(00:04:23)

ガン治療のウラ 4/8

早期発見・早期殺害(00:05:17)

ガン治療のウラ 5/8

ガン治療のウラ 6/8

ガン治療のウラ 7/8

ガン治療のウラ 8/8


ガンを治す方法(00:00:10:01)


ガンを治す方法 その1
暖かいこと (00:10:01)

ガンを治す方法 その2
深呼吸すること (00:11:31)

ガンを治す方法 その3
野菜からのカリウムを摂取する (00:14:00)

ガンを治す方法 その4
迷いからの脱却
感謝をすること (00:14:25)



【偽装社会】毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏




ガンマフィア
(00:26:01)

国家が主要メンバー(00:26:09)

マスメディア(00:27:09)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:30:09)

医者への接待費40~50万(00:31:06)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:31)

15兆円の利権(00:35:50)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:24)

毒殺 (00:36:57)

放射線(00:39:04)

DNA破壊(00:40:08)

手術 (00:40:45)

悪魔の利権 (00:41:10)

癌を増殖させる作用(00:42:10)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:17:36)

活性増殖細胞 (01:18:40)

NK細胞は、精神に反応する (01:19:02)

早期発見・早期殺害(01:20:18)


「ワクチンをうってはいけない」船瀬俊介の船瀬塾




安保徹講演(2013.06.09星陵会館) Toru Abo 講演_





利尿剤・血圧降下剤 (00:03:05)

腎性高血圧症 (00:05:09)

透析について (00:06:41)

腎臓の専門家(00:08:09)

急性腎不全・慢性腎炎 (00:11:19)

独特の医療制度で、病人が作られている(00:13:38)

特殊化の維持の困難(00:16:35)

ステロイド(00:17:40)

エネルギー生成系 (00:19:10)

利尿剤・降下剤・ステロイドは危険 (00:20:59)

肝臓(00:21:20)

胆汁(00:22:39)

先祖返り現象(00:26:01)

脂肪肝(00:27:20)

身を守る反応(00:27:45)

常識が反対になっている(00:28:20)

知識がいっぱい詰まって、気持ちにゆとりがない(00:31:20)

病気を治せない医者が、大量生産されている(00:32:01)

劇症肝炎(00:32:27)

病気の成り立ち (00:35:58)

治る機会を止められる(00:36:55)

リウマチ(00:37:10)

ステロイドは、使わない(00:38:15)

DNAの情報を取り出す (00:44:41)

肝臓の進化の歴史 (00:46:29)

虫垂(00:47:01)

自分の生きざまで病気を作る(00:53:40)

血流障害で起こるもの(00:55:18)

間質性肺炎・肝硬変(00:56:00)

抗核抗体(00:59:35)

甲状腺(01:01:01)

自己抗体(01:01:45)

癌は、分裂細胞から生まれている(01:02:24)

低体温・低酸素・高血糖 (01:07:03)

ミトコンドリアを削る反応 (01:07:45)

体を温め、深呼吸する(癌からの脱却) (01:09:08)

癌でさえ、適応反応 (01:11:18)



日本の真相 鬼塚英昭



熊毛郡田布施町 (00:00:21)

大室寅之佑 (00:03:48)

明治天皇の秘密 (00:03:55)

殊にユダヤを中心とする国際金融マフィアが知り、天皇一族を操っている。(00:13:26)

秦郁彦(いくひこ)(00:13:40)

仕組まれた戦争 (00:15:35)

皇室スキャンダル (00:18:21)

大正天皇には、子種がない(00:18:39)

西園寺八郎 (00:19:26)

昭和天皇の秘密 (00:21:34)

昭和天皇の父親は、西園寺八郎 (00:22:01)

死ぬまで侍従として息子(昭和天皇)のそばにいた (00:22:23)

住友と天皇家は、血族 (00:23:04)

秩父宮は、東久邇 稔彦(ひがしくに なるひこ)の子供 (00:23:298)

天皇のための戦争(00:25:02)

戦争というものは、必ずどこかで企みがあるものなんです (00:25:04)

昭和天皇だけが、日本のストーリを全部知っていた (0:26:01)

真珠湾攻撃も大事なところで手をぬく (00:26:28)

海軍は、2年分しか石油をもってない(00:27:24)

パナマ国籍の船ならば、攻撃できない (00:28:34)

天皇が内通していた(00:31:38)

スターリンに発したい情報をつたえる (00:32:45)

天皇一族は、ゾルゲを野放しにする (00:33:15)

終戦工作と白州次郎 (00:33:39)

ヨハンセングループ (00:34:17)

日本の最高機密が、翌日には電報で全部流れていく (00:35:16)

日本は戦争をするように仕組まれていたと考えると全て矛盾がなく納得ができるんです。 (00:35:30)

弟の公一に機密情報を流してソビエトに渡せと、ソビエトを安心させて南方政策を取る訳です。 (00:35:45)

火事場泥棒なんです。(00:36:15)

こじつけ無罪論(00:36:19)

明治天皇作とされる歌の真意 (00:37:05)

第二次世界大戦の総括をやっている(00:38:21)

戦争はすべて八百長(00:38:51)

戦争は継続しなければいけない (00:40:48)

天皇が被爆に加担した(00:42:23)

白洲次郎の秘密(00:44:17)

吉田茂の秘密(00:46:20)

こころの痛みを感じない者が日本のリーダーになる これを正さなければ未来はない(00:49:21)

キッシンジャーと中曽根(00:57:00)

使い捨て人形(コンプラドール)からの反乱(01:08:35)


皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 第四章 世界を支配するもの





世界を支配するもの(00:02:35)

1.東日本大震災 (00:02:41)

2.金による支配 (00:16:28)

ダーウィンの進化論(00:16:42)

弱肉強食 (00:17:01)

弱肉強食の世界では、生物は短期間で絶滅してしまうのだ (00:17:29)

日本では、今もって進化論が常識として扱われている。 (00:12:36)

なぜ、このような不完全な説が 未だに信じられているのだうか (00:17:42)

カバラ・生命の樹 (00:18:27)

我々が、今まで常識として疑いもしなかっうたことが、実は意図的に歪められ、ある勢力にとって都合のいい社会が作られいるということです (00:19:06)

政治・軍・経済を掌握しただけではなく、教育・情報・医療・食料など生活に必要な各分野を、すべて掌握しています (00:19:22)

手のひらで踊っている (00:19:39)

ユダヤ金融組織(00:20:04)

ロスチャイルドすらも手足のごとく支配している人達がいる(00:20:28)

バビロニア (00:20:52)

フェニキア (00:21:02)

カルタゴ (00:21:21)

十字軍 (00:21:31)

テンプル騎士団 (00:21:55)

フィリップ4世 (00:22:05)

ミラノ (00:22:31)

スイスに都市国家が作られ (00:22:40)

金による支配の拠点の始まり (00:22:53)

3.ユダヤ人(アシュケナジー_スファラディ)(00:24:13)

ダビデ王・ソロモン王 (00:24:41)

失われた十支族 (00:25:55)

バビロン捕囚 (00:26:58)

パリサイ派 (00:26:37)

ロスチャイルド家(00:27:40)

支配勢力の実態(00:29:11)

神聖ローマ帝国・パプスブルク家(00:29:24)

サヴォイヤ家・タクシス家・ロスチャイルド家 (00:29:45)

南相馬市 (00:36:38)

東北電力 原町火力発電所(00:37:18)

彼等の価値観を擦り込まれてしまう(00:41:18)

九分九厘彼等に支配されているのだ(00:41:48)




ガンマフィア

本当はガンは治る


医療過誤(PDF)

安保流「がんを治す4か条」 (PDF)


………………………………………………………

船瀬俊介氏_医療マフィア『真実の暴露』(PDF)


がん患者さんのための『免疫とがん』講座 (PDF)


ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)


毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

………………………………………………………

安保徹講演_( 2013.06.09 星陵会館 )


北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。

これは全体の78%に当たります。

小学校高学年では、学校給食の結果、ほとんど全員が内蔵(心臓)の血管が動脈硬化です。


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性(PDF)




トランス脂肪酸


……………………
…………………………………


トランス脂肪酸とは


……………………
…………………………………


トランス脂肪酸の危険性



小児は大人に比べて食物から受ける有機リン系殺虫剤の影響が大きい


学校給食のパンはホストハーベストされて輸入された2等小麦粉を使用しているため、クロルピリホスメチル・マラチオン・フェニトロチオン含めて濃度平均10.2ppb(=ng/g)の汚染があります。

クロルピリホスメチルでは5~15ppb含有しています。(2000年調査)

平均残留濃度10.2ppbの給食のパンを食べると、給食一食の食パンは1枚60g、2枚で120g、つまり有機リン系殺虫剤1224ng=1.224μg摂取することになります。

クロルピリホスメチルでは5~15ppbの汚染があり、給食のパン120gを食べると0.6~1.8μgを摂取することになります。

2000年、厚生労働省は有機リン系殺虫剤であるクロルピリホスは、母ラット暴露における新生児の神経発達への影響及び新生児脳への形態学的影響から、1μg/m3(0.07ppm)、但し、発達過程にある小児の場合には、その影響の強さを考慮し、0.1μg/m3(0.007ppm)という室内濃度指針値をだしました。 

一回呼吸量(換気量)、呼吸回数から計算すると、新生児では0.092μg以下、1歳では0.216μg以下、8歳で0.576μg以下となります。

学校給食で1回に食べるクロルピリホスメチルの量0.6~1.8μgはこの基準を超えています。

大人では室内指針値から計算した呼吸からの吸入量より、食物から摂取量が少なく、影響が少ないことになります。

したがって、小児では大人に比べて、食物中の有機リン系殺虫剤の影響が大きく現れると思われます。



いま、赤ちゃんが赤信号!

アレルギー用のミルクには、トランス脂肪酸は入っていません。
人工ミルク中のトランス脂肪酸



油は缶か光を遮断する瓶に入っているものか、

ヨーロッパ・アメリカ産のものを使って下さい。

(ヨーロッパはトランス脂肪酸は、生産・販売禁止です。アメリカは、表示義務があリます。TRANSFAT 0%と……)

………………………………………………………


油脂中のトランス脂肪酸測定結果
人工ミルク中のトランス脂肪酸




人工ミルク中のトランス脂肪酸


………………………………………………………

油脂中のトランス脂肪酸測定結果



港近くの工場で、水素を付加して、ペットボトルに入れ販売しています。

直輸入のオリーブオイルなら手に入ると思います。

ちなみに、アメリカで販売しているカップヌードル(日清)には、トランス脂肪酸は入っていません。



Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします



注意すべき油脂食品

1)植物性油脂に水素を添加して液状の油脂を固化させた硬化油脂を含む以下の食品の摂取はしない
マーガリン(トランス脂肪酸が10-13%程度含まれる)
ファットスプレッド(トランス脂肪酸が4-7%含まれる)
クッキーやケーキなどショートニングが含まれる食品
卵を使用していないマヨネーズなど

2)植物性油脂を人工的に加工した油脂は摂取を控える
エコナ(トランス脂肪酸が最大5.2%含まれる、最近の調査ではエコナ揚げ油に1.5%)

3)高温で油脂を抽出・精製した植物性油脂の摂取は控える
市販大豆油、米油、コーン油、ナタネ油、綿実油など(トランス脂肪酸が0.4-2.3%程度含まれる)

4)高温の植物性油脂を使って調理した食品・植物性油脂を高温で加工した食品は控える
揚げもの・フライ類、油で揚げたスナック菓子類、揚げせんべい、クッキー、冷凍食品、マヨネーズ、アイスクリーム、レトルトカレー、コーヒー用ミルク、チョコレートなど

5)揚げもの調理に使った油を何回も使わない(ただし、揚げもの調理自体がお奨めでない)

6)農薬が残留した原料(ポストハーベストされた輸入穀物)から作った油脂は避ける
輸入大豆から作った大豆油、輸入トウモロコシから作ったコーン油、輸入ナタネから作ったナタネ油、輸入小麦のフスマから作った小麦胚芽油など



トランス脂肪酸について


10月サプライズ




ベンジャミン・フルフォード _ ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。『10月サプライズ』

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。(00:02:17)

本日、2016年10月15日 ホワイトドラゴン会 (00:00:01)

ハザールマフィアが権力の座から降ろされている (00:00:37)

日本に関して、安倍総理大臣は選挙泥棒で違法に、総理大臣になったことをお詫びして辞任、麻生太郎財務大臣が10月31日までに外国マフィアに資金を貢いでいたことを告白して辞任しなければ刑務所に入れてもらいます。 (00:00:51)

詐欺団体の一員として、黒田東彦(くろだはるひこ)日本銀行総裁が、日本銀行が詐欺をしていたことをお詫びして辞任。 (00:01:35)

更にですね。日本医師会が、枯葉剤、抗癌剤という毒殺行為を10月31日までに止めなければ殺人罪で刑務所に行く。 (00:01:49)

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。(00:02:17)

厚生労働大臣、厚生労働省が10月31日までに、すべて日本の日常用品から、避妊剤、環境ホルモン、発癌物質を排除しなければ刑事責任を科される。 (00:02:34)

第3次世界大戦は、起きますか (00:03:42)



戦争は すべて八百長

戦争は継続しなければいけない

第二次大戦は茶番劇

第二次世界大戦も、この人達によって最初から脚本どうりに演出されたインチキな戦争だった

第3次世界大戦は、起きますか

国際連合を設立するために世界大戦が起こされた

わざと戦争を起こしたと思っている人達は陰謀論者


仕組まれた戦争


2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。

第1位のがんは、2015年の全死亡者に占める割合が28.7%となっており、およそ3.5人に1人が「がんで死亡」している状況だ。

がんは1981年以降に死因順位の第1位になってから、一貫して増加している。

80%のガン患者は殺害されていた。

1290428×0.287×0.8≒296282

毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏



………………………………………………………


2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。

………………………………………………………

犠牲者は、年間29万6千人



ガンマフィア

本当はガンは治る

犠牲者は、年間29万6千人


医罠の世界 今、日本中の病院で何が起きているのか




北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。

これは全体の78%に当たります。

小学校高学年では、学校給食の結果、ほとんど全員が内蔵(心臓)の血管が動脈硬化です。


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性(PDF)


……………………
…………………………………


いま、赤ちゃんが赤信号!

アレルギー用のミルクには、トランス脂肪酸は入っていません。
人工ミルク中のトランス脂肪酸



油は缶か光を遮断する瓶に入っているものか、

ヨーロッパ・アメリカ産のものを使って下さい。

(ヨーロッパはトランス脂肪酸は、生産・販売禁止です。アメリカは、表示義務があリます。TRANSFAT 0%と……)

………………………………………………………


油脂中のトランス脂肪酸測定結果
人工ミルク中のトランス脂肪酸




人工ミルク中のトランス脂肪酸


………………………………………………………

油脂中のトランス脂肪酸測定結果



港近くの工場で、水素を付加して、ペットボトルに入れ販売しています。

直輸入のオリーブオイルなら手に入ると思います。

ちなみに、アメリカで販売しているカップヌードル(日清)には、トランス脂肪酸は入っていません。



Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします




注意すべき油脂食品


1)植物性油脂に水素を添加して液状の油脂を固化させた硬化油脂を含む以下の食品の摂取はしない

マーガリン
(トランス脂肪酸が10-13%程度含まれる)

ファットスプレッド(トランス脂肪酸が4-7%含まれる)

クッキーやケーキなど
ショートニングが含まれる食品

卵を使用していないマヨネーズなど

2)植物性油脂を人工的に加工した油脂は摂取を控える

エコナ(トランス脂肪酸が最大5.2%含まれる、最近の調査ではエコナ揚げ油に1.5%)

3)高温で油脂を抽出・精製した植物性油脂の摂取は控える

市販大豆油、米油、コーン油、ナタネ油、綿実油など(トランス脂肪酸が0.4-2.3%程度含まれる)

4)高温の植物性油脂を使って調理した食品・植物性油脂を高温で加工した食品は控える

揚げもの・フライ類、油で揚げたスナック菓子類、揚げせんべい、クッキー、冷凍食品、マヨネーズ、アイスクリーム、レトルトカレー、コーヒー用ミルク、チョコレートなど

5)揚げもの調理に使った油を何回も使わない(ただし、
揚げもの調理自体がお奨めでない

6)
農薬が残留した原料(ポストハーベストされた輸入穀物)から作った油脂は避ける

輸入大豆から作った大豆油、輸入トウモロコシから作ったコーン油、輸入ナタネから作ったナタネ油、輸入小麦のフスマから作った小麦胚芽油など



調理に使う油脂は、大きく分けて動物性脂肪の飽和脂肪酸(獣肉油脂、牛乳、卵に含まれる)

・一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸(野菜、種子、芋類、海草、魚に含まれる)に分かれ、

多価不飽和脂肪酸には必須脂肪酸のω(オメガ)-6系不飽和脂肪酸(リノール酸)とω-3系不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)が含まれます。

アレルギー疾患の起こしやすさは、ω-6系不飽和脂肪酸の過剰摂取と ω-3系不飽和脂肪酸の摂取不足が関係しています。

当アレルギー外来におけるアレルギー症例の経験から、植物性油脂含有加工品、特に、
マーガリンやショートニングを含む食品を食べるとアレルギーがひどくなる傾向があり

たとえ牛乳成分が入っていない牛乳アレルギー用と称するマーガリンでも使用は避け、
マーガリンやショートニングが含まれる加工食品はなるべく避けるように指導してきました。

お菓子を作るときもマーガリンやショートニングは使用せず、自然の状態の液状の植物性油脂を使用することを薦めてきました。

マーガリンは植物性油脂に人工的に水素を添加して液状の油脂を固化させた硬化油脂です。

マーガリン以外でも人工的に植物性油脂を加工した製品は使わないことを薦めてきました。

これらの油脂中には、油脂加工で生じた自然には存在しない油脂である
トランス脂肪酸が生成されています。



油脂摂取の方法

1)
汚染が少ない原料から作ったトランス脂肪酸が少ない植物性油脂を使う

一部の
グレープシード油、有機栽培エクストラバージンオリーブオイルなど

2)高温で加熱調理するときに使える油

①一価飽和脂肪酸や飽和脂肪酸が多いため、熱に強い油:
ヤシ油[パーム油]、ココナッツ油

②飽和脂肪酸:
ラード(豚脂:汚染がない餌で飼育された豚の脂)


以下はω-3系よりは加熱に強いがなるべく加熱したくない油

ω-3系が少なくω-6系の不飽和脂肪酸が多い油:グレープシード油、オリーブ油、ゴマ油


3)
ω-3系の不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)の摂取

α-リノレン酸は日本人が昔から多く摂取している白菜・キャベツ・大根などナタネ科、

エゴマ、シソなどシソ科、

カボチャ、ネギ、ピーマン、トマト、ホウレン草、春菊などの野菜、芋類、大豆、マメ科植物、果実に多いので、野菜(生野菜、ゆで野菜)、

野菜たっぷりの汁物、芋類、豆類、豆製品・大豆発酵物、果実などを適量摂取することで、
十分な量のω-3系の不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)を摂ることが必要。

もし、上記の野菜などの食品が十分食べられず、油脂で補う場合は、汚染が少なく、トランス脂肪酸が生成されないように低温で絞り、酸化しないように酸素を遮断した方法で作られた
亜麻仁油(フラックス油)を使う。

カナダのフローラ社やオメガニュトリッシュ社がこの方法で亜麻仁油を作っている。

ω-3系の油脂は加熱で変性しトランス脂肪酸が出来やすいので高温では使えない。

サラダなど40℃以下の温度の料理に少量を使う。

成人で大さじ1/2杯(7.5cc)/日、子ども小さじ1/2杯(2.5cc)/日、乳児小さじ1/4杯(1.25cc)/日程度。


4)母乳の摂取

母乳中には、ω-3系、ω-6系の不飽和脂肪酸がバランスよく含まれている。

人工ミルクは、乳脂肪を取り除き、精製された植物性油脂に置き換えているため、トランス脂肪酸を含んでいる可能性がある。

しかし、母親がトランス脂肪酸を摂取している場合は、母乳中に分泌される。

最良の方法は、
母親が、トランス脂肪酸を含む油脂食品は食べないようにして、バランスよく油脂を食べ、母乳を与えること。



アレルギーの人に薦めたい油脂の摂取方法

グレープシードオイル(ソルレーネ社)は高温で変性するので、加熱しすぎないように使う。

揚げ物など油を多量に高温で調理する料理はしない。

炒め物は、油脂を使わずにテフロン加工のフライパンでいため、熱が
冷めてからグレープシードオイルをかけると変性しない。

炒め物に使うなら、加熱しても変性しにくい
有機パーム油やココナッツオイルを使うこともできる。

豚肉を調理するときは、豚の油脂そのものを使う(ラード)。

圧搾絞りナタネ油は、少量を過熱しない料理(温度があまり上がらない野菜炒めなど)に使う。

野菜を充分に摂りながら、少量を温野菜やサラダに使う。

通常は、少量のグレープシードオイルを使い、同時に、野菜を充分に摂ることで、ω-6系とω-3系不飽和脂肪酸をバランスよく摂取できる。

どうしても、野菜が不足で、ω-3系が不足する場合は、少量の
亜麻仁油やエゴマ・シソ油(トランス脂肪酸量が少ないもの)を温野菜やサラダに使う。

高温での調理、オーブンでの調理には、トランス脂肪酸含有が少なく熱で変性しにくいダーボン社有機パーム油ショートニングを使う。




植物性油脂

1)
グレープシード油:ブドウ酒を作るために果汁を絞った残りのブドウの種を乾燥させ、絞った油。

リノール酸(多価不飽和脂肪酸、約65%)、オレイン酸(一価不飽和脂肪酸、約18%)を含む。

ブドウ栽培で使用した
農薬は果皮に残留するため、厚い果肉に守られた種子は汚染が軽く、それを絞った油にも残留が少ないのではないかと思われる。

さらに、絞られた油が瓶詰めされた状態で輸入されるため、ポストハーベスト(輸入時に原料となる種子の害虫を駆除するために使われる)されていない。

経験上、
アレルギー児が使ってもアレルギーが悪化しにくい。

ビタミンEが多いため酸化しにくく、過酸化脂質(過剰な活性酸素によって作られ細胞を傷つけアレルギー症状を悪化させる物質)が出来にくい。

ただし、アレルギー症状を悪化させる作用があるリノール酸の含有が多いので過剰な摂取は避ける。

高温で調理する料理でも少量を使うことができる。

グレープシード油は製造方法よって、トランス脂肪酸含有量にかなりの差がある。

アレルギー治療用に長年使ってきたソル・レオーネ社のグレープシード油はトランス脂肪酸含有が少なく、この
グレープシード油に代えると、皮膚からの吹き出しが軽減し、耳切れがなくなり、アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患が改善する。

他にも、国内の各社がグレープシード油を生産しているが、臨床的には、これらの油脂を使用している例ではアレルギーが悪化する。

2006年5月にガスクロマトグラフを使って(検査会社SRLに依頼)、各油脂中のトランス脂肪酸量を測定したところ、
ソル・レオーネ社のグレープシード油が低値であった。



植物性油脂中のトランス脂肪酸測定結果

2)
圧縮絞りナタネ油(キャノーラ油):輸入したキャノーラ(心臓疾患などに悪影響を与える脂肪酸の一種エルシン酸が少ないナタネの品種)を使って、圧搾絞りで作られている。

輸入時の農薬の残留の問題が残るが、ω-6系不飽和脂肪酸、ω-3系不飽和脂肪酸、ビタミンK、ベータカロチン、ビタミンEなどを含む。

ω-3系不飽和脂肪酸を含むので高温(160℃以上)での調理には向いていない。
 
3)国産ナタネ使用ナタネ油:国産ナタネは、エルシン酸(エルカ酸)が多い欠点があり、輸入ナタネが植物性油脂の原料に使われてきた。

しかし、1990年に東北農業試験場(現:東北農業研究センター)が、エルシン酸を含まない国産キザキノナタネを開発し、1992年から青森県で作付けされるようになり油に加工されて販売されている。

ナタネ油には厚生労働省の研究班(主任研究者奥山治美先)の報告では脳卒中易発症性高血圧自然発症ラットに食べさせると寿命を短くしてしまう何からの成分が含まれている。

また、ラットの精巣中の男性ホルモンであるテストステロン量を減少させる作用が認められた(環境ホルモン作用)。

4)オリーブ油:ω-3系の不飽和脂肪酸が少なく、高温でも変性しにくく、高温での調理に使える。

しかし、
実から油を圧搾して絞るため、栽培時に使われた農薬が油に残留する可能性がある。

有機栽培のエクストラバージンオリーブオイルを使う必要がある。


特異な臭いがして、使いにくい。

厚生労働省の研究班(主任研究者奥山治美先)の報告では脳卒中易発症性高血圧自然発症ラットに食べさせると寿命を短くしてしまう何からの成分が含まれている。

5)
ゴマ油:圧搾して絞られビタミンEも豊富で、ω-3系の不飽和脂肪酸が少なく高温でも変性しにくいため、高温での調理も可能で、香りもよい。

しかし、ゴマアレルギーが多いため、アレルギー児では使用しにくい。

また、ゴマのセサミンが脂肪酸代謝を落とすので多量の摂取は避けたい。

6)
大豆油、コーン油、ナタネ油など輸入された原料を使った油は、輸入時に害虫駆除の目的で混ぜられた有機リン系殺虫剤が種子表面に残留しており、油に残留する可能性が高い。

また、油精製時に石油系溶剤を使用し高温で作られた大豆油、コーン油、ナタネ油は、トランス脂肪酸の生成が高くなる。

この方法で作られた油には酸化を抑制するビタミンEなどの抗酸化物質が少ないため、酸化して過酸化脂質が出来やすく、
アレルギー症状が悪化する可能性が高い。

綿実油も栽培時農薬で汚染されている可能性が高く、高温で精製されるため、同様の問題を含む。


7)米油:玄米から白米を精米するときに出た糠から、石油系溶剤で抽出し高温で作られている。

したがって、トランス脂肪酸の生成が高くなっている可能性がある。

また、糠は使用された農薬や、水田のダイオキシンやPCBなど脂溶性化学物質で汚染されているため、米油にも残留している可能性が高く、アレルギー児での使用は推奨できない。

8)圧搾して作られたヤシ油:飽和脂肪酸が多く、熱に強く加熱料理に向いているが、現在販売されているヤシ油(パーム油)は精製を加えた油のため、ビタミンEなどが取り除かれてしまっている。

有機栽培のココナッツオイルがオメガニュトリッシュ社から販売されている。

ダーボン社有機パーム油ショートニングはトランス脂肪酸含有が0.3g/100g油脂と少ないので、高温での調理、オーブンでの調理にはこの油脂を使う。

9)
ベニバナ油:キク科花粉にアレルギーがある場合は使えない。

10)
エコナ:ナタネや大豆を原料にオレイン酸とグリセリンを化学的に反応合成した化合物でジアシルグリセロールを主成分とする合成食用油。

通常の植物性油脂はトリアシルグリセロールが多く、消化・吸収後、中性脂肪に再合成され、エネルギーとして使用されなかった分は体脂肪として蓄積されるが、ジアシルグリセロールは、中性脂肪に再合成されにくい特性をもっている。

しかし、
トランス脂肪酸含有が5.2%と高く、厚生労働省の2003年6月16日 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会新開発食品調査部会の審議で問題になった。

アメリカで販売されている油のEVONAはトランス脂肪酸含有が0%と表示されている。

11)
亜麻仁油(フラックス油)、エゴマ油(シソ油):アレルギー児で欠乏しやすいω-3系の不飽和脂肪酸(α-リノレン酸:リノール酸が起こすアレルギー悪化を抑制する作用がある)が多く含まれるため、うまく使えば、アレルギー症状改善、神経症状緩和などに効果を発揮する。

ただし、酸化しやすく、光・酸素ですぐに過酸化脂質が出来るので、遮光されたビンに入れて冷所で保存し、開封後は早めに使い切る必要がある。

また、高温で酸化・変性(トランス脂肪酸が生成されやすい)するため、40℃以上の高温になる料理では使えない。

国産のエゴマ油(シソ油)は、光(透明なガラス瓶に入れられている)、酸化(開封後は早く使い切る必要があるが表示がない)、温度(高温での調理も可能と表示されているものがある)などを考慮しないで販売されているものが多く注意が必要である。

サラダなど、温度が低い調理方法の料理に少量を使う。

α-リノレン酸は野菜に含まれるため、野菜類を充分に摂取することが大切である(生野菜だけでは、充分な食物繊維、充分量の野菜を摂れないので、充分量の煮た野菜料理を食べる)。

一部の亜麻仁油は牛肉程度のダイオキシン汚染があるので、多量の摂取は避ける。

有機栽培で汚染が少ない原料を使い、トランス脂肪酸が生成されないように低温で絞り、酸化しないように酸素を遮断した方法で作られた亜麻仁油(フラックス油)はカナダのフローラ社やオメガニュトリッシュ社が販売している。

太田油脂(スギヤマ薬品で販売)のしそ油は、ビタミンEおよびビタミンCを加えて安定化させているので、加熱しすぎないように 200℃以下に設定したホットプレートで使うならトランス脂肪酸を増やすことなく使えるとの情報あり。

実際に、ガスクロマトグラフで測定してみました。

スギヤマ薬品のしそ油100g中トランス脂肪酸0.3gの含有で、200℃ 20分の加熱後、しそ油100g中トランス脂肪酸0.4gに増えましたが、まだ、他の油脂に比べると少ない方です。

ただし、加熱時、かなりの魚腐敗臭がしたため、やはり加熱はお薦めできません。

加熱料理には、加熱に強く、トランス脂肪酸含有が少なく熱で変性しにくい
パーム油(ダーボン社有機パーム油ショートニングがお薦め)を使ってください。

12)
ω-3系の不飽和脂肪酸(エイコサペンタエン酸EPAやドコサヘキサエン酸DHA)を含む油脂として魚の油脂があるが、高度のPCB・ダイオキシン、有機塩素系殺虫剤、有機水銀、有機スズなどの汚染があるので、汚染が少ない魚を選択し、摂取量に注意する。


エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸はα-リノレン酸から体内で生成されるので、必須脂肪酸とは言わない。


魚アレルギーがあって魚に含まれるエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸を摂取できなくても、野菜・芋類・豆類・大豆発酵物(味噌など)、
亜麻仁油からα-リノレン酸を摂取すれば体内で生成される。

ただし、α-リノレン酸からエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸を作る酵素がうまく働いていない人がいるので、その場合は、汚染が少ない魚を少量摂取する。

ビタミン類や亜鉛がこれらの代謝酵素を活性化させるので、野菜類をきちんと食べることが必要。

まだ、確実ではないが、トランス脂肪酸摂取が多い人では、これらの酵素の働きが弱いようなので、トランス脂肪酸の摂取を控えるようにする。

海草にも、α-リノレン酸が多いが、有毒な無機ヒ素(発がん性あり)を含む
ヒジキの摂取は薦められない。

他の海草を、適量食べる。


厚生労働省の研究 (主任研究者:奥山治美先生)

一部の油脂(ナタネ油、オリーブ油、大豆硬化油脂など)には、脳卒中易発症性高血圧自然発症ラットに食べさせると寿命を短くしてしまう何からの成分が含まれている。

また、ラットの精巣中の男性ホルモンであるテストステロン量を減少させる作用が認められた


トランス脂肪酸について



トランス脂肪酸について

『真実の暴露』

注意すべき油脂食品




「メディア情報を鵜呑みにしてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾(リスト32)




2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。

第1位のがんは、2015年の全死亡者に占める割合が28.7%となっており、およそ3.5人に1人が「がんで死亡」している状況だ。

がんは1981年以降に死因順位の第1位になってから、一貫して増加している。

80%のガン患者は殺害されていた。

1290428×0.287×0.8≒296282

毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏



………………………………………………………


2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。


破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行 船瀬俊介




リニアモーターカーを推進させているのは、アメリカ (00:25:01)

無駄な公共事業をやらせて、無駄な出費をさせ国力を削ぐ (00:25:15)

リニアモーターカーをやらせようとする最大の黒幕は、アメリカ (00:25:30)

日本の国力を削ぐためにやらしている(00:25:35)



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ①

日本に……(00:10:01)


ジョンレノン(00:00:15)

医師は、教科書や製薬会社に間違いないと 信じて調べない(00:06:19)

日本に (00:10:01)

マイケルの手袋の訳知っています? マイケル ジャクソン (00:14:01)


アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ②



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ③



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ④



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ⑤




医療過誤 船瀬俊介(PDF)


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!
三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。


逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。

「西洋医学が、世界で最高、最高峰の最先端治療だ!」と思っている頭でっかちのお馬鹿さんには何を言っても通じないのか!?と悲しいです。

「お医者さんが言ってるんですよ!?」「テレビでもそんなことは聞いたことがありません」と言われます。

初めは信じられないかもしれませんが、こちらが発信している情報が真実です。

まだあなたは、TVを盲目に信じますか?西洋医を盲目に信じますか?

これらのことは、東洋医学では、当たり前のことです。

ガン関連の本をいくつか読めば、「西洋医学の言ってることはおかしいんじゃないか?」と少しぐらいは気づくはずです。

本読みましたか?本さえ読まないのですか!?本ぐらいは読んで下さいね。

まさか大勢の人が言っていることが間違いで、少数の人が言っていることが真実だなんて信じられませんか?

そんなあなたへ、この言葉を送ります。

地獄への道は善意で敷き詰められている(The road to hell is paved with good intentions)

動画を見て本を読んで、よーく考えてくださいね。

ぼーっとTVを見てるとまた洗脳されて、騙されちゃいますよ!!

こんにちは。船瀬俊介です。

今日はですね、がんと診断された方非常にショックと衝撃は深いと思います。

そういう方、不安も募ってると思いますね。

そして病院で治療を受けてらっしゃる方々。

そういう方々に是非知ってもらいたくて今、みなさんに語りかけているんですが。

まずですね、日本ではがんと診断されたら 間違いなく標準治療というものを受けさせられます。

標準治療っていうのは何かって言うと

まず
抗がん剤 2番目が放射線照射。3番目が手術。

これがいわゆるがんの三大療法と言われる医療法ですね。

これはいわゆる、私はこれを悪魔の3点セットと呼んでるんですけれども、これを逃れる術はありません。

なぜか。

日本の政府が、厚生労働省が、がんの標準治療として認定してるから。

だからもう自動的に、ベルトコンベアー的にこの標準治療を受けさせられるわけです。


それで最初にまずやられるのが抗がん剤の投与。

この抗がん剤については私はもう、『抗ガン剤で殺される』とかそういう本でいろいろ、もうほぼ書きつくすくらい書いてまいりました。

それでもまだ知らないという方多いと思いますけど、まずこの『抗ガン剤で殺される』という赤い帯の本を是非読んでください。

で、さらにこの黄色い帯の、『ガンで死んだら110番 愛する人は殺された』これは過激でもなんでもない。

この黄色い本を読んでいただきたい。

私は なぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。

日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。

マスタードガスです。

イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。

それがもう第一次世界大戦の時に大量に使われ、ドイツ軍によって使われ、イギリス兵にものすごい犠牲者が出た。

さらに連合軍もその毒ガス兵器を大量生産した。

お互いにもう。

それでなぜこの毒ガス兵器がマスタードガスと呼ばれるかというと、マスタード、すなわちからしの臭いが最初ぷーんとするわけです。

それだけならいい、その瞬間に何が起こるかっていうと、腐食した、手が、ボロボロ、ベロベロに剥けていくわけですよ。

顔じゅうの皮膚が剥け落ちてただれてしまいます。

だから糜爛ガスというんです。

びらん、というのはただれ、ようするに皮膚が剥がれ落ちるっていう意味ですね。

これを吸い込むと、今度、気道、気管支の粘膜がやられて、剥がれ落ちますから、そこで喉が塞がれて、呼吸困難で七転八倒で、呼吸困難で死亡するわけです。

そういう死亡者がおそらく第一次世界大戦の時には10万人単位でこの毒ガス兵器の犠牲者が出たはずなんです。

だから1923年、ジュネーブ協定で、化学物質禁止協定、条約でこのマスタードガスというものはもう戦争で禁止しよう、使うのをやめようということで1919年に条約が出来て、それでもうみんな使うのをやめたかって思ったら何がどっこい、条約を締結した国がこっそりみんな大量生産してたいうんだ、笑い話のような話です。

日本もこの、大久野島という、これは広島に浮かぶ小さな孤島ですけれども、別名毒ガス島と呼ばれてる、ここでなんと旧日本陸軍は1929年から終戦までこの島で、ようするにイペリット、すなわちマスタードガスを大量生産してた。

年間に1200トンという、腰抜かす量を作ってました。

それが中国戦線に送られて、中国の人たちに、まさに情け容赦なく浴びせられたんです。

どれだけの人が殺されたか、犠牲になったか。いまだにわかりません。

しかし中国全土でアカとかアオとかキとかそういう名前で毒ガスが散布され、ま、今はその時に敗戦の時に置いたままで、埋めたまま流れてきたから、それがまた新たな、掘り起こされたりして新たな犠牲者を出してますけれども、それだけならば戦争の悲劇で終わるはずなんです。

船瀬 俊介 の ガンで死んだら一一〇番 愛する人は“殺された”―

衝撃!!ガン患者8割は「抗ガン剤」「放射線」「手術」で“殺されている”


ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。

この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。

その典型的なものががんです。

肺がんにかかった方が通常の40倍という、すさまじい発がん性がこれで明らかですね。

だから史上空前の最強レベルの発がん、猛烈なる発がん物質。

それがなんと、そのままですね、戦後 抗がん剤に化けたんです。

なんで抗がん剤に化けたの。

私はいまだにその、はじめは耳を疑い、嘘だろうと思いましたけど。

実は、なぜ抗がん剤を作ったかというと要するに猛烈な発がん性があるからそれを抗がん剤に。

じゃあ、猛烈な、肺がんだけでも40倍も発がんするものをなんで抗がん剤に認定したんですか。

目的は ただ一つ、がんを悪性化させ、さらにその症状をひどくさせるため。


抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ

まず、これは慶応大学の近藤誠先生がはっきり言ってますけども、がん検診で見つかるがんはがんじゃないと。

私はびっくりして聞きました。

それはほとんど良性で、がんもどきとも言うべきものできわめてそれは、ちょっとしたいぼの類みたいなものだから、暮らしを正したりすれば元に戻って消えていく、そういう良性の、いわゆるがんもどき。

そういうものも、抗がん剤をがんがん打つ、すると猛烈な、40倍という猛烈な発がん物質ですから、それは良性のものがあっという間に悪性化するわけだよ。

放射線を当てる。

さらに発がん性ありますから猛烈に悪性化する。

手術で切りまくる。

するとそのストレスでさらに悪性化する。


すなわちがんの三大療法は、がんを治すというよりもがんを悪性化させるための罠だったということを私は断言したい。

代替療法の方が、がんをはるかに治す。

それは食事療法とか、心理療法とか。

そういう自然な代替療法の方ががんを治すということは、1990年のアメリカの政府機関OTA報告という公式の報告でアメリカ政府は断定してるんです。

代替療法の方が抗がん剤、放射線、手術よりもはるかにがんを改善させ治しているという、

このことはアメリカ政府ははっきり1990年に認めてるけどこのニュースも日本には一切伝わらずにですね やはり今抗がん剤漬けになってるのは日本のがん患者さんたちです。

抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)

これはマスタードガスがどういう抗がん剤で使われてるかっていう一つの一覧表ですけどね。

この学術名シクロフォスファミドという、この薬剤がもっとも大量に使われている。

これはどういうものに使われているかっていうと、驚くなかれ あらゆるがんに使われているんです。

要するにがんの混合、抗がん剤の多剤混合療法っていうのが行われてますから、調べてお分かりになるようにですね、その混合療法の、これはマスタードガスが9割使われてる。

これも9割使われてる。

これも9割、これは8割、これも6割。

だからがん患者で抗がん剤投与されたらそこにはマスタードガスが必ず入ってると思ってください。

例えば前立腺がんで使われてるホルモン剤療法というと、ホルモンだと思ったら大間違い。

それにもマスタードガスが使われてる。

だから特に悲惨なのは乳がんの患者です。

乳がんの患者さんは、乳がんの治療ガイドラインというのがありますけども、治療ガイドライン見ると、だいたい8割以上、9割近く、その人達はもう100% 間違いなくマスタードガスを 乳がんの患者さんは投与されるわけです。

その投与されるマスタードガスの正体を見れば 40倍という衝撃の発がん物質です。

史上最強と言っていい発がん物質です。

史上最強の発がん物質を がん患者に打つんだから、もう正気の沙汰じゃないです。

狂気の沙汰です。

しかし彼らはわかって確信犯的にやってる。

ということはなにか。

がんを悪性化させる、がんを治さない、罠の中に引きずり込む、そしてまたさらに症状を悪化させてさらに手術する、放射線当てる。

もうその負のスパイラル、死のスパイラルでね、どんどん引っ張りこんでいって、最後はもうどうしようもない状態まで持っていったのはどうしますか。

今度はモルヒネ、ホスピス。

最後の最後まで命をしゃぶり尽くすっていう、それが現代医療です。

それががん治療ですよ、何ががん治療ですか。

がん治療という名前の大量虐殺が行われている。

だから私はがんで亡くなった方がね、これも岡山大学医学部附属病院のデータで、はっきりしてるんですよ。

80%のがん患者、がんで亡くなったと言われる人の80%は実はがんでなかった、抗がん剤、放射線、手術の副作用で、重大なる医療過誤で虐殺されてたわけです。

まあ身近な例挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸がんを患ってた。

亡くなったのはつい去年、亡くなりましたけど、肺炎ですよ。

大腸がんで何で肺炎で亡くなるんですか。

それはもう岡山大学医学部附属病院ではっきり現れてる。

ほとんど亡くなった方は感染症で亡くなってるわけです。

肺炎、インフルエンザ、院内感染、カンジタ感染。

さまざまなウイルス感染症。

なんでそういう感染症で亡くなるのか。

要するに抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、さらにその造血機能を徹底的に DNAから破壊します。

すると赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。

さらに血小板が破壊されたら血液が凝固しなくなって臓器内出血をおこして多臓器不全で亡くなる。

もっとも怖いのはリンパ球。

白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから、リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、あるいはゼロになる。

すると体中に何が起こるかっていうと、ウイルス、バクテリア、寄生虫、カンジタ菌、カビ、ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。

だから体の目とか鼻とか全部カビまみれになって死んでいきます。

何でカビまみれになるんです。

免疫がゼロになる。

なぜ免疫がゼロになるの。

抗がん剤で、免疫細胞を完全に叩き殺すからです。

戦慄の副作用でしょ?

忌野清志郎さんはロック歌手の、忌野清志郎さんは 最後は無菌室で息を引き取った。

なぜ無菌室なんだよ。

要するに免疫が、抗がん剤で体中免疫細胞がズタズタ、ゼロになってるから無菌室に入れないと体じゅうにカビが生えちゃうわけ。

カビまみれで死ぬわけだ。

だから忌野清志郎さんは カビまみれで殺された。

キャシー中島のお嬢さんは肺炎と診断されて 2、3ヶ月で死んだでしょ。

2、3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけねえ。

猛毒抗がん剤で毒殺されたんですよ。

100% 間違いない。

あと、梨元勝さんですか、芸能リポーターの。

抗がん剤これから打ってきます、って言ってそれから数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生言ってますよ、肺がんでこんだけ早く死ぬことは 絶対にありえない。

抗がん剤の毒で毒殺された。

こんな悲劇が。

その抗がん剤のなかにはマスタードガスが入ってるわけですよ。

戦慄の化学兵器、毒殺兵器が、抗がん剤で注射されてる。

私はこの事実知った時にはもう悪魔だと思ったね。

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている。

さらにそこに行列作ってお願いしますって入って泣いて頼むんだからね。


クルクルパーですはっきり言って。

人間じゃないですよ。

サル以下ですよ。

サルのほうがもっとまともだ。

本能と直感で危機を察知するでしょ。

本能も直感も効かなくなった。

完全に洗脳されて。



原発マフィアと抗ガン剤マフィア 船瀬俊介氏


ガン治療と称した医猟の実態は殺戮のマスタードガス猟 船瀬俊介氏



犯罪ガン治療の正体 船瀬俊介 放射線 抗ガン剤 手術の嘘



「巨大医療利権を斬る」船瀬俊介



抗ガン剤が危ない 船瀬俊介氏



ガン医療のウルトラペテン 三大治療の悪夢 船瀬俊介




北里大学の研究発表によると、交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結果、何と42人に動脈硬化があったそうです。

これは全体の78%に当たります。

小学校高学年では、学校給食の結果、ほとんど全員が内蔵(心臓)の血管が動脈硬化です。


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性(PDF)


……………………
…………………………………


いま、赤ちゃんが赤信号!

アレルギー用のミルクには、トランス脂肪酸は入っていません。
人工ミルク中のトランス脂肪酸



油は缶か光を遮断する瓶に入っているものか、

ヨーロッパ・アメリカ産のものを使って下さい。

(ヨーロッパはトランス脂肪酸は、生産・販売禁止です。アメリカは、表示義務があリます。TRANSFAT 0%と……)

………………………………………………………


油脂中のトランス脂肪酸測定結果
人工ミルク中のトランス脂肪酸




人工ミルク中のトランス脂肪酸


………………………………………………………

油脂中のトランス脂肪酸測定結果



港近くの工場で、水素を付加して、ペットボトルに入れ販売しています。

直輸入のオリーブオイルなら手に入ると思います。

ちなみに、アメリカで販売しているカップヌードル(日清)には、トランス脂肪酸は入っていません。



Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします




注意すべき油脂食品


1)植物性油脂に水素を添加して液状の油脂を固化させた硬化油脂を含む以下の食品の摂取はしない

マーガリン
(トランス脂肪酸が10-13%程度含まれる)

ファットスプレッド(トランス脂肪酸が4-7%含まれる)

クッキーやケーキなど
ショートニングが含まれる食品

卵を使用していないマヨネーズなど

2)植物性油脂を人工的に加工した油脂は摂取を控える

エコナ(トランス脂肪酸が最大5.2%含まれる、最近の調査ではエコナ揚げ油に1.5%)

3)高温で油脂を抽出・精製した植物性油脂の摂取は控える

市販大豆油、米油、コーン油、ナタネ油、綿実油など(トランス脂肪酸が0.4-2.3%程度含まれる)

4)高温の植物性油脂を使って調理した食品・植物性油脂を高温で加工した食品は控える

揚げもの・フライ類、油で揚げたスナック菓子類、揚げせんべい、クッキー、冷凍食品、マヨネーズ、アイスクリーム、レトルトカレー、コーヒー用ミルク、チョコレートなど

5)揚げもの調理に使った油を何回も使わない(ただし、
揚げもの調理自体がお奨めでない

6)
農薬が残留した原料(ポストハーベストされた輸入穀物)から作った油脂は避ける

輸入大豆から作った大豆油、輸入トウモロコシから作ったコーン油、輸入ナタネから作ったナタネ油、輸入小麦のフスマから作った小麦胚芽油など



トランス脂肪酸について

『真実の暴露』

注意すべき油脂食品




「メディア情報を鵜呑みにしてはいけない」船瀬俊介の船瀬塾(リスト32)




2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。

第1位のがんは、2015年の全死亡者に占める割合が28.7%となっており、およそ3.5人に1人が「がんで死亡」している状況だ。

がんは1981年以降に死因順位の第1位になってから、一貫して増加している。

80%のガン患者は殺害されていた。

1290428×0.287×0.8≒296282

毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏



………………………………………………………


2015年人口動態統計 死亡数が最多の129万人 3.5人に1人が「がん」で死亡。


破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行 船瀬俊介




リニアモーターカーを推進させているのは、アメリカ (00:25:01)

無駄な公共事業をやらせて、無駄な出費をさせ国力を削ぐ (00:25:15)

リニアモーターカーをやらせようとする最大の黒幕は、アメリカ (00:25:30)

日本の国力を削ぐためにやらしている(00:25:35)



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ①

日本に……(00:10:01)


ジョンレノン(00:00:15)

医師は、教科書や製薬会社に間違いないと 信じて調べない(00:06:19)

日本に (00:10:01)

マイケルの手袋の訳知っています? マイケル ジャクソン (00:14:01)


アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ②



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ③



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ④



アメノウズメ塾上級サバイバル編 白衣、薬を信じるかは己で決めよ⑤




医療過誤 船瀬俊介(PDF)


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!
三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。


逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。

「西洋医学が、世界で最高、最高峰の最先端治療だ!」と思っている頭でっかちのお馬鹿さんには何を言っても通じないのか!?と悲しいです。

「お医者さんが言ってるんですよ!?」「テレビでもそんなことは聞いたことがありません」と言われます。

初めは信じられないかもしれませんが、こちらが発信している情報が真実です。

まだあなたは、TVを盲目に信じますか?西洋医を盲目に信じますか?


サルのほうがもっとまともだ。

本能と直感で危機を察知するでしょ。

本能も直感も効かなくなった。

完全に洗脳されて。



原発マフィアと抗ガン剤マフィア 船瀬俊介氏


ガン治療と称した医猟の実態は殺戮のマスタードガス猟 船瀬俊介氏



犯罪ガン治療の正体 船瀬俊介 放射線 抗ガン剤 手術の嘘



「巨大医療利権を斬る」船瀬俊介



抗ガン剤が危ない 船瀬俊介氏



ガン医療のウルトラペテン 三大治療の悪夢 船瀬俊介




ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 2010/8/27



本間さんは、殺された (00:20:50)

竹中平蔵 (00:39:09)

秘密戦争に巻き込まれてしまった (00:43:28)

だれも知らない経済のからくり(00:44:30)

世界を支配するマフィアの仕事 (00:45:13)

1913年以降、お金を分配するのは、議会ではなく民間会社 (00:46:00)

日本は、明治時代からイギリスの植民地 (00:48:00)

JAL123便は、アメリカが撃墜した (00:51:38)

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品には有害色素)を入れさせた (00:53:01)

日本を差し上げます(01:03:40)

エネルギーが、ただ同然になる (01:15:30)

すでに癌は治せる(01:11:30)

HIV・サーズ・鳥インフルエンザ・全部、人工的に作っている (01:12:25)

田中角栄・橋本龍太郎・竹下登・大平正芳・小渕恵三は、闇の勢力に殺されたか失脚させられた(01:22:45)

世界のお金を、得体のしれない、密室人間に譲ってはいけない(01:27:50)

アングロサクソンプロジェクト (01:45:50)

イルミナティについて (01:53:00)


「FACT2017」01 ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ2017.1.13 (リスト25付)



佐宗邦皇代表「歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相」 ワールドフォーラム特別講演2003年8月



故佐宗邦皇 氏 _ 伊藤博文の犯した犯罪を覆い隠すために作った体系 『歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相 2003年8月』

伊藤博文の犯した犯罪を覆い隠すために作った体系
(00:33:38)

歴史は改竄されている。 (00:00:15)

本能寺の変 (00:00:15)

明智光秀 (00:01:30)

天海 (00:12:30)

明治維新 (00:12:40)

睦仁(むつひと)親王 (00:14:00)

大室寅之祐を すり替えて天皇にした。 (00:14:49)

勝海舟 (00:17:19)

勝海舟・西郷隆盛 (00:19:17)

欧米の植民地勢力に対抗するために、日本・朝鮮半島・中国の3カ国が一緒になって対抗しなければだめだ。(00:19:58)

明治政府の全体の構造が解る (00:22:13)

孝明天皇暗殺(00:24:35)

伊藤博文(00:24:38)

厠・槍(00:25:42)

睦仁(むつひと)親王 (00:26:26)

南朝系の天皇であると宣言できなかった。(00:30:21)

中丸薫のお父さん (00:31:38)

伊藤博文の犯した犯罪を覆い隠すために作った体系 (00:33:38)

明治憲法自体がインチキ (00:34:25)

どこまで戻ったらいいかというと、明治維新のところまで戻るべき (00:34:35)

世界政府を作ろうとしている(00:43:16)

アメリカを潰すことも入っている(00:43:29)

アメリカが植民地になった(00:43:35)


福島のお母さん達の声




【中丸薫】横田めぐみさんは金正恩の実母



残忍な輸血医猟(血液ハンティング)と瀉血(しゃけつ) 狂った輸血医猟の真相 日本で年間10万人は血液ハンティングの犠牲者



【偽装社会】血液の闇 輸血のペテン「カントンの犬」で検索 平均寿命捏造  内海聡先生 船瀬俊介先生対談




【船瀬俊介・古歩道ベンジャミン】現代医学の大崩壊




【殺戮の医猟トラップ 抗ガン剤の悪意 「人殺し医療」対談 ベンジャミン・フルフォード 船瀬俊介




【偽装社会】よくもここまで騙したな これが人殺し医療サギの実態だ!  悪魔の屠殺剤、抗ガン剤などを使用した毒殺の実態




輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード

昭和天皇は、輸血で崩御された (00:01:05)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:46)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:35)

だから 「
十万人死んでいるのではないか」と言われている。 (00:03:11)

『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:04:32)

輸血は盲点だった、というより医者が99.9%知らないのではないか? (00:05:13)

医学教育の問題だから。 (00:05:15)

輸血は受けてはいけない(00:05:19)

血液への放射線処理は、さらなる悲劇を生みだした (00:07:21)

輸血のさらなる暗部が
免疫力低下だ (00:07:45)

こうして輸血で殺される (00:09:17)



【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

[どんな病気か]

血液の病気では、治療として、輸血(血液製剤を含む)や骨髄移植(こつずいいしょく)(「骨髄移植の知識」)が、よく行なわれるようになりました。

しかし、他人の血液や骨髄(移植片(いしょくへん))には、自己と非自己を見分け、非自己を排除しようとする免疫機能(めんえききのう)のはたらきに主要な役割をはたすリンパ球が含まれています。

輸血や骨髄移植は、白血球(はっけっきゅう)などがうまく機能しない病気をもつ患者さんに対して行なわれることが多く、その患者さん(宿主(しゅくしゅ))は免疫力が低下しているので、適合性のある移植片は生き続けます。

もし、宿主の免疫力が強く、移植片の適合性がなければ、移植片は異物として攻撃され、死んでしまうので、ある意味では問題ありません。

しかし、移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は移植を受けた患者さんを非自己とみて、排除しようとします。

こうして、宿主の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、宿主の組織は主要組織適合抗原(こうげん)という目印がついているので、抗体(こうたい)などでこれを攻撃するようになり、いろいろな症状がおこってきます。

これが移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれるものです。

[症状]

輸血や骨髄移植後しばらくすると、皮膚の表面全体に赤い斑点(はんてん)が現われ、高熱が出てきます。

その後、下痢(げり)や肝臓障害がおこり、あらゆる血球が減少するため、貧血によって衰弱するだけでなく、感染症や出血がおこりやすくなります。

こうして約1か月後には、多くの臓器が傷害され、死にいたります。

[治療]

発病した患者さんの多くが死亡しますが、いまのところ有効な治療法はありません。

したがって、なによりも予防が重要です。

輸血する血液の
リンパ球を死滅させるか、取り除くのが一番です。

そのためのもっともよい方法として、血液に放射線を照射することが行なわれています。
血液に放射線を照射することは、危険です

また、フィルターでリンパ球を取り除く方法もあります。

骨髄移植では、自分の骨髄を取り出し病気の造血細胞だけ除いて体内にもどす、他人の骨髄からGVHDをおこすリンパ球を除いて注入する、

成熟したリンパ球を含まないへその緒(お)の血液を注入するなどの方法が行なわれます。



【偽装社会】エホバの証人輸血拒否事件の真相1/2




【偽装社会】エホバの証人輸血拒否事件の真相2/2




Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします



Trans Fatの危険性(PDF)


………………………………………………………


トランス脂肪酸の危険性

北里大学の研究発表によると、
交通事故で死亡した5歳未満の子供54人を解剖し た結
果、何と42人に動脈硬化があったそうです。

これは
全体の78%に当たります。

小学校高学年では、学校給食の結果、ほとんど全員が内蔵(心臓)の血管が動脈硬化です。

トランス脂肪酸とは、水素をくわえて硬化させたマーガリンやショートニングといった硬化油に含まれる成分 で、動脈硬化や心臓疾患の原因となる悪玉コレステロールを増やすといわれています。

一部牛などの反芻動物 の脂質には若干含まれているようですが、天然植物油には一切含まれない成分で、人間の口にはいる割合のほ とんどが人工的に加工した脂分に含まれているものです。

天然には存在せず人工的に作られたトランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減少させて悪玉コレステロール を増加させるなど、人間の健康に悪影響を与えると言われています。

その結果、トランス脂肪酸を大量に摂取 し続けると、様々な病気を引き起こす危険があります。

現代の多くの油に大量に含まれるトランス脂肪酸には体の役に立つ機能がありません。

そればかりか、老化やガンの原因になる活性酸素をたくさんつくったり、他の重要な脂肪酸の機能を妨げるな ど、さまざまな悪い働きをします。

なかでも危険なのは、トランス脂肪酸が細胞膜にダイレクトに悪影響を及ぼすということです。

細胞膜は単に 細胞と細胞を仕切るだけではありません。

細胞膜は細胞内で発生した老廃物を排泄したり、情報を伝達するな ど、生命活動に欠かせない大切な役割を担っています。

このようにして細胞が全身で 60 兆個以上も存在し、筋肉や骨、内臓、神経、血管、血液といった私たちのパ ーツを形成し、一人の人間として成り立たせてくれています。

そして、 細胞膜は脂質で構成されていますが、トランス脂肪酸が入り込むと、細胞膜の構造や働きが不完全 になってしまうのです。

トランス脂肪酸が引き起こす具体的な体への悪影響について、



トランス脂肪酸の危険 1:動脈硬化や心臓病

トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やすため、多く摂取すると動脈硬化 や心臓病などのリスクが高まると言われています。

トランス脂肪酸は悪玉コレステロールといわれている LDL コレステロールを増加させ、善玉コレステロール といわれている HDL コレステロールを減少させます。

血中の LDL コレステロールが増加し、HDL コレステロールが減少すると、動脈硬化や心臓疾患のリスクが高 まります。

したがって、トランス脂肪酸の摂取と動脈硬化や心臓疾患のリスクには相関関係があると考えられ ます。

これは、飽和脂肪酸と似た作用といえます。

LDL コレステロール、HDL コレステロールの変化は摂取脂肪酸のバランスと総量に影響されますが、トラン ス脂肪酸に関する実験を総括すると、おおむね総エネルギーの 2%以上トランス脂肪酸を摂ると影響が現われ るようです。



トランス脂肪酸の危険 2:アレルギー

トランス脂肪酸は体内で細胞膜の形成時において弱く不安定な細胞膜を作る要因となり、ウイルスや細菌が進 入しすくなって免疫機能を弱らせます。

関節炎等の慢性炎症性疾患、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、 クローン病など多くの病気との関連が指摘されています。

これは、腸壁や皮膚の細胞膜にトランス型脂肪酸が取り込まれると、本来のシス型脂肪酸と立体構造が異な るため細胞膜の隙間ができ、体に有害なものが入り込みアレルギーなどを引き起こすと考えられるからです。

脂肪酸は全ての細胞の細胞膜の原料として不可欠ですが、トランス型に変化すると、体内で細胞膜が作られ るときに弱く不安定な細胞膜となります。

そのため、ウイルスや細菌が進入しすくなって免疫機能を弱らせる ようです。

そのため、アレルゲンとなる異物の進入が心配な子どものアトピー性皮膚炎やアレルギーとの関連 も指摘されているのです。

日本人の平均では、皮下脂肪の中に約 4%のトランス型脂肪酸が含まれますが、アレルギーのある場合はもっ と多量のトランス型脂肪酸を含んでいると言われています。

また、このトランス型脂肪酸を体外に排泄しよう とすると、多量のビタミン類やミネラルを消費することも判明しています。

食生活が、レトルトや外食、市販 のお菓子が続くとアレルギー症状が強くなるという場合は、特に要注意です。

※授乳中の方は特にトランス脂肪酸に気をつけましょう。

母親がトランス型脂肪酸を摂取すれば母乳中に分泌 されます。

急速に成長している乳児が取り込んだトランス型脂肪酸を自分の細胞膜に使うとアレルギーやアト ピー体質になりやすくなります。



トランス脂肪酸の危険 3:認知症、痴呆症

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸の摂取量と認知機能との関係を調べた結果、トランス脂肪酸をたくさんとってい る人ほど、認知機能が早く低下することが判明しています。

トランス脂肪酸や飽和脂肪酸をたくさん摂取する人は、血中に悪玉コレステロールが増えるため心臓だけでな く脳の動脈硬化も進み、 認知機能が早く落ち認知症になりやすくなると考えられます。

米国神経学会が発行 する学術誌『Neurology』に発表された研究では、老人がトランス脂肪酸を大量に摂取すると、認知症になり やすいという結果が出ています。



トランス脂肪酸の危険 4:がん

トランス脂肪酸を摂取すると、トランス脂肪酸の結合している水素原子によって体内の酸化が進み、細胞遺伝 子が酸化されてガンになる可能性が高くなると言われています。

また、トランス脂肪酸は大量の活性酸素をつ くり出してしまうと言われています。

活性酸素は、あらゆる物質のなかでも、もっとも深くがんの発生にかかわっていると考えられています。

アメ リカではガンによる死亡率とトランス脂肪酸を含む植物油の消費率の増加がほぼ一致しているというデータ さえ報告されています。



トランス脂肪酸の危険 5:糖尿病

糖尿病の原因として、トランス脂肪酸もその一因になっていると考えられています。

その理由はトランス脂肪酸が細胞膜の構造を不安定にするため、いくら体がインスリンを分泌しても、それを 受け取る細胞膜の受信機能が鈍くなってしまうからです。

ハーバード大学医科大学院グループは[American Journal of Clinical Nutrition, June 2001]で、 2%のトランス脂肪酸の摂取で、糖尿病のリスクが 39%高まると発 表しています。



トランス脂肪酸の危険 6:脳へのダメージ

トランス脂肪酸は脳にも非常に有害であることが明らかになっています。

なぜなら、脳の 60%は脂質で構成されているからです。

脳の情報伝達にかかわる神経細胞には「オメガ 3」と 呼ばれる不飽和脂肪酸が欠かせません。

脳の神経細胞はオメガ 3 が 20%以上含まれて、はじめて情報が正しく伝達されるといわれているからです。

実際にアルツハイマー、認知症、ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は、脳の神経細胞中にオメガ 3 が非常に 少ないことが分かっています。

現代人の食事は老若男女を問わず、トランス脂肪酸があふれ、オメガ 3 が欠乏している状態にあるといえます。

オメガ 3 が不足すると代わりにトランス脂肪酸が脳神経の構成材料として使われやすくなりますが、トランス 脂肪酸は脳の伝達神経機能を変形させてしまいます。

そのような状態が毎日、何年も繰り返されることで、 ADHD、情緒不安定、うつ、集中障害など脳の重要な機能低下を招く恐れがあります。

※特に妊婦や乳幼児、子どもにはトランス脂肪酸は危険です。

胎児期から乳児期にかけて、オメガ 3 が不足し、 トランス脂肪酸を多く摂ると、「脳の栄養失調」状態が続くことになり、脳へ大きなダメージを与え兼ねませ ん。

α-リノール酸は食生活で過剰摂取になる傾向が強いので注意が必要。

脂質
http://yyy1496.web.fc2.com/lipid_201212.htm


太田龍 二・二六事件の真相、全面開示


………………………………………………………

太田龍 二・二六事件の真相(PDF)

………………………………………………………

天皇の陰謀(動画)

………………………………………………………

天皇の陰謀(訳読)

………………………………………………………

昭和天皇_財界の為の戦争_『アヘン事業・侵略ビジネス』

………………………………………………………

昭和天皇&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス(PDF)
………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会

………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会(PDF)

………………………………………………………

島津論文 (福島原発事故の原因)

………………………………………………………

島津論文 英文PDF

………………………………………………………

島津論文 和文PDF

………………………………………………………

日本の真相 鬼塚英昭

…………………

日本の真相 鬼塚英昭(PDF)

………………………………………………………

広島原爆投下の真相_鬼塚英昭_日本のいちばん醜い日

………………………………………………………

広島原爆投下の真相(PDF)

………………………………………………………
スライヴ 『THRIVE フォスター・ギャンブル』

………………………………………………………

スライヴ (PDF)

………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画



基礎編

科学編
発展編
科学


応用編・環境問題

有機編

環境科学&健康問題


環境問題Ⅰ

環境問題Ⅱ

環境問題Ⅲ

探究課題


生物基礎

理科総合

化学基礎


化学実験

物理基礎

科学と人間生活


リンク集

2014年度RK講演会

2013年度RK講演会

アメノウズメ塾


歴史・社会学

真実の陰謀論

二・二六事件の真相

リンク集2

ワクチン


環境問題

ガン・健康

リンク集3

未来への真実


国家非常事態対策委員会①

国家非常事態対策委員会

国家非常事態対策委


真実1

真実2

真実3


リンク4

リンク5

リンク6


トランス脂肪酸


真実①

真実②


事実1

事実2

事実3


現実1

現実2

現実3


リンクA

リンクB

リンクC


覚醒1

覚醒2

覚醒3


温故知新

知新

探究


探究1

探究2

探究3


知新1

知新2

知新3


温故知新1

温故知新2

温故知新3


発見

発見1

発見2

発見3


明快1

明快2

明快3


解明

解明1

解明2

解明3


未来への真実1

未来への真実2

未来への真実3


真実の陰謀論1

真実の陰謀論2


明解1

明明2

明解3


覚醒1

覚醒2

覚醒3


覚醒A

覚醒B

覚醒C




安保徹

太田龍

佐宗邦皇

孫崎享

石田昭

平井憲夫

船瀬俊介

泉パウロ

与国秀行

武田邦彦

宇野正美

鬼塚英昭

リチャ-ド・コシミズ

ベンジャミン・フルフォ-ド

Sayu FlatmoundJOURNAL

ハリー山科


中丸薫



毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。

お札にしては、いけません

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相

胆石

北朝鮮のミサイルは、日本・韓国(朝鮮半島)を守るためにある

破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行



ガンマフィア

本当はガンは治る

医療過誤(PDF)

安保流「がんを治す4か条」 (PDF)


ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)


安保徹講演_( 2013.06.09 星陵会館 )

犠牲者は、年間29万6千人


国家が主要メンバー

これも政策的なんです

ガンは 実は数週間で治せる

輸血で殺される GVHD

胆石

北朝鮮のミサイルは、日本・韓国(朝鮮半島)を守るためにある

小児は大人に比べて食物から受ける有機リン系殺虫剤の影響が大きい

千葉の沖に捨てに行っていました



トランス脂肪酸について

『真実の暴露』

NEW 改革

ワクチン

犯罪ガン治療の正体_放射線_抗ガン剤_手術の嘘

これも政策的なんです

中曽根は、実は北朝鮮籍なんですよ

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

お札にしては、いけません

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

ガンは 実は数週間で治せる


毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた

観取

移植片対宿主病(GVHD)

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会

マイケル・ジャクソンの死



大室寅之祐に すり替えて天皇にした

二・二六事件の真相、全面開示

第二次世界大戦もインチキな戦争だった

ユダヤ人について知らねばならない

日本は、明治時代からイギリスの植民地

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物を入れさせた

二・二六事件の真相


十一面観音などと名前をつけて守った存在と、それを導いた女神が 別の存在だと気がついていた訳です

天皇を国家元首とする憲法改正を前に、最後の象徴天皇として生前退位の意向を示した2つの目的

ダムで川が腐れ、風車で木が枯れる

天皇が内通していた

「さゆふらっとまうんど」 は、なぜ殺されないのか

明治以降の中枢部に、ワン・ワールド、フリーメイソンの指揮系統がずっと機能している

HAARP ・世界を13家族が支配

御巣鷹山JAL123便墜落事件の真相について

だまされるエネルギー

偽クーデタをデッチアゲ

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます

千葉の沖に捨てに行っていました

破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行



明治憲法自体が、インチキ

仕組まれた戦争

小保方晴子著「あの日」を読んで

霊統

【古代海底都市】与那国島

長く生きられないように仕向けられている

日本の天皇家は、日本のものではない。裏担当は、戦前はロスチャイルド、戦後はロックフェラー

一厘の仕組

イルミナティの、傀儡として作られた歴代天皇 こういうものを批判的、客観的 詳細に検証していく精神的・心理的な力が必要です

日本とフリーメイソンの関係

ヒトラーは、死ななかった・ナチスの幹部5000人も死刑を受けなかった

広島に、8月6日 午前8時頃と回答したのは、天皇一派であったのだ

イルミナティ、サタニスト 世界権力によって育成された極めて有能な傀儡である

女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている

検診受けてはいけない



天皇の陰謀

天皇陛下は、篭の中の鳥、自由がない、日本のものではなく外国の代表

フランスの核実験も日本のプロトニウムで核実験をやっている

アクリルアミド

常識として疑いもしなかっうたことが、実は意図的に歪められ…

リチャード・アミタージ、マイケル・グリーン、カーク・キャンベルを、野放しにしてはならない

マスコミは権力者層の広報であり、彼らの手先

情報の見分け方

ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)

カーチャは、シベリアの収容所で死亡

国家非常事態対策委

輸血で殺される GVHD

安保徹先生 死因

国際金融マフィアが知り、天皇一族を操っている

ザビエル「日本は、この地上から抹殺されるべきだ」

ガン治療が間違っているときは、見つけた方が不利

ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています

御巣鷹山JAL123便墜落の真相

ベンジャミン・フルフォード & レオ・ザガミ

心の痛みを感じない者が日本のリーダーになる。これを正さなければ未来はない

ペンタゴン・ロシア軍・中国軍は金融マフィアに騙された第3次世界大戦はやらない

横田めぐみさんの北朝鮮への拉致の真相

医療マフィア

チ【魂の質】

チスジ

天皇が被爆に加担した

イルミナティ、サタニスト 世界権力の道具

666

イルミナリティのワンワールドの意志

ネットの力で、秘密が秘密でなくなる

バーボンに、アジュバンド

第二次大戦は、茶番劇

電通の家宅捜査の真の狙い

病院に行くな

破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行



『すべての日本の原発を爆破するぞ』という脅しの電話

アポロ月面映像捏造

病気が治る免疫相談室

東アジア中心の外交戦略の問題点

放射線からどう身を守るか

福島のお母さん達の声

福島原発事故の真実

金融市場は、完全に八百長

島津論文 (福島原発事故の原因)

地震学の基礎にある大きな間違い

早期発見・早期殺害

イルミナティの命令を実行したんですよ

わざと長く生きられないように仕向けられている

リチャード・アミタージは、竹下登に拷問を掛けて殺した

選挙システム自体が、不正選挙システムだからである

NEW 明快

利尿剤・降圧剤・ステロイドは危険

抗ガン剤で殺される

イルミナリティのワンワールドの意志

スターリンに発したい情報を伝える

病気を治せない医者が、大量生産されている

鳩山由紀夫の父親は、笹川良一

我々が体験して学ばなければならない

リチャード・コシミズ氏に電話

小保方晴子著 「あの日」を読んで

彼等の価値観を擦り込まれてしまう

New 覚醒

一厘の仕組み

日本銀行を国有化して下さい

国際連合を設立するために世界大戦が起こされた

国連(国際連合)は、世界民族のものではない

ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています


戦争はすべて八百長

抗癌剤打つな

犠牲者は、年間29万6千人

歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相

狂った輸血医猟の真相

千葉の沖に捨てに行っていました



トランス脂肪酸について

『真実の暴露』

犯罪ガン治療の正体_放射線_抗ガン剤_手術の嘘

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

お札にしては、いけません

輸血で殺される GVHD



戦争は すべて八百長

戦争は継続しなければいけない

第二次大戦は茶番劇

第二次世界大戦も、この人達によって最初から脚本どうりに演出されたインチキな戦争だった

第3次世界大戦は、起きますか

国際連合を設立するために世界大戦が起こされた

わざと戦争を起こしたと思っている人達は陰謀論者


仕組まれた戦争


歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相

胆石

北朝鮮のミサイルは、日本・韓国(朝鮮半島)を守るためにある

小児は大人に比べて食物から受ける有機リン系殺虫剤の影響が大きい



医療過誤(PDF)

安保流「がんを治す4か条」 (PDF)


ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)


毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

安保徹講演_( 2013.06.09 星陵会館 )


これも政策的なんです

中曽根は、実は北朝鮮籍なんですよ

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

お札にしては、いけません

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

ガンは 実は数週間で治せる

輸血で殺される GVHD

胆石


トランス脂肪酸

トランス脂肪酸の危険性

狂った輸血医猟の真相

食品から毒を抜く

バーボンに、アジュバンド

食品・化粧品から毒を抜く

ガン・健康

ガン治療が間違っているときは 見つけた方が不利

認知症、痴呆症

移植片対宿主病(GVHD)

お札にしては、いけません

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・添加物を入れさせた


ガン

認知症、痴呆症

糖尿病

花粉症

アレルギ-

小児は大人に比べて食物から受ける有機リン系殺虫剤の影響が大きい



抗ガン剤で殺される

ガン検診受けてはいけない

ガンマフィア

ガン・健康

抗癌剤打つな

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。

長く生きられないように仕向けられている

輸血で殺される GVHD

女性ホルモンや避妊剤を、洗剤やシャンプーや歯磨き粉や化粧品に、ばらまいている

検診受けてはいけない

毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた

ガン治療が間違っているときは、見つけた方が不利

病院に行くな

放射線からどう身を守るか

わざと長く生きられないように仕向けられている

利尿剤・降圧剤・ステロイドは危険

抗ガン剤で殺される

病気を治せない医者が、大量生産されている

国家が主要メンバー

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

ガン・健康

高校生のための地球温暖化論

ガン

認知症、痴呆症

糖尿病

花粉症

アレルギ-

胆石

アレルギーと環境

トランス脂肪酸の危険性

あらゆる薬は、毒である

利尿剤・降圧剤・ステロイドは危険

抗ガン剤で殺される

ガン治療のウラ

早期発見・早期殺害

医療過誤(PDF)

安保流「がんを治す4か条」 (PDF)

ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)

毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

安保徹講演_( 2013.06.09 星陵会館 )

ガンは 実は数週間で治せる

輸血で殺される GVHD

狂った輸血医猟の真相



毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた

ガンマフィア

本当はガンは治る

毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。

犠牲者は、年間29万6千人

国家が主要メンバー

犯罪ガン治療の正体_放射線_抗ガン剤_手術の嘘

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

狂った輸血医猟の真相



トランス脂肪酸について

NEW 改革

ワクチン

これも政策的なんです

中曽根は、実は北朝鮮籍なんですよ

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症



毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた

ロックフェラーの嘘の、癌毒殺治療の詐欺をやめなければ、抗癌剤を使っているお医者さん 刑務所に行きます。

医療マフィア

我々が体験して学ばなければならない

霊統・チ(魂の質)

医療過誤(PDF)

安保流「がんを治す4か条」 (PDF)

ショートニング(食パンに入っています)やマーガリン・コーヒーに入れる白い液体(粉)

毒ガス療法の悪夢_80%のガン患者は殺害されていた

安保徹講演_( 2013.06.09 星陵会館 )

本当はガンは治る

ガンマフィア

犠牲者は、年間29万6千人

国家が主要メンバー

狂った輸血医猟の真相



『真実の暴露』

犯罪ガン治療の正体_放射線_抗ガン剤_手術の嘘

これも政策的なんです

中曽根は、実は北朝鮮籍なんですよ

トランス脂肪酸の危険_ 認知症、痴呆症

お札にしては、いけません

横田めぐみさんは金正恩の実母

地獄行きの新幹線『ガン治療のウラ』

ガンは 実は数週間で治せる

輸血で殺される GVHD

未来への見識

北朝鮮のミサイルは、日本・韓国(朝鮮半島)を守るためにある

小児は大人に比べて食物から受ける有機リン系殺虫剤の影響が大きい

千葉の沖に捨てに行っていました

破綻への超特急 リニアモーターカーの大愚行



















TOP ↑











アクセスカウンター






フッターイメージ
inserted by FC2 system