標準治療






医療は 完全に悪魔と死神に 牛耳られている。船瀬俊介氏


医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている
(00:12:03)


標準治療 (00:00:27)

悪魔の3点セット (00:00:46)


抗癌剤投与 (00:01:04)

マスタードガス(00:01:50)

糜爛ガス(00:02:31)

猛烈な発ガン性(00:05:15)


癌を悪性化させ、さらにひどくさせる(00:05:29)


1990年OTA報告(00:06:35)

乳がんの患者さん(00:08:00)

命を、しゃぶり尽くす(00:08:50)

80%は、副作用で死んでいる(00:09:11)


抗癌剤は、発癌物質

造血機能を、DNAから破壊(00:10:00)

免疫機能が、ゼロになる(00:10:20)


戦慄の副作用(00:10:55)

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている(00:12:03)






医療過誤 船瀬俊介(PDF)


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。(P3)


マスタードガスです。(P3)


イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!





ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、


癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、


その情報を故意に報道規制したため、



この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対しして無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されて 、

いる事実があり、4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。






毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されている 船瀬俊介氏


80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)


ガンマフィア
(00:26:01)

国家が主要メンバー(00:26:09)

マスメディア(00:27:09)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:30:09)

医者への接待費40~50万(00:31:06)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:31)

15兆円の利権(00:35:50)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:24)

毒殺 (00:36:57)

放射線(00:39:04)

DNA破壊(00:40:08)

手術 (00:40:45)

悪魔の利権 (00:41:10)

癌を増殖させる作用(00:42:10)

80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:17:36)

活性増殖細胞 (01:18:40)

NK細胞は、精神に反応する (01:19:02)

早期発見・早期殺害(01:20:18)






輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード


昭和天皇は、昭和天皇は、輸血で死んだ (00:00:14)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:00)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:00)

だから
十万人死んでいるのではないか と言われている。 (00:02:32)


『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:03:51)

輸血は盲点だった、というより
医者が99.9%知らないのではないか? (00:04:32)

医学教育の問題だから。 (00:04:39)



移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

血液の人に対する病気

【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

Graft(移植片:血液) - Versus(対) - Host(宿主:人間) Disease(病)



【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】


移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

[どんな病気か]

血液の病気では、治療として、輸血(血液製剤を含む)や骨髄移植(こつずいいしょく)が、

よく行なわれるようになりました。

しかし、他人の血液や骨髄(移植片(いしょくへん))には、自己と非自己を見分け、


非自己を排除しようとする免疫機能(めんえききのう)のはたらきに主要な役割を はたす リンパ球 が含まれています。

輸血や骨髄移植は、白血球(はっけっきゅう)などがうまく機能しない病気をもつ患者さんに対して行なわれることが多く、

その患者さん(宿主(しゅくしゅ))は免疫力が低下しているので、適合性のある移植片は生き続けます。

もし、宿主の免疫力が強く、移植片の適合性がなければ、移植片は異物として攻撃され、死んでしまうので、

ある意味では問題ありません。

しかし、移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は移植を受けた患者さんを非自己とみて、排除しようとします。

こうして、宿主の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、

宿主の組織は主要組織適合抗原(こうげん)という目印がついているので、

抗体(こうたい)などでこれを攻撃するようになり、いろいろな症状がおこってきます。

これが移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれるものです。

[症状]

輸血や骨髄移植後しばらくすると、皮膚の表面全体に赤い斑点(はんてん)が現われ、高熱が出てきます。

その後、下痢(げり)や肝臓障害がおこり、あらゆる血球が減少するため、貧血によって衰弱するだけでなく、

感染症や出血がおこりやすくなります。

こうして約1か月後には、多くの臓器が傷害され、死にいたります。

[治療]

発病した患者さんの多くが死亡しますが、いまのところ有効な治療法はありません。

したがって、なによりも予防が重要です。

輸血する血液の
リンパ球を死滅させるか、取り除くのが一番です。

そのためのもっともよい方法として、血液に放射線を照射することが行なわれています。

血液に放射線を照射することは、危険です


また、フィルターでリンパ球を取り除く方法もあります。

骨髄移植では、自分の骨髄を取り出し病気の造血細胞だけ除いて体内にもどす、

他人の骨髄からGVHDをおこすリンパ球を除いて注入する、

成熟したリンパ球を含まないへその緒(お)の血液を注入するなどの方法が行なわれます。






故 安保徹 先生 (PDF)




「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)


抗がん剤治療であれば、治療をやめるとリンパ球が上昇しますが、

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。


つまり、がんと闘う力を最も削いでしまう治療法なのです。(P7)








こんにちは。船瀬俊介です。


今日はですね、
がんと診断された方非常にショックと衝撃は深いと思います。

そういう方、不安も募ってると思いますね。

そして病院で治療を受けてらっしゃる方々。

そういう方々に是非知ってもらいたくて今、みなさんに語りかけているんですが。

まずですね、日本ではがんと診断されたら間違いなく標準治療というものを受けさせられます。

標準治療っていうのは何かって言うと


まず
抗がん剤


2番目が
放射線照射。


3番目が
手術。


これがいわゆるがんの三大療法と言われる医療法ですね。

これはいわゆる、私はこれを
悪魔の3点セットと呼んでるんですけれども、


これを逃れる術はありません。

なぜか。

日本の政府が、厚生労働省が、がんの標準治療として認定してるから。


だからもう自動的に、ベルトコンベアー的にこの標準治療を受けさせられるわけです。


それで最初にまずやられるのが抗がん剤の投与。

この抗がん剤については私はもう、『
抗ガン剤で殺される』とかそういう本でいろいろ、

もうほぼ書きつくすくらい書いてまいりました。

それでもまだ知らないという方多いと思いますけど、

まずこの『
抗ガン剤で殺される』という赤い帯の本を是非読んでください。

で、さらにこの黄色い帯の、『
ガンで死んだら110番 愛する人は殺された』これは過激でもなんでもない。

この黄色い本を読んでいただきたい。


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、

わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。


マスタードガスです。


イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


それがもう第一次世界大戦の時に大量に使われ、

ドイツ軍によって使われ、イギリス兵にものすごい犠牲者が出た。

さらに連合軍もその毒ガス兵器を大量生産した。

お互いにもう。

それでなぜこの毒ガス兵器がマスタードガスと呼ばれるかというと、マスタード、すなわち

からしの臭いが最初ぷーんとするわけです。

それだけならいい、その瞬間に何が起こるかっていうと、

腐食した、手が、ボロボロ、ベロベロに剥けていくわけですよ。

顔じゅうの皮膚が剥け落ちてただれてしまいます。だから糜爛ガスというんです。

びらん、というのはただれ、ようするに皮膚が剥がれ落ちるっていう意味ですね。

これを吸い込むと、今度、気道、気管支の粘膜がやられて、

剥がれ落ちますから、そこで喉が塞がれて、

呼吸困難で七転八倒で、呼吸困難で死亡するわけです。

そういう死亡者がおそらく第一次世界大戦の時には

10万人単位でこの毒ガス兵器の犠牲者が出たはずなんです。

だから1923年、ジュネーブ協定で、化学物質禁止協定、

条約でこのマスタードガスというものはもう戦争で禁止しよう、

使うのをやめようということで1919年に条約が出来て、

それでもうみんな使うのをやめたかって思ったら何がどっこい、

条約を締結した国がこっそりみんな大量生産してたいうんだ、笑い話のような話です。

日本もこの、大久野島という、

これは
広島に浮かぶ小さな孤島ですけれども、別名毒ガス島と呼ばれてる

ここでなんと旧日本陸軍は1929年から終戦までこの島で、ようするにイペリット、

すなわちマスタードガスを大量生産してた。

年間に1200トンという、腰抜かす量を作ってました。

それが中国戦線に送られて、中国の人たちに、まさに情け容赦なく浴びせられたんです。

どれだけの人が殺されたか、犠牲になったか。

いまだにわかりません。

しかし中国全土でアカとかアオとかキとかそういう名前で毒ガスが散布され、

ま、今はその時に敗戦の時に置いたままで、埋めたまま流れてきたから、

それがまた新たな、掘り起こされたりして新たな犠牲者を出してますけれども、

それだけならば戦争の悲劇で終わるはずなんです。

ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、

なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。

この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、

その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。

その典型的なものががんです。

肺がんにかかった方が通常の40倍という、すさまじい発がん性がこれで明らかですね。

だから史上空前の
最強レベルの発がん、猛烈なる発がん物質。

それがなんと、そのままですね、
戦後抗がん剤に化けたんです。

なんで抗がん剤に化けたの。

私はいまだにその、はじめは耳を疑い、嘘だろうと思いましたけど。

実は、
なぜ抗がん剤を作ったかというと要するに猛烈な発がん性があるからそれを抗がん剤に。

じゃあ、猛烈な、肺がんだけでも40倍も発がんするものをなんで抗がん剤に認定したんですか。

目的はただ一つ、がんを悪性化させ、さらにその症状をひどくさせるため。


まず、これは慶応大学の近藤誠先生がはっきり言ってますけども、

がん検診で見つかるがんはがんじゃないと。

私はびっくりして聞きました。

それはほとんど良性で、がんもどきとも言うべきものできわめてそれは、

ちょっとしたいぼの類みたいなものだから、

暮らしを正したりすれば元に戻って消えていく、そういう良性の、いわゆるがんもどき。

そういうものも、抗がん剤をがんがん打つ、すると猛烈な、40倍という猛烈な発がん物質ですから、


それは良性のものがあっという間に悪性化するわけだよ。



放射線を当てる。さらに発がん性ありますから猛烈に悪性化する。


手術で切りまくる。

するとそのストレスでさらに悪性化する。

すなわちがんの三大療法は


がんを治すというよりもがんを悪性化させるための罠だったということを私は断言したい。



代替療法の方ががんをはるかに治す。

それは食事療法とか、心理療法とか。

そういう自然な代替療法の方ががんを治すということは

1990年のアメリカの政府機関OTA報告という公式の報告で

アメリカ政府は断定してるんです。

代替療法の方が抗がん剤、放射線、手術よりもはるかにがんを改善させ治しているという、

このことはアメリカ政府ははっきり1990年に認めてるけど

このニュースも日本には一切伝わらずにですね

やはり今抗がん剤漬けになってるのは日本のがん患者さんたちです。




抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)

これはマスタードガスがどういう抗がん剤で使われてるかっていう一つの一覧表ですけどね。

この学術名シクロフォスファミドという、この薬剤がもっとも大量に使われている。

これはどういうものに使われているかっていうと、

驚くなかれ
あらゆるがんに使われているんです。


要するにがんの混合、抗がん剤の多剤混合療法っていうのが行われてますから、

調べてお分かりになるようにですね、

その混合療法の、これはマスタードガスが9割使われてる。

これも9割使われてる。

これも9割、これは8割、これも6割。

だからがん患者で抗がん剤投与されたらそこにはマスタードガスが必ず入ってると思ってください。

例えば前立腺がんで使われてるホルモン剤療法というと、ホルモンだと思ったら大間違い。

それにもマスタードガスが使われてる。

だから特に悲惨なのは乳がんの患者です。



乳がんの患者さんは、乳がんの治療ガイドラインというのがありますけども、

治療ガイドライン見ると、だいたい8割以上、9割近く、

その人達はもう100%間違いなくマスタードガスを乳がんの患者さんは投与されるわけです。

その投与されるマスタードガスの正体を見れば40倍という衝撃の発がん物質です。

史上最強と言っていい発がん物質です。

史上最強の発がん物質をがん患者に打つんだから、もう正気の沙汰じゃないです。

狂気の沙汰です。

しかし彼らはわかって確信犯的にやってる。

ということはなにか。

がんを悪性化させる、がんを治さない、罠の中に引きずり込む、

そしてまたさらに症状を悪化させてさらに手術する、放射線当てる。


もうその負のスパイラル、死のスパイラルでね、

どんどん引っ張りこんでいって、

最後はもうどうしようもない状態まで持っていったのはどうしますか。

今度は
モルヒネ、ホスピス。

最後の最後まで命をしゃぶり尽くすっていう、それが現代医療です。

それががん治療ですよ、何ががん治療ですか。

がん治療という名前の大量虐殺が行われている。

だから私はがんで亡くなった方がね、

これも岡山大学医学部附属病院のデータで、はっきりしてるんですよ。

80%のがん患者、がんで亡くなったと言われる人の
80%は実はがんでなかった、

抗がん剤、放射線、手術の副作用で、重大なる医療過誤で虐殺されてたわけです。


まあ身近な例挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸がんを患ってた。

亡くなったのはつい去年、亡くなりましたけど、肺炎ですよ。

大腸がんで何で肺炎で亡くなるんですか。

それはもう岡山大学医学部附属病院ではっきり現れてる。

ほとんど亡くなった方は感染症で亡くなってるわけです。


肺炎、インフルエンザ、院内感染、カンジタ感染。

さまざまなウイルス感染症。

なんでそういう感染症で亡くなるのか。

要するに抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、

さらにその造血機能を徹底的にDNAから破壊します。

すると赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。

さらに血小板が破壊されたら血液が凝固しなくなって臓器内出血をおこして多臓器不全で亡くなる。

もっとも怖いのはリンパ球。

白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから、

リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、あるいはゼロになる。


すると体中に何が起こるかっていうと、ウイルス、バクテリア、寄生虫、カンジタ菌、カビ、

ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。

だから体の目とか鼻とか全部カビまみれになって死んでいきます。

何でカビまみれになるんです。

免疫がゼロになる。

なぜ免疫がゼロになるの。

抗がん剤で免疫細胞を完全に叩き殺すからです。

戦慄の副作用でしょ?

キャシー中島のお嬢さんは肺炎と診断されて2、3ヶ月で死んだでしょ。

2、3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけねえ。

猛毒抗がん剤で毒殺されたんですよ。

100%間違いない。

あと、梨元勝さんですか、芸能リポーターの。

抗がん剤これから打ってきます、って言ってそれから数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生言ってますよ、肺がんでこんだけ早く死ぬことは絶対にありえない。

抗がん剤の毒で毒殺された。

こんな悲劇が。

その抗がん剤のなかにはマスタードガスが入ってるわけですよ。

戦慄の化学兵器、毒殺兵器が、抗がん剤で注射されてる。

私はこの事実知った時にはもう悪魔だと思ったね。

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている。


さらにそこに行列作ってお願いしますって入って泣いて頼むんだからね。

クルクルパーです。

はっきり言って。

人間じゃないですよ。

サル以下ですよ。

サルのほうがもっとまともだ。

本能と直感で危機を察知するでしょ。

本能も直感も効かなくなった。

完全に洗脳されて。

オセロの中島さんなんてレベルじゃねえやな。

「あなたは抗がん剤を投与しないと、あと3ヶ月しか生きられないかもしれません。」

毎日、どこかの病院でがん患者やその家族がこんな理不尽なムンテラに脅かされている。

医者は 「病院の売り上げや自分の業績、権威のための実験台になってください。」といった

本音を決して患者には言わない。


抗がん剤治療や放射線療法・手術で患者を殺しても、

非難され訴えられたり、医師免許を剥奪されることはほとんどなく、


逆に遺族には「よく尽くしていただきました」と感謝されてしまう。

本来不必要であるはずの抗がん剤を多く使い、

ほっといてもわるさしないような癌の手術をしたがる医者ほど

「○○がんの名医」「○○癌の病院ランキング」などと学会やマスコミに祭りたてられる。

欧米の医学や医療産業に洗脳された自称「癌の専門医」は

「自分は癌難民の救世主なんだ」という倒錯した使命感に恍惚を抱き、


利権まみれの癌医療の洗脳されてしまって、

正義で善人であるはずの自分が殺人を扇動していることに気づいていない。

これらの似非専門医が癌の縮小効果を早く出す為だけに、

多剤の抗がん剤投与や放射線療法の併用がおこなわれている。



このような「味噌くそ一緒くた」にした併用療法の横行によって、


副作用や医原死の原因である薬剤や放射線障害が究明できない構造
になっている。


医師が俗に「抗癌剤の効果のエビデンス」といっているのは、

従来の抗がん剤より新薬の方が短期的に奏効(PR,CRの縮小)したり少し延命(MSTの延長)する

というだけの論文のことであることが ほとんどである。

つまりコントロール群(抗がん剤が投与されない群)より

抗がん剤投与群のほうが延命するという医学論文はほとんどないのに、

「新しい抗がん剤は効果があります。」と論理をすり替えて、「都合のいいエビデンス」だけを持ち出して、

治療の選択権を患者に与えないまま、抗癌剤を問答無用にごり押ししてしまう場合が多い。

彼ら自称専門医の使命は、手術実績や抗がん剤の短期的な縮小効果を売りにして、

病院の儲けや自分たちの業績を出すことであり、患者が死んでも「予定通り」としか思っていない。


患者を治療で散々叩いて弱らせておいて、利用するうまみがなくなれば急に関心をなくして無力になり、

「もうこの病院でできる治療はありません」などと、

自分の無知を恥じることなく言い放ってホスピスや緩和ケアに送ろうとする。

血液製剤によるエイズやC型肝炎,医療過誤による死亡と比べ、

ケモ死(抗がん剤による死亡)の数は圧倒的に多い。

それでも欧米の医療業界に洗脳された厚生労働省や医師は抗がん剤の認可や使用を

未だに中止しようとしない。

医師も患者も「自己の治癒力やヴァイタルフォース」を高める医療を忘れている。
 
「癌は制圧するべき悪」と自分の責任で癌を宿したことを忘れ、

「いつか夢の抗癌剤で癌が撲滅する日が来る」という幻想をいつまで抱くのだろうか。

がん患者(肉腫、白血病、リンパ腫も)自身が、

製薬会社や病院のエゴ(利益)のために実験動物や家畜のように利用されていることに気づいたら、

すぐにでも治療を拒否して病院を抜け出す「患者自身の権利」を行使することが大切である。

利権まみれの「エビデンス呪縛」を見抜いて、殺されそうになったら病院を去るか、

勇気をもって医師や病院を告発するべきである。

厚労省がマスコミを通じて、

抗がん剤投与3ヶ月以内に患者を死亡させた病院や主治医を毎日公表するだけで、

営業停止や医師免許停止などのペナルティは課さなくても制裁になり、

自分の利益の為の身勝手で強欲な殺人医療は淘汰されていくと思う。

それでもこの殺人ゲームをやめようとしない医師や製薬メーカー、

厚生労働省の人達は、抗癌剤を自分たちに投与して、

副作用の苦しみを身をもって経験し、

自分たち健常者に投与しても安全であることを自ら示してしていただきたい。

病院という密室でのがん医療や癌産業の実態が丸裸に暴かれる日は近い。

癌を自助療法で治した多くの患者から「リスクを負う余分な治療をしなくても癌は治る」ということを

医者が学べば、「抗癌剤を続けないと助からない」などと患者を脅かすだけの、

「エゴの医療」はなくなっていくと思う。

癌は偶然の事故ではなく過去の自分自身がつくったものであり、治す方向は自分でみつけていくもの。

癌患者自身はガンを授かったことに感謝して、癌と共存しながら自分の人生の役割を悟っていただきたい。



投稿者 a scientist 投稿日 2010/3/26

かつて,肝臓の調子が悪かった時に薬漬けにされて,一層ひどくなってしまったので,

東洋医学で治してもらったことがあります.

それ以来,西洋医学に盲目的に従うことができなくなりました.

著者の船瀬さんについては,ネット上でトンデモ本の執筆者としてたたかれているのを見かけますが,

船瀬さんの本は決して役に立たないものではないと思います。



この本でいえば,

1.合理的な部分がある程度含まれている

:抗がん剤を使うと髪の毛が抜けたり,嘔吐したり,内出血をするが,

これは毒を体外に排出しようとする働きである


2.医師に盲従することの危険性を提示している

:自分の症状や治療方針について,「患者自身で」考えることの重要性を指摘している


3.代替療法の紹介を行うことで,

抗がん剤・放射線・手術以外の道を知るきっかけを与えてくれるなどの点です.一方で,


4.「医師―製薬会社―厚生労働省」の癒着や利権を強調しすぎている

:謀略を印象付けるために,記事を極端にデフォルメしているように読めなくもない

5.表現の仕方が過激である:読者が客観的・冷静に読むことが難しくなるという問題もあります.


安保流「がんを治す4か条」

最近、話題沸騰・ベストセラーになった「免疫革命」の著者、

安保徹教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)の監修された著書、

「安保徹の免疫学入門(宝島社出版)」から、

がんについてのお考えと、治す方法を抜粋させていただきました。

がんは、免疫力を強めることで治すことが出来る。

「現代医学は、誤った方角へ進んでいます。

・・・たとえば、たばこが肺がんの原因である、といわれています。

しかし今日、喫煙率は年々低下しているはずなのに、それとは正反対に、

肺がんによる死亡率はどんどん高くなっている。

これを、どう説明できるのでしょうか。

・・・発がん物質ががんを発症させるということは、誰も証明していない。

たんに、イマジネーションでいっているだけなのですね。

がんと診断されたとき 『このがんの原因はたばこです』とか

『自動車の排気ガスですね』と指摘できる医者はいません。

がんは、免疫抑制の極限で起こる病気なのです。

がんにかかった人は、体の中の免疫が徹底的に抑えつけられるような強いストレスがあっ たはずです。

私たちの気づいたことは、がんの患者さんのほとんどが、

体内のリンパ球の減少によって 『免疫抑制』の状態になっているということでした。

こういう状態に陥ると、体全体を調整する自律神経の一つである交感神経が緊張状態にな ります。

これは働きすぎだとか心に悩みがあるなど、

肉体的・精神的な強いストレスが原因になっているのではないかと考えました。

そこで、患者さんにたずねてみたところ、その考えは、見事に的中したのです。

・・・この肉体的・精神的なストレスこそ、がんの真の原因だったのです。

即刻、今受けている治療をやめてください。

そうして副交感神経を刺激する生き方をすれば 1~2年もしないうちにがんは治ります


がんの原因は体質的なものだとか発がん物質の刺激によるものだと考えられてきました が、

発がんの本当のメカニズムを捉えていないのですから、

実はいまだに治療法は確立し ていないといっていい。

そのため、がんは悪いものだから、それを取り除こうとか叩いて小さくしようという道を たどっている。

それが、手術であり抗がん剤の投与や放射線照射という治療法なのです。

これらは『がんの三大療法』といわれているものですね。

多くの患者さんは、当然のことのように受け入れています。

ところが、がんの発生のメカニズムの解明が間違った道筋をたどっているのですから、

そ れに基づく治療方法が常に正しいとは限らないのです。

さらにこれらの
三大療法はいずれも、免疫システムを抑制する方向にあることに大きな問題があります。

すでに述べたように、がんの本当の原因は強い免疫抑制状態にあるのですから、

方向が180度違っているのです。

たとえ一時的にがんが切除されたり、小さくなったりしても、いずれ再発する可能性もあ り、

その時には、免疫力が弱まっていてがんと戦うことが出来なくなってしまいます。

がんと聞くと、とてつもなく凶悪な細胞を連想し、

生じてしまったら周囲の正常な細胞を 次々と破壊していくという、

おそろしい悪の権化のようなものを連想する人が多いと思い ます。

しかし、実は、がん細胞の生命力は強いものではないのです。


発がんの研究を行う場合にはネズミが実験に使われます。

このとき、ネズミにがんを発生させようとすると、がん細胞を100万個も注射しなくて はなりません。

それでようやく発がんする。

ところが、リンパ球を減らしたネズミ、

つまり免疫力を弱く したネズミの場合には、1000個のがん細胞で発がんします。

がん細胞は、それほどリンパ球に弱いというわけです。


健康な人の体内でも、毎日 100万個ほどのガン細胞は生まれています。

しかし、発病に至らないのは、免疫力が働いてがん細胞を殺しているからなのです。

がんは、免疫力を強めることで治すことが出来ます。


同時に、免疫力を高めるということは、がんの予防にもつながるわけです。

安保流 がんを治す4か条

1 ストレスの多い生活のパタンを見直す

ムリせず、ラクせず 「目標の7割を達成すればよし」とすれば

精神的なストレスはたま らないし、肉体的にも負担がかかりません。


さまざまなストレス

①職場では仕事の量は多くスピードはアップ状態

②リストラや職場での人間関係

③家庭でも夫婦間問題 子供の教育問題 住宅ローン問題 老親介護問題などが山積


2 がんの恐怖から逃れる

がんは決して怖いものではなく、がん細胞はむしろ「弱い細胞」です。

治そうという心こ そが大切です。

がんは不治の病ではありません。恐怖など感じる必要はありません。


3 免疫を抑制するような治療を受けない。

受けているような場合はやめる。

間違った方向に進んでいる三大療法では、がんは決して治りません。

ときには、悪化させすらします。

リンパ球が増えて交感神経の緊張状態が改善されると、がんは退縮していきます。

ですから、もし手術、抗がん剤、放射線照射などの、

免疫を抑制する治療を受けようとする場合あるいは受けている場合には、すぐにやめるべきです。



4 積極的に副交感神経を刺激する

玄米や食物繊維を多くとりましょう。

また小魚、小エビ、発酵食品などはほぼ完全な栄養素が含まれています。


副交感神経を刺激するとリンパ球が増えて免疫力がアップします。


①体にいい物を食べる

②軽い運動を続ける

③笑う



医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!

三大治療は 癌を治すのではなく 悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。

逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。

改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。

「西洋医学が、世界で高、高峰の先端治療だ!」と思っている頭でっかちのお馬鹿 さんには

何を言っても通じないのか!?と悲しいです。

「お医者さんが言ってるんですよ!?

「テレビでもそんなことは聞いたことがありませ」 ん」と言われます。

初めは信じられないかもしれませんが、こちらが発信している情報が真実です。


まだあなたは、 を盲目に信じますか?

西洋医を盲目に信じますか?

これらのことは、東洋医学では、当たり前のことです。

ガン関連の本をいくつか読めば 「西洋医学の言ってることはおかしいんじゃないか?」 、

と少しぐらいは気づくはずです。

本読みましたか?本さえ読まないのですか!?

本ぐらいは読んで下さいね。

まさか大勢の人が言っていることが間違いで、

少数の人が言っていることが真実だなんて 信じられませんか?

The road そんなあなたへ この言葉を送ります 地獄への道は善意で敷き詰められている 。

動画を見て本を読んで、よーく考えてくださいね。

ぼーっと を見てるとまた洗脳され TV て、騙されちゃいますよ!!

こんにちは。船瀬俊介です。

今日はですね、がんと診断された方非常にショックと衝撃は 深いと思います。

そういう方、不安も募ってると思いますね。

そして病院で治療を受けてらっしゃる方々。

そういう方々に是非知ってもらいたくて今、みなさんに語りかけているんですが。


まずですね、日本ではがんと診断されたら間違いなく標準治療というものを受けさせられ ます。

標準治療っていうのは何かって
言うとまず抗がん剤。


2 番目が放射線照射。 3番目が手術。


これがいわゆるがんの三大療法と言われる医療法ですね。

これはいわゆる、私はこれを悪魔の 3点セットと呼んでるんですけれども、これを逃れる術はありません。

なぜか。

日本の政府が、厚生労働省が、がんの標準治療として認定してるから。

だからもう自動的に、ベルトコンベアー的にこの標準治療を受けさせられるわけです。

それで初にまずやられるのが抗がん剤の投与。

この抗がん剤については 私はもう 『抗ガン剤で殺される』とかそういう本でいろいろ、

もうほぼ書きつくすくらい書いてまいりました。

それでもまだ知らないという方多いと思いますけど、

まずこの『
抗ガン剤で殺される』と いう赤い帯の本を是非読んでください。

で、さらにこの黄色い帯の 『
ガンで死んだら110 番 愛する人は殺された

これは過激でもなんでもない。

この黄色い本を読んでいただきたい。

私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、

わたしはその抗がん剤のルーツを突 き止めたわけですね。

日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。

マスタードガスです。

イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。

それがもう第一次世界大戦の時に大量に使われ、

ドイツ軍によって使われ、イギリス兵に ものすごい犠牲者が出た。

さらに連合軍もその毒ガス兵器を大量生産した。

お互いにもう。

それでなぜこの毒ガス兵器がマスタードガスと呼ばれるかというと、

マスタード、すなわ ちからしの臭いが初ぷーんとするわけです。

それだけならいい、
その瞬間に何が起こるかっていうと、

腐食した、手が、ボロボロ、ベ ロベロに剥けていくわけですよ。


顔じゅうの皮膚が剥け落ちてただれてしまいます。

だから糜爛ガスというんです。

びらん、というのはただれ、ようするに皮膚が剥がれ落ちるっていう意味ですね。

これを吸い込むと、今度、気道、気管支の粘膜がやられて、

剥がれ落ちますから、そこで 喉が塞がれて、

呼吸困難で七転八倒で、呼吸困難で死亡するわけです。

そういう死亡者がおそらく第一次世界大戦の時には

10 万人単位でこの毒ガス兵器の犠牲者が出たはずなんです。

だから1923年、ジュネーブ協定で、化学物質禁止協定、条約で

このマスタードガスとい うものはもう戦争で禁止しよう 使うのをやめようということで

1919 年に条約が出来て

それでもうみんな使うのをやめたかって思ったら何がどっこい、

条約を締結した国がこっ そりみんな大量生産してたいうんだ、笑い話のような話です。

日本もこの、大久野島という、これは広島に浮かぶ小さな孤島ですけれども、別名毒ガス 島と呼ばれてる、

ここでなんと旧日本陸軍は 1929年から終戦までこの島で、

ようするに イペリット、すなわちマスタードガスを大量生産してた。


1年間に 200トンという、腰抜かす量を作ってました。

それが中国戦線に送られて、中国の人たちに、まさに情け容赦なく浴びせられたんです。

どれだけの人が殺されたか、犠牲になったか。

いまだにわかりません。

しかし中国全土でアカとかアオとかキとかそういう名前で毒ガスが散布され、

ま、今はそ の時に敗戦の時に置いたままで、埋めたまま流れてきたから、

それがまた新たな、掘り起 こされたりして新たな犠牲者を出してますけれども、

それだけならば戦争の悲劇で終わる はずなんです。



▼船瀬 俊介 の ガンで死んだら一一〇番 愛する人は“殺された”―

衝撃 ガン患者8 割は「抗ガン剤 「放射線 「手術」で“殺されている” !! 」

ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、

なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。


この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、

その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。

その典型的なものが がんです。

肺がんにかかった方が通常の40倍という、すさまじい発がん性がこれで明らかですね。

だから史上空前の強レベルの発がん、猛烈なる発がん物質。


それがなんと、そのままですね、戦後抗がん剤に化けたんです。



なんで抗がん剤に化けたの。

私はいまだにその、はじめは耳を疑い、嘘だろうと思いまし たけど。

実は、なぜ抗がん剤を作ったかというと要するに猛烈な発がん性があるからそれを抗がん剤に。


じゃあ、猛烈な、肺がんだけでも 40倍も発がんするものをなんで抗がん剤に認定したんですか。

目的はただ一つ、がんを悪性化させ、さらにその症状をひどくさせるため。



▼抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ

まず、これは慶応大学の近藤誠先生がはっきり言ってますけども、

がん検診で見つかるが んはがんじゃないと。

私はびっくりして聞きました。

それはほとんど良性で、がんもどきとも言うべきもので きわめて それは、

ちょっとしたいぼの類みたいなものだから、

暮らしを正したりすれば元に 戻って消えていく、
そういう良性の、いわゆるがんもどき。

そういうものも、抗がん剤をがんがん打つ、すると猛烈な、40倍という猛烈な発がん物質ですから、

それは良性のものがあっという間に悪性化するわけだよ。



放射線を当てる。

さらに発がん性ありますから猛烈に悪性化する。

手術で切りまくる。

するとそのストレス でさらに悪性化する。

すなわちがんの
三大療法は

がんを治すというよりもがんを悪性化させるための罠
だったと いうことを私は断言したい。

代替療法の方ががんをはるかに治す。

それは食事療法とか、心理療法とか。

そういう自然な代替療法の方ががんを治すということは1990 年のアメリカの政府機関報告という

公式の報告でアメリカ政府は断定してるんです。

代替療法の方が抗がん剤 放射線 手術よりもはるかにがんを改善させ治しているという

このことはアメリカ政府ははっきり1990年に認めてるけどこのニュースも日本には一切伝わらずにですね

やはり今 
抗がん剤漬けになってるのは日本のがん患者さんたちです。




▼抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)

これはマスタードガスがどういう抗がん剤で使われてるかっていう一つの一覧表ですけど ね。

この学術名
シクロフォスファミドという、この薬剤がもっとも大量に使われている。

これはどういうものに使われているかっていうと、驚くなかれ
あらゆるがんに使われてい るんです。

要するにがんの混合、抗がん剤の多剤混合療法っていうのが行われてますから、

調べてお 分かりになるようにですね。

その混合療法の、これはマスタードガスが9割使われてる。

これも9割使われてる。

だからがん患者で抗がん剤投与されたらそこにはマスタードガスが必ず入ってると思って ください。

例えば前立腺がんで使われてるホルモン剤療法というと、 ホルモンだと思ったら大間違い。

それにもマスタードガスが使われてる。

だから特に悲惨なのは乳がんの患者です。

乳がんの患者さんは、乳がんの治療ガイドライ ンというのがありますけども、

治療ガイドライン見ると、だいたい8割以上、9割近く、その人達はもう 間違いなくマスタードガスを

乳がんの患者さんは 100%投与されるわけです。


その投与されるマスタードガスの正体を見れば40倍という衝撃の発がん物質です。

史上強と言っていい発がん物質です

史上強の発がん物質をがん患者に打つんだから もう正気の沙汰じゃないです。

狂気の沙汰です。

しかし彼らはわかって確信犯的にやってる。

ということはなにか。

がんを悪性化させる、がんを治さない、罠の中に引きずり込む、

そしてまたさらに症状を 悪化させてさらに手術する、放射線当てる。


もうその負のスパイラル、死のスパイラルでね、どんどん引っ張りこんでいって、

後は もうどうしようもない状態まで持っていったのはどうしますか。


今度はモルヒネ、ホスピス。

後の後まで命をしゃぶり尽くすっていう、それが現代医 療です。

それががん治療ですよ、何ががん治療ですか。

がん治療という名前の大量虐殺が行われている。


だから私はがんで亡くなった方がね。

これも岡山大学医学部附属病院のデータで、はっき りしてるんですよ。

がん患者 がんで亡くなったと言われる人の80% は実はがんでなかった。



抗がん剤、放射線、手術の副作用で、重大なる医療過誤で虐殺されてたわけです。


まあ身近な例挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸がんを患ってた。

亡くなったのはつい去年、亡くなりましたけど、肺炎ですよ。

大腸がんで何で肺炎で亡く なるんですか。

それはもう岡山大学医学部附属病院ではっきり現れてる。

ほとんど亡くなった方は、感染症で亡くなってるわけです。

肺炎、インフルエンザ、院内感染、カンジタ感染。

さまざまなウイルス感染症。

なんでそういう感染症で亡くなるのか。

要するに抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、さらにその造血機能を徹底的に から DNA 破壊します。

すると赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。

さらに血小板が破壊されたら血液が凝固 しなくなって臓器内出血をおこして多臓器不全で亡くなる。

もっとも怖いのはリンパ球。

白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから、

リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、 あるいはゼロになる。

すると体中に何が起こるかっていうと、ウイルス、バクテリア、寄生虫、カンジタ菌、カ ビ、


ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。

だから体の目とか鼻とか 全部カビまみれになって死んでいきます。

何でカビまみれになるんです。

免疫がゼロになる。

なぜ免疫がゼロになるの。

抗がん剤で免疫細胞を完全に叩き殺すからです。


戦慄の副作用でしょ?


忌野清志郎さんはロック歌手の、忌野清志郎さんは後は無菌室で息を引き取った。

なぜ無菌室なんだよ。

要するに免疫が、抗がん剤で体中免疫細胞がズタズタ、

ゼロになってるから無菌室に入れないと体じゅうにカビが生えちゃうわけ

カビまみれで死ぬわけだ

だから忌野清志郎さんはカビまみれで殺された。

キャシー中島のお嬢さんは肺炎と診断されて 2 、3ヶ月で死んだでしょ。

2、3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけねえ。

猛毒抗がん剤で毒殺されたんですよ。

100%間違いない。

あと、梨元勝さんですか、芸能リポーターの。

抗がん剤これから打ってきます、って言ってそれから数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生言ってますよ、肺がんでこんだけ早く死ぬことは絶対にありえない。

抗がん剤の毒で毒殺された。

こんな悲劇が。

その抗がん剤のなかにはマスタードガスが入ってるわけですよ。

戦慄の化学兵器、毒殺兵器が、抗がん剤で注射されてる。

私はこの事実知った時にはもう悪魔だと思ったね。

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている (P62)。


さらにそこに行列作ってお願いしますって入って泣いて頼むんだからね。




船瀬俊介























































こんにちは。船瀬俊介です。


今日はですね、
がんと診断された方非常にショックと衝撃は深いと思います。

そういう方、不安も募ってると思いますね。

そして病院で治療を受けてらっしゃる方々。

そういう方々に是非知ってもらいたくて今、みなさんに語りかけているんですが。

まずですね、日本ではがんと診断されたら間違いなく標準治療というものを受けさせられます。

標準治療っていうのは何かって言うと


まず
抗がん剤


2番目が
放射線照射。


3番目が
手術。


これがいわゆるがんの三大療法と言われる医療法ですね。

これはいわゆる、私はこれを
悪魔の3点セットと呼んでるんですけれども、


これを逃れる術はありません。

なぜか。

日本の政府が、厚生労働省が、がんの標準治療として認定してるから。


だからもう自動的に、ベルトコンベアー的にこの標準治療を受けさせられるわけです。


それで最初にまずやられるのが抗がん剤の投与。

この抗がん剤については私はもう、『
抗ガン剤で殺される』とかそういう本でいろいろ、

もうほぼ書きつくすくらい書いてまいりました。

それでもまだ知らないという方多いと思いますけど、

まずこの『
抗ガン剤で殺される』という赤い帯の本を是非読んでください。

で、さらにこの黄色い帯の、『
ガンで死んだら110番 愛する人は殺された』これは過激でもなんでもない。

この黄色い本を読んでいただきたい。


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、

わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。


マスタードガスです。


イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


それがもう第一次世界大戦の時に大量に使われ、

ドイツ軍によって使われ、イギリス兵にものすごい犠牲者が出た。

さらに連合軍もその毒ガス兵器を大量生産した。

お互いにもう。

それでなぜこの毒ガス兵器がマスタードガスと呼ばれるかというと、マスタード、すなわち

からしの臭いが最初ぷーんとするわけです。

それだけならいい、その瞬間に何が起こるかっていうと、

腐食した、手が、ボロボロ、ベロベロに剥けていくわけですよ。

顔じゅうの皮膚が剥け落ちてただれてしまいます。だから糜爛ガスというんです。

びらん、というのはただれ、ようするに皮膚が剥がれ落ちるっていう意味ですね。

これを吸い込むと、今度、気道、気管支の粘膜がやられて、

剥がれ落ちますから、そこで喉が塞がれて、

呼吸困難で七転八倒で、呼吸困難で死亡するわけです。

そういう死亡者がおそらく第一次世界大戦の時には

10万人単位でこの毒ガス兵器の犠牲者が出たはずなんです。

だから1923年、ジュネーブ協定で、化学物質禁止協定、

条約でこのマスタードガスというものはもう戦争で禁止しよう、

使うのをやめようということで1919年に条約が出来て、

それでもうみんな使うのをやめたかって思ったら何がどっこい、

条約を締結した国がこっそりみんな大量生産してたいうんだ、笑い話のような話です。

日本もこの、大久野島という、

これは
広島に浮かぶ小さな孤島ですけれども、別名毒ガス島と呼ばれてる

ここでなんと旧日本陸軍は1929年から終戦までこの島で、ようするにイペリット、

すなわちマスタードガスを大量生産してた。

年間に1200トンという、腰抜かす量を作ってました。

それが中国戦線に送られて、中国の人たちに、まさに情け容赦なく浴びせられたんです。

どれだけの人が殺されたか、犠牲になったか。

いまだにわかりません。

しかし中国全土でアカとかアオとかキとかそういう名前で毒ガスが散布され、

ま、今はその時に敗戦の時に置いたままで、埋めたまま流れてきたから、

それがまた新たな、掘り起こされたりして新たな犠牲者を出してますけれども、

それだけならば戦争の悲劇で終わるはずなんです。

ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、

なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。

この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、

その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。

その典型的なものががんです。

肺がんにかかった方が通常の40倍という、すさまじい発がん性がこれで明らかですね。

だから史上空前の
最強レベルの発がん、猛烈なる発がん物質。

それがなんと、そのままですね、
戦後抗がん剤に化けたんです。

なんで抗がん剤に化けたの。

私はいまだにその、はじめは耳を疑い、嘘だろうと思いましたけど。

実は、
なぜ抗がん剤を作ったかというと要するに猛烈な発がん性があるからそれを抗がん剤に。

じゃあ、猛烈な、肺がんだけでも40倍も発がんするものをなんで抗がん剤に認定したんですか。

目的はただ一つ、がんを悪性化させ、さらにその症状をひどくさせるため。


まず、これは慶応大学の近藤誠先生がはっきり言ってますけども、

がん検診で見つかるがんはがんじゃないと。

私はびっくりして聞きました。

それはほとんど良性で、がんもどきとも言うべきものできわめてそれは、

ちょっとしたいぼの類みたいなものだから、

暮らしを正したりすれば元に戻って消えていく、そういう良性の、いわゆるがんもどき。

そういうものも、抗がん剤をがんがん打つ、すると猛烈な、40倍という猛烈な発がん物質ですから、


それは良性のものがあっという間に悪性化するわけだよ。



放射線を当てる。さらに発がん性ありますから猛烈に悪性化する。


手術で切りまくる。

するとそのストレスでさらに悪性化する。

すなわちがんの三大療法は


がんを治すというよりもがんを悪性化させるための罠だったということを私は断言したい。



代替療法の方ががんをはるかに治す。

それは食事療法とか、心理療法とか。

そういう自然な代替療法の方ががんを治すということは

1990年のアメリカの政府機関OTA報告という公式の報告で

アメリカ政府は断定してるんです。

代替療法の方が抗がん剤、放射線、手術よりもはるかにがんを改善させ治しているという、

このことはアメリカ政府ははっきり1990年に認めてるけど

このニュースも日本には一切伝わらずにですね

やはり今抗がん剤漬けになってるのは日本のがん患者さんたちです。




抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)

これはマスタードガスがどういう抗がん剤で使われてるかっていう一つの一覧表ですけどね。

この学術名シクロフォスファミドという、この薬剤がもっとも大量に使われている。

これはどういうものに使われているかっていうと、

驚くなかれ
あらゆるがんに使われているんです。


要するにがんの混合、抗がん剤の多剤混合療法っていうのが行われてますから、

調べてお分かりになるようにですね、

その混合療法の、これはマスタードガスが9割使われてる。

これも9割使われてる。

これも9割、これは8割、これも6割。

だからがん患者で抗がん剤投与されたらそこにはマスタードガスが必ず入ってると思ってください。

例えば前立腺がんで使われてるホルモン剤療法というと、ホルモンだと思ったら大間違い。

それにもマスタードガスが使われてる。

だから特に悲惨なのは乳がんの患者です。



乳がんの患者さんは、乳がんの治療ガイドラインというのがありますけども、

治療ガイドライン見ると、だいたい8割以上、9割近く、

その人達はもう100%間違いなくマスタードガスを乳がんの患者さんは投与されるわけです。

その投与されるマスタードガスの正体を見れば40倍という衝撃の発がん物質です。

史上最強と言っていい発がん物質です。

史上最強の発がん物質をがん患者に打つんだから、もう正気の沙汰じゃないです。

狂気の沙汰です。

しかし彼らはわかって確信犯的にやってる。

ということはなにか。

がんを悪性化させる、がんを治さない、罠の中に引きずり込む、

そしてまたさらに症状を悪化させてさらに手術する、放射線当てる。


もうその負のスパイラル、死のスパイラルでね、

どんどん引っ張りこんでいって、

最後はもうどうしようもない状態まで持っていったのはどうしますか。

今度は
モルヒネ、ホスピス。

最後の最後まで命をしゃぶり尽くすっていう、それが現代医療です。

それががん治療ですよ、何ががん治療ですか。

がん治療という名前の大量虐殺が行われている。

だから私はがんで亡くなった方がね、

これも岡山大学医学部附属病院のデータで、はっきりしてるんですよ。

80%のがん患者、がんで亡くなったと言われる人の
80%は実はがんでなかった、

抗がん剤、放射線、手術の副作用で、重大なる医療過誤で虐殺されてたわけです。


まあ身近な例挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸がんを患ってた。

亡くなったのはつい去年、亡くなりましたけど、肺炎ですよ。

大腸がんで何で肺炎で亡くなるんですか。

それはもう岡山大学医学部附属病院ではっきり現れてる。

ほとんど亡くなった方は感染症で亡くなってるわけです。


肺炎、インフルエンザ、院内感染、カンジタ感染。

さまざまなウイルス感染症。

なんでそういう感染症で亡くなるのか。

要するに抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、

さらにその造血機能を徹底的にDNAから破壊します。

すると赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。

さらに血小板が破壊されたら血液が凝固しなくなって臓器内出血をおこして多臓器不全で亡くなる。

もっとも怖いのはリンパ球。

白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから、

リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、あるいはゼロになる。


すると体中に何が起こるかっていうと、ウイルス、バクテリア、寄生虫、カンジタ菌、カビ、

ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。

だから体の目とか鼻とか全部カビまみれになって死んでいきます。

何でカビまみれになるんです。

免疫がゼロになる。

なぜ免疫がゼロになるの。

抗がん剤で免疫細胞を完全に叩き殺すからです。

戦慄の副作用でしょ?

キャシー中島のお嬢さんは肺炎と診断されて2、3ヶ月で死んだでしょ。

2、3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけねえ。

猛毒抗がん剤で毒殺されたんですよ。

100%間違いない。

あと、梨元勝さんですか、芸能リポーターの。

抗がん剤これから打ってきます、って言ってそれから数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生言ってますよ、肺がんでこんだけ早く死ぬことは絶対にありえない。

抗がん剤の毒で毒殺された。

こんな悲劇が。

その抗がん剤のなかにはマスタードガスが入ってるわけですよ。

戦慄の化学兵器、毒殺兵器が、抗がん剤で注射されてる。

私はこの事実知った時にはもう悪魔だと思ったね。

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている。


さらにそこに行列作ってお願いしますって入って泣いて頼むんだからね。

クルクルパーです。

はっきり言って。

人間じゃないですよ。

サル以下ですよ。

サルのほうがもっとまともだ。

本能と直感で危機を察知するでしょ。

本能も直感も効かなくなった。

完全に洗脳されて。

オセロの中島さんなんてレベルじゃねえやな。

「あなたは抗がん剤を投与しないと、あと3ヶ月しか生きられないかもしれません。」

毎日、どこかの病院でがん患者やその家族がこんな理不尽なムンテラに脅かされている。

医者は 「病院の売り上げや自分の業績、権威のための実験台になってください。」といった

本音を決して患者には言わない。


抗がん剤治療や放射線療法・手術で患者を殺しても、

非難され訴えられたり、医師免許を剥奪されることはほとんどなく、


逆に遺族には「よく尽くしていただきました」と感謝されてしまう。

本来不必要であるはずの抗がん剤を多く使い、

ほっといてもわるさしないような癌の手術をしたがる医者ほど

「○○がんの名医」「○○癌の病院ランキング」などと学会やマスコミに祭りたてられる。

欧米の医学や医療産業に洗脳された自称「癌の専門医」は

「自分は癌難民の救世主なんだ」という倒錯した使命感に恍惚を抱き、


利権まみれの癌医療の洗脳されてしまって、

正義で善人であるはずの自分が殺人を扇動していることに気づいていない。

これらの似非専門医が癌の縮小効果を早く出す為だけに、

多剤の抗がん剤投与や放射線療法の併用がおこなわれている。



このような「味噌くそ一緒くた」にした併用療法の横行によって、


副作用や医原死の原因である薬剤や放射線障害が究明できない構造
になっている。


医師が俗に「抗癌剤の効果のエビデンス」といっているのは、

従来の抗がん剤より新薬の方が短期的に奏効(PR,CRの縮小)したり少し延命(MSTの延長)する

というだけの論文のことであることが ほとんどである。

つまりコントロール群(抗がん剤が投与されない群)より

抗がん剤投与群のほうが延命するという医学論文はほとんどないのに、

「新しい抗がん剤は効果があります。」と論理をすり替えて、「都合のいいエビデンス」だけを持ち出して、

治療の選択権を患者に与えないまま、抗癌剤を問答無用にごり押ししてしまう場合が多い。

彼ら自称専門医の使命は、手術実績や抗がん剤の短期的な縮小効果を売りにして、

病院の儲けや自分たちの業績を出すことであり、患者が死んでも「予定通り」としか思っていない。


患者を治療で散々叩いて弱らせておいて、利用するうまみがなくなれば急に関心をなくして無力になり、

「もうこの病院でできる治療はありません」などと、

自分の無知を恥じることなく言い放ってホスピスや緩和ケアに送ろうとする。

血液製剤によるエイズやC型肝炎,医療過誤による死亡と比べ、

ケモ死(抗がん剤による死亡)の数は圧倒的に多い。

それでも欧米の医療業界に洗脳された厚生労働省や医師は抗がん剤の認可や使用を

未だに中止しようとしない。

医師も患者も「自己の治癒力やヴァイタルフォース」を高める医療を忘れている。
 
「癌は制圧するべき悪」と自分の責任で癌を宿したことを忘れ、

「いつか夢の抗癌剤で癌が撲滅する日が来る」という幻想をいつまで抱くのだろうか。

がん患者(肉腫、白血病、リンパ腫も)自身が、

製薬会社や病院のエゴ(利益)のために実験動物や家畜のように利用されていることに気づいたら、

すぐにでも治療を拒否して病院を抜け出す「患者自身の権利」を行使することが大切である。

利権まみれの「エビデンス呪縛」を見抜いて、殺されそうになったら病院を去るか、

勇気をもって医師や病院を告発するべきである。

厚労省がマスコミを通じて、

抗がん剤投与3ヶ月以内に患者を死亡させた病院や主治医を毎日公表するだけで、

営業停止や医師免許停止などのペナルティは課さなくても制裁になり、

自分の利益の為の身勝手で強欲な殺人医療は淘汰されていくと思う。

それでもこの殺人ゲームをやめようとしない医師や製薬メーカー、

厚生労働省の人達は、抗癌剤を自分たちに投与して、

副作用の苦しみを身をもって経験し、

自分たち健常者に投与しても安全であることを自ら示してしていただきたい。

病院という密室でのがん医療や癌産業の実態が丸裸に暴かれる日は近い。

癌を自助療法で治した多くの患者から「リスクを負う余分な治療をしなくても癌は治る」ということを

医者が学べば、「抗癌剤を続けないと助からない」などと患者を脅かすだけの、

「エゴの医療」はなくなっていくと思う。

癌は偶然の事故ではなく過去の自分自身がつくったものであり、治す方向は自分でみつけていくもの。

癌患者自身はガンを授かったことに感謝して、癌と共存しながら自分の人生の役割を悟っていただきたい。



投稿者 a scientist 投稿日 2010/3/26

かつて,肝臓の調子が悪かった時に薬漬けにされて,一層ひどくなってしまったので,

東洋医学で治してもらったことがあります.

それ以来,西洋医学に盲目的に従うことができなくなりました.

著者の船瀬さんについては,ネット上でトンデモ本の執筆者としてたたかれているのを見かけますが,

船瀬さんの本は決して役に立たないものではないと思います。



この本でいえば,

1.合理的な部分がある程度含まれている

:抗がん剤を使うと髪の毛が抜けたり,嘔吐したり,内出血をするが,

これは毒を体外に排出しようとする働きである


2.医師に盲従することの危険性を提示している

:自分の症状や治療方針について,「患者自身で」考えることの重要性を指摘している


3.代替療法の紹介を行うことで,

抗がん剤・放射線・手術以外の道を知るきっかけを与えてくれるなどの点です.一方で,


4.「医師―製薬会社―厚生労働省」の癒着や利権を強調しすぎている

:謀略を印象付けるために,記事を極端にデフォルメしているように読めなくもない

5.表現の仕方が過激である:読者が客観的・冷静に読むことが難しくなるという問題もあります.


安保流「がんを治す4か条」

最近、話題沸騰・ベストセラーになった「免疫革命」の著者、

安保徹教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)の監修された著書、

「安保徹の免疫学入門(宝島社出版)」から、

がんについてのお考えと、治す方法を抜粋させていただきました。

がんは、免疫力を強めることで治すことが出来る。

「現代医学は、誤った方角へ進んでいます。

・・・たとえば、たばこが肺がんの原因である、といわれています。

しかし今日、喫煙率は年々低下しているはずなのに、それとは正反対に、

肺がんによる死亡率はどんどん高くなっている。

これを、どう説明できるのでしょうか。

・・・発がん物質ががんを発症させるということは、誰も証明していない。

たんに、イマジネーションでいっているだけなのですね。

がんと診断されたとき 『このがんの原因はたばこです』とか

『自動車の排気ガスですね』と指摘できる医者はいません。

がんは、免疫抑制の極限で起こる病気なのです。

がんにかかった人は、体の中の免疫が徹底的に抑えつけられるような強いストレスがあっ たはずです。

私たちの気づいたことは、がんの患者さんのほとんどが、

体内のリンパ球の減少によって 『免疫抑制』の状態になっているということでした。

こういう状態に陥ると、体全体を調整する自律神経の一つである交感神経が緊張状態にな ります。

これは働きすぎだとか心に悩みがあるなど、

肉体的・精神的な強いストレスが原因になっているのではないかと考えました。

そこで、患者さんにたずねてみたところ、その考えは、見事に的中したのです。

・・・この肉体的・精神的なストレスこそ、がんの真の原因だったのです。

即刻、今受けている治療をやめてください。

そうして副交感神経を刺激する生き方をすれば 1~2年もしないうちにがんは治ります


がんの原因は体質的なものだとか発がん物質の刺激によるものだと考えられてきました が、

発がんの本当のメカニズムを捉えていないのですから、

実はいまだに治療法は確立し ていないといっていい。

そのため、がんは悪いものだから、それを取り除こうとか叩いて小さくしようという道を たどっている。

それが、手術であり抗がん剤の投与や放射線照射という治療法なのです。

これらは『がんの三大療法』といわれているものですね。

多くの患者さんは、当然のことのように受け入れています。

ところが、がんの発生のメカニズムの解明が間違った道筋をたどっているのですから、

そ れに基づく治療方法が常に正しいとは限らないのです。

さらにこれらの
三大療法はいずれも、免疫システムを抑制する方向にあることに大きな問題があります。

すでに述べたように、がんの本当の原因は強い免疫抑制状態にあるのですから、

方向が180度違っているのです。

たとえ一時的にがんが切除されたり、小さくなったりしても、いずれ再発する可能性もあ り、

その時には、免疫力が弱まっていてがんと戦うことが出来なくなってしまいます。

がんと聞くと、とてつもなく凶悪な細胞を連想し、

生じてしまったら周囲の正常な細胞を 次々と破壊していくという、

おそろしい悪の権化のようなものを連想する人が多いと思い ます。

しかし、実は、がん細胞の生命力は強いものではないのです。


発がんの研究を行う場合にはネズミが実験に使われます。

このとき、ネズミにがんを発生させようとすると、がん細胞を100万個も注射しなくて はなりません。

それでようやく発がんする。

ところが、リンパ球を減らしたネズミ、

つまり免疫力を弱く したネズミの場合には、1000個のがん細胞で発がんします。

がん細胞は、それほどリンパ球に弱いというわけです。


健康な人の体内でも、毎日 100万個ほどのガン細胞は生まれています。

しかし、発病に至らないのは、免疫力が働いてがん細胞を殺しているからなのです。

がんは、免疫力を強めることで治すことが出来ます。


同時に、免疫力を高めるということは、がんの予防にもつながるわけです。

安保流 がんを治す4か条

1 ストレスの多い生活のパタンを見直す

ムリせず、ラクせず 「目標の7割を達成すればよし」とすれば

精神的なストレスはたま らないし、肉体的にも負担がかかりません。


さまざまなストレス

①職場では仕事の量は多くスピードはアップ状態

②リストラや職場での人間関係

③家庭でも夫婦間問題 子供の教育問題 住宅ローン問題 老親介護問題などが山積


2 がんの恐怖から逃れる

がんは決して怖いものではなく、がん細胞はむしろ「弱い細胞」です。

治そうという心こ そが大切です。

がんは不治の病ではありません。恐怖など感じる必要はありません。


3 免疫を抑制するような治療を受けない。

受けているような場合はやめる。

間違った方向に進んでいる三大療法では、がんは決して治りません。

ときには、悪化させすらします。

リンパ球が増えて交感神経の緊張状態が改善されると、がんは退縮していきます。

ですから、もし手術、抗がん剤、放射線照射などの、

免疫を抑制する治療を受けようとする場合あるいは受けている場合には、すぐにやめるべきです。



4 積極的に副交感神経を刺激する

玄米や食物繊維を多くとりましょう。

また小魚、小エビ、発酵食品などはほぼ完全な栄養素が含まれています。


副交感神経を刺激するとリンパ球が増えて免疫力がアップします。


①体にいい物を食べる

②軽い運動を続ける

③笑う



医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!

三大治療は 癌を治すのではなく 悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!本を読んで自分の頭を使って考えよう!

これだけ言ってもまだ分からない人がいてげんなりします。

三大治療とは、手術、抗がん剤、放射線治療。

これらは一切状態を良くしません。

逆に「死へまっしぐら」です。

一切よくならない。

改善しない。

自分の頭を使って、情報を集めて考えて下さい。

「西洋医学が、世界で高、高峰の先端治療だ!」と思っている頭でっかちのお馬鹿 さんには

何を言っても通じないのか!?と悲しいです。

「お医者さんが言ってるんですよ!?

「テレビでもそんなことは聞いたことがありませ」 ん」と言われます。

初めは信じられないかもしれませんが、こちらが発信している情報が真実です。


まだあなたは、 を盲目に信じますか?

西洋医を盲目に信じますか?

これらのことは、東洋医学では、当たり前のことです。

ガン関連の本をいくつか読めば 「西洋医学の言ってることはおかしいんじゃないか?」 、

と少しぐらいは気づくはずです。

本読みましたか?本さえ読まないのですか!?

本ぐらいは読んで下さいね。

まさか大勢の人が言っていることが間違いで、

少数の人が言っていることが真実だなんて 信じられませんか?

The road そんなあなたへ この言葉を送ります 地獄への道は善意で敷き詰められている 。

動画を見て本を読んで、よーく考えてくださいね。

ぼーっと を見てるとまた洗脳され TV て、騙されちゃいますよ!!

こんにちは。船瀬俊介です。

今日はですね、がんと診断された方非常にショックと衝撃は 深いと思います。

そういう方、不安も募ってると思いますね。

そして病院で治療を受けてらっしゃる方々。

そういう方々に是非知ってもらいたくて今、みなさんに語りかけているんですが。


まずですね、日本ではがんと診断されたら間違いなく標準治療というものを受けさせられ ます。

標準治療っていうのは何かって
言うとまず抗がん剤。


2 番目が放射線照射。 3番目が手術。


これがいわゆるがんの三大療法と言われる医療法ですね。

これはいわゆる、私はこれを悪魔の 3点セットと呼んでるんですけれども、これを逃れる術はありません。

なぜか。

日本の政府が、厚生労働省が、がんの標準治療として認定してるから。

だからもう自動的に、ベルトコンベアー的にこの標準治療を受けさせられるわけです。

それで初にまずやられるのが抗がん剤の投与。

この抗がん剤については 私はもう 『抗ガン剤で殺される』とかそういう本でいろいろ、

もうほぼ書きつくすくらい書いてまいりました。

それでもまだ知らないという方多いと思いますけど、

まずこの『
抗ガン剤で殺される』と いう赤い帯の本を是非読んでください。

で、さらにこの黄色い帯の 『
ガンで死んだら110 番 愛する人は殺された

これは過激でもなんでもない。

この黄色い本を読んでいただきたい。

私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、

わたしはその抗がん剤のルーツを突 き止めたわけですね。

日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。

マスタードガスです。

イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。

それがもう第一次世界大戦の時に大量に使われ、

ドイツ軍によって使われ、イギリス兵に ものすごい犠牲者が出た。

さらに連合軍もその毒ガス兵器を大量生産した。

お互いにもう。

それでなぜこの毒ガス兵器がマスタードガスと呼ばれるかというと、

マスタード、すなわ ちからしの臭いが初ぷーんとするわけです。

それだけならいい、
その瞬間に何が起こるかっていうと、

腐食した、手が、ボロボロ、ベ ロベロに剥けていくわけですよ。


顔じゅうの皮膚が剥け落ちてただれてしまいます。

だから糜爛ガスというんです。

びらん、というのはただれ、ようするに皮膚が剥がれ落ちるっていう意味ですね。

これを吸い込むと、今度、気道、気管支の粘膜がやられて、

剥がれ落ちますから、そこで 喉が塞がれて、

呼吸困難で七転八倒で、呼吸困難で死亡するわけです。

そういう死亡者がおそらく第一次世界大戦の時には

10 万人単位でこの毒ガス兵器の犠牲者が出たはずなんです。

だから1923年、ジュネーブ協定で、化学物質禁止協定、条約で

このマスタードガスとい うものはもう戦争で禁止しよう 使うのをやめようということで

1919 年に条約が出来て

それでもうみんな使うのをやめたかって思ったら何がどっこい、

条約を締結した国がこっ そりみんな大量生産してたいうんだ、笑い話のような話です。

日本もこの、大久野島という、これは広島に浮かぶ小さな孤島ですけれども、別名毒ガス 島と呼ばれてる、

ここでなんと旧日本陸軍は 1929年から終戦までこの島で、

ようするに イペリット、すなわちマスタードガスを大量生産してた。


1年間に 200トンという、腰抜かす量を作ってました。

それが中国戦線に送られて、中国の人たちに、まさに情け容赦なく浴びせられたんです。

どれだけの人が殺されたか、犠牲になったか。

いまだにわかりません。

しかし中国全土でアカとかアオとかキとかそういう名前で毒ガスが散布され、

ま、今はそ の時に敗戦の時に置いたままで、埋めたまま流れてきたから、

それがまた新たな、掘り起 こされたりして新たな犠牲者を出してますけれども、

それだけならば戦争の悲劇で終わる はずなんです。



▼船瀬 俊介 の ガンで死んだら一一〇番 愛する人は“殺された”―

衝撃 ガン患者8 割は「抗ガン剤 「放射線 「手術」で“殺されている” !! 」

ところがこの毒ガス兵器は、マスタードガスは、

なんと驚くなかれ、すさまじい爪痕を従業員たちに残したんです。


この毒ガス工場で働いてた人たちは約6700人ぐらいの方ですか、

その方々に目を覆う後遺症があらわれたんですね。

その典型的なものが がんです。

肺がんにかかった方が通常の40倍という、すさまじい発がん性がこれで明らかですね。

だから史上空前の強レベルの発がん、猛烈なる発がん物質。


それがなんと、そのままですね、戦後抗がん剤に化けたんです。



なんで抗がん剤に化けたの。

私はいまだにその、はじめは耳を疑い、嘘だろうと思いまし たけど。

実は、なぜ抗がん剤を作ったかというと要するに猛烈な発がん性があるからそれを抗がん剤に。


じゃあ、猛烈な、肺がんだけでも 40倍も発がんするものをなんで抗がん剤に認定したんですか。

目的はただ一つ、がんを悪性化させ、さらにその症状をひどくさせるため。



▼抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ

まず、これは慶応大学の近藤誠先生がはっきり言ってますけども、

がん検診で見つかるが んはがんじゃないと。

私はびっくりして聞きました。

それはほとんど良性で、がんもどきとも言うべきもので きわめて それは、

ちょっとしたいぼの類みたいなものだから、

暮らしを正したりすれば元に 戻って消えていく、
そういう良性の、いわゆるがんもどき。

そういうものも、抗がん剤をがんがん打つ、すると猛烈な、40倍という猛烈な発がん物質ですから、

それは良性のものがあっという間に悪性化するわけだよ。



放射線を当てる。

さらに発がん性ありますから猛烈に悪性化する。

手術で切りまくる。

するとそのストレス でさらに悪性化する。

すなわちがんの
三大療法は

がんを治すというよりもがんを悪性化させるための罠
だったと いうことを私は断言したい。

代替療法の方ががんをはるかに治す。

それは食事療法とか、心理療法とか。

そういう自然な代替療法の方ががんを治すということは1990 年のアメリカの政府機関報告という

公式の報告でアメリカ政府は断定してるんです。

代替療法の方が抗がん剤 放射線 手術よりもはるかにがんを改善させ治しているという

このことはアメリカ政府ははっきり1990年に認めてるけどこのニュースも日本には一切伝わらずにですね

やはり今 
抗がん剤漬けになってるのは日本のがん患者さんたちです。




▼抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)

これはマスタードガスがどういう抗がん剤で使われてるかっていう一つの一覧表ですけど ね。

この学術名
シクロフォスファミドという、この薬剤がもっとも大量に使われている。

これはどういうものに使われているかっていうと、驚くなかれ
あらゆるがんに使われてい るんです。

要するにがんの混合、抗がん剤の多剤混合療法っていうのが行われてますから、

調べてお 分かりになるようにですね。

その混合療法の、これはマスタードガスが9割使われてる。

これも9割使われてる。

だからがん患者で抗がん剤投与されたらそこにはマスタードガスが必ず入ってると思って ください。

例えば前立腺がんで使われてるホルモン剤療法というと、 ホルモンだと思ったら大間違い。

それにもマスタードガスが使われてる。

だから特に悲惨なのは乳がんの患者です。

乳がんの患者さんは、乳がんの治療ガイドライ ンというのがありますけども、

治療ガイドライン見ると、だいたい8割以上、9割近く、その人達はもう 間違いなくマスタードガスを

乳がんの患者さんは 100%投与されるわけです。


その投与されるマスタードガスの正体を見れば40倍という衝撃の発がん物質です。

史上強と言っていい発がん物質です

史上強の発がん物質をがん患者に打つんだから もう正気の沙汰じゃないです。

狂気の沙汰です。

しかし彼らはわかって確信犯的にやってる。

ということはなにか。

がんを悪性化させる、がんを治さない、罠の中に引きずり込む、

そしてまたさらに症状を 悪化させてさらに手術する、放射線当てる。


もうその負のスパイラル、死のスパイラルでね、どんどん引っ張りこんでいって、

後は もうどうしようもない状態まで持っていったのはどうしますか。


今度はモルヒネ、ホスピス。

後の後まで命をしゃぶり尽くすっていう、それが現代医 療です。

それががん治療ですよ、何ががん治療ですか。

がん治療という名前の大量虐殺が行われている。


だから私はがんで亡くなった方がね。

これも岡山大学医学部附属病院のデータで、はっき りしてるんですよ。

がん患者 がんで亡くなったと言われる人の80% は実はがんでなかった。



抗がん剤、放射線、手術の副作用で、重大なる医療過誤で虐殺されてたわけです。


まあ身近な例挙げれば、私が非常に大好きだった俳優の原田芳雄さんは大腸がんを患ってた。

亡くなったのはつい去年、亡くなりましたけど、肺炎ですよ。

大腸がんで何で肺炎で亡く なるんですか。

それはもう岡山大学医学部附属病院ではっきり現れてる。

ほとんど亡くなった方は、感染症で亡くなってるわけです。

肺炎、インフルエンザ、院内感染、カンジタ感染。

さまざまなウイルス感染症。

なんでそういう感染症で亡くなるのか。

要するに抗がん剤は猛烈な発がん物質であり、さらにその造血機能を徹底的に から DNA 破壊します。

すると赤血球が破壊されたら悪性の貧血になる。

さらに血小板が破壊されたら血液が凝固 しなくなって臓器内出血をおこして多臓器不全で亡くなる。

もっとも怖いのはリンパ球。

白血球が激減すると免疫力がゼロになりますから、

リンパ球、すなわち免疫細胞が激減、 あるいはゼロになる。

すると体中に何が起こるかっていうと、ウイルス、バクテリア、寄生虫、カンジタ菌、カ ビ、


ありとあらゆる微生物が総攻撃してくるんです。

だから体の目とか鼻とか 全部カビまみれになって死んでいきます。

何でカビまみれになるんです。

免疫がゼロになる。

なぜ免疫がゼロになるの。

抗がん剤で免疫細胞を完全に叩き殺すからです。


戦慄の副作用でしょ?


忌野清志郎さんはロック歌手の、忌野清志郎さんは後は無菌室で息を引き取った。

なぜ無菌室なんだよ。

要するに免疫が、抗がん剤で体中免疫細胞がズタズタ、

ゼロになってるから無菌室に入れないと体じゅうにカビが生えちゃうわけ

カビまみれで死ぬわけだ

だから忌野清志郎さんはカビまみれで殺された。

キャシー中島のお嬢さんは肺炎と診断されて 2 、3ヶ月で死んだでしょ。

2、3ヶ月で死ぬ肺炎なんてあるわけねえ。

猛毒抗がん剤で毒殺されたんですよ。

100%間違いない。

あと、梨元勝さんですか、芸能リポーターの。

抗がん剤これから打ってきます、って言ってそれから数ヶ月でコロッと死んじゃった。

近藤誠先生言ってますよ、肺がんでこんだけ早く死ぬことは絶対にありえない。

抗がん剤の毒で毒殺された。

こんな悲劇が。

その抗がん剤のなかにはマスタードガスが入ってるわけですよ。

戦慄の化学兵器、毒殺兵器が、抗がん剤で注射されてる。

私はこの事実知った時にはもう悪魔だと思ったね。

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている (P62)。


さらにそこに行列作ってお願いしますって入って泣いて頼むんだからね。




船瀬俊介



















































フッターイメージ

inserted by FC2 system