新型コロナウイルス感染症は、人為的


新型コロナウイルス感染症は、人為的

https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/life/news/200311/lif20031120000021-s1.html


新型コロナの正体、やはり“人工的”ウイルスか 中国当局「荒唐無稽で無知だ」と否定も…

米専門家激白「分子にある4つの違いは自然に起きるものではない」

中国発の新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、

安倍晋三政権は9日、中国と韓国からの入国制限を強化した。

イタリアや韓国で、感染者や死者が激増するなど、

世界は「パンデミック#HDD へのリンク(爆発的大流行)」直前といえそうだ。

こうしたなか、毒性学や生物兵器・化学兵器の世界的権威である、

米コロラド州立大学名誉教授の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏(89)が緊急来日した。

台湾出身で、日本滞在中には安倍政権中枢との面会も検討されている。

新型コロナウイルス問題を徹底追及してきたノンフィクション作家の河添恵子氏と対談し、

未知のウイルスの最新情報や、日本の対応について語った。

「世界(の専門家の間)では『人工的なウイルスだろう』という意見が多い」

杜氏は、新型コロナウイルスについて、河添氏から「天然のものか? 

人工的なものか?」と聞かれ、こう語った。

1930年に台北生まれ。

台湾大学卒業後に渡米、スタンフォード大学やイエール大学で化学研究に従事し、

コロラド州立大学理学部で教鞭(きょうべん)をとる。

ヘビや植物の天然毒が専門で、80年代にはソ連の生物兵器開発について、

毒物のデータベース作成などで米政府に協力した。


オウム真理教による一連のサリン事件で、サリンの分析方法を警察当局に指導したことで知られ、

2009年に旭日中綬章を受章した。

杜氏は、新型コロナウイルスの特性について、「SARS(重症急性呼吸器症候群)以来、

動物から人間に移る感染症が米国でも重視されている」「新型コロナウイルスは、

潜伏期間にも感染するという点で、これまでとは違う」と語った。

河添氏は、発生地である中国湖北省武漢市に、エボラ出血熱など、

極めて危険な病原体を扱える

中国唯一のバイオセーフティーレベル4の施設「P4研究室」が存在することを指摘した。

これに対し、杜氏は「間接的な証拠から、

武漢の研究室から漏れたというのが最も適当な説明だろう」と推測し、


1979年に旧ソ連・スべルドロフスクの生物兵器研究施設から炭疽(たんそ)菌が漏れて、

近隣に複数の死者が出た事例を挙げ、続けた。

「旧ソ連のケースは、『空調のパイプがつまったために、

外に意図しない形で漏れた』とされている。

武漢では、焼却処分されるはずの実験動物を裏で転売して漏れたということもあり得る。

また、1つの説として、『SARSのウイルスに手を加えたのではないか』という論文も出た。

『(新型コロナウイルスは)SARSと近いウイルスだが、

分子に4つの違いがあり、自然に起きる違いではない』と報告されており、

人工的に改良された可能性がある」

中国軍機関紙「解放軍報」は1月31日、

人民解放軍が陸軍の生物兵器専門家を武漢に派遣したことを報じている。

杜氏は「台湾側(の専門家)は『感染症を抑えるためなら医学の専門家を送るべきなのに、

(中国は)生物兵器の専門家を送っているので、

(P4)研究室と関係しているのではないか』と指摘している」と紹介した。

《中国外務省の耿爽報道官は2月20日、

ウイルスが生物兵器の研究所から流出した可能性を指摘した一部報道について、

「荒唐無稽で無知だ」と否定し、科学的根拠が全くないと主張した。

中国当局は「人工的ウイルス」説も否定している》

対談では、中国当局の初期対応についても議題に挙がった。

河添氏は「武漢が当初、隠蔽(いんぺい)をしていたことが絶対的で、

習近平政権の問題になる」「日本企業も(中国の)トラップにかかっている」と断じた。

杜氏も「中国の対応も遅すぎた。

武漢全体を隔離するのはあまり意味がない。

習政権は、武漢など他のところに責任をなすりつけている。

今後の予想はつかないが、多くの都市が分化してしまうと生産や流通も困るし、

中国の経済には影響するだろう」と語った。

日本は、東京五輪開幕を5カ月後に控え、感染拡大抑制に必死だ。

安倍首相は先月27日に全国の小中高校の一斉休校を要請した。

9日には、中国と韓国からの入国制限を強化。

今月末まで。発行済みの査証(ビザ)を無効とし、

入国者には自宅やホテルで2週間待機を要請する。

杜氏は「日本も、初期に感染者を局部で隔離できればよかったが…。

(感染拡大の抑制に努めながら)今後の教訓に将来をどうすべきかに重点を置くべきだ」といい、

「病院船の活用」や「動物から人間に移るウイルスについて、

大学の獣医学部での研究拡充」などを説いたうえで、

日本の危機管理について、こう総括した。

「どんな生物兵器が、どの国で作られているかという情報を知ることが大事になる。

米国も情報を重要視している。

日本人は外から見ていて、国防意識が薄すぎる。

『国が危ない』ことをあまり知らないのは、

メディアが真実を報道しないためだ。

防衛面を頼っている米国との関係は重要だが、

(国民と国家を守るためには)憲法改正は必要だと思う」


無償で公開されているオープンソースプロジェクト「ネクストストレイン」(Nextstrain.org)は、

アウトブレイク(集団感染)を起こした病原体の博物館のようなものだ。

世界各地の研究機関が、患者から採取したウイルスの遺伝子配列データをここに投稿する。

ネクストストレインはそのデータを使って、

感染の広がり方を示した世界地図や、

ウイルスの系統樹を描き出している。

(参考記事:「オープンソースな養鶏は可能か―――遺伝子を企業支配から解放する」)

ネクストストレインが取りこんだ新型コロナウイルスのゲノムは、

3月末の時点で2000を超えた。

データからは、感染の拡大とともに

ウイルスが平均15日ごとに変異していることが明らかになっている。

「変異」などと聞くと恐ろしげな想像をしてしまうかもしれないが、

ウイルスの有害さが増しているという意味ではない。

単に変化しているというだけで、むしろ、ウイルスがどこから来たのかを迅速に知れるうえ、

起源に関する妄言も否定できる。

「これらの変異は完全に無害で、

ウイルスの拡散の仕方を解明するパズルのピースとして役に立ちます」。

ネクストストレインの共同設立者で、

米ワシントン州シアトルにあるフレッド・ハッチンソンがん研究センターの

計算生物学者トレバー・ベッドフォード氏はそう話す。

新型コロナウイルスを追跡するこの手法は、

深刻なパンデミック(世界的流行)の報道があふれる中で、

ひときわ明るく輝いている。

同様の手法は、

過去にジカ熱やエボラ熱などの感染症が流行した際にも、

重要な役割を担っていた。

しかも、遺伝子解析のコストの低下とスピードや効率の向上により、

世界各地の研究者がほんの少人数で、

新型コロナウイルスの感染経路をこれまで以上に速やかに解明できるようになった。

その結果は、特に検査が追いつかない場所で、

感染を封じ込める戦略から感染ペースを緩和する戦略に移行するべきか否かを

判断するのに役立つはずだ。(参考記事:「21世紀の生物学を支える「次世代シークエンサー」とは」)

「5年前にエボラ熱が流行したときには、

サンプルを採取してから、

ゲノムの塩基配列を決定しデータを公開するまでに1年かかりました」とベッドフォード氏は言う。

「今では2日から1週間でできるようになりました。

これらの技術をリアルタイムに利用してアウトブレイク対策に生かせるようになったのは、

今回が初めてです」(参考記事:「エボラ出血熱はどのように広がるのか」)


本稿公開時点(4月7日)のジョンズ・ホプキンス大学の集計結果によれば、

米国の新型コロナウイルスへの感染者数は約37万人に達し、

死者は1万1000人近くに上っている。

米国の複数の州や都市の統計では、

新型コロナウイルスが

とりわけアフリカ系の人たちに深刻な被害をもたらしている状況が見え始めている。

イリノイ州シカゴが発表した統計値によれば、

アフリカ系米国人は、シカゴ人口に占める割合が30%であるにもかかわらず、

シカゴにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連死者総数の69%を占めている。

米国の複数の州も、

同様の「人種の偏り」を示すデータを公開している。

感染者数が1万5000人を超えたルイジアナ州では、

アフリカ系は州人口の32%だが、

4月6日時点での感染症による死者総数の70%以上を占めている。

別の州ではそれほど極端ではないが、

それでも偏りがあるのは明白だ。

イリノイ州とミシガン州では、

人口に占めるアフリカ系の割合はそれぞれ15%と14%だが、

どちらの州でも、4月6日時点での死者総数の40%以上を占めている。

新型コロナウイルスのパンデミックは全米において、

経済的な不均衡や人種による不均衡を浮き彫りにしつつある。

アフリカ系コミュニティの多くはいまだに、

医療サービスにアクセスしにくい状況にある。

全住民の60%近くがアフリカ系であるルイジアナ州ニューオーリンズでは、

肥満、糖尿病、高血圧の割合がいずれも全米平均を上回り、

それが新型コロナウイルス感染症により死亡するリスクを高めている。

シカゴのアフリカ系コミュニティでも、

糖尿病、心疾患、呼吸器疾患を伴う基礎疾患が平均水準を上回り、

いずれも広く蔓延している。

シカゴのローリ・ライトフット(Lori Lightfoot)市長は、

この状況は「衝撃的」であり、「思わず息をのむ」数字だと語った。

ライトフット市長は4月6日、

迅速な対応が求められていると述べ、

新型コロナウイルスの影響が最も深刻なコミュニティに的を絞った

積極的な公衆衛生対策を開始すると約束した。

ライトフット市長はこの計画について、以下のように訴えた。

「この感染症がわれわれのコミュニティに甚大な被害をもたらすのを、

何もせずに見ていることはできない。

命がまぎれもない危険にさらされている」


新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっている。

3月24日までに米国やイタリアなど少なくとも20の国・地域の

政府が非常事態や緊急事態を宣言している。

各国当局の発表に基づきAFP通信がまとめた統計によると、

日本時間24日午前4時現在での世界の新型コロナウイルス感染者数は

174の国・地域で36万1510人に達し、

うち1万6146人が亡くなっている。

感染症が流行すると、必ず流れるのが陰謀説である。

陰謀説とは、社会の構造上の問題を、

背後にひそむ個人ないしは集団の陰謀のせいにすることである(ブリタニカ百科事典)。

陰謀説が真実であることは稀である。

SARSの時は、中国の急成長やアジアの人口増加を恐れた

米国が起こしたバイオテロ*1だとする陰謀説や

新型インフルエンザのワクチンであるタミフルの売り上げを伸ばすため、

米政府と製薬会社が共謀して感染症を広めたとする陰謀説が流布された。

また、エボラ出血熱を発症させるエボラウイルスは、

CIA(米中央情報局)が開発した生物兵器*2ではないかとする陰謀説が流布された。

さて、今回の新型コロナを巡っては、

これまでのところ2つの陰謀説が流布されている。

一つは、新型コロナウイルスは、中国の生物兵器である、とするものである。


もう一つは、新型コロナウイルスは、米軍が武漢に持ち込んだものである、とするものである。


以下、2つの陰謀説の真偽について考察する。

*バイオテロは、細菌やウイルス、毒素などの

生物剤を意図的又は脅迫的に投射・散布することによって、

政治的・経済的・宗教的なパニックを引き起こすことである。

(バイオテロ対応ホームページ厚生労働省研究班)

*1=バイオテロは、細菌やウイルス、

毒素などの生物剤を意図的又は脅迫的に投射・散布することによって、

政治的・経済的・宗教的なパニックを引き起こすことである。

(バイオテロ対応ホームページ厚生労働省研究班)

*2=生物剤が、国あるいは軍のレベルで開発され用いられた場合、

一般的に、これを“生物兵器”という。

小さなテロは病原体さえあれば可能である。




もともと、コウモリの中にいたコロナウイルスは人間と結合できなかった状態だった。

インドとイスラエルの、遺伝子配列を研究する専門家からも、

表面にある4つのタンパク質が自然界には存在しえない配列を持っており、

SARSにエイズウイルスが合成されているものだと指摘をしている。

エイズウイルスの治療薬が効いたのはそのための可能性も…。

患者の状態も、コロナよりエイズに近い症状が出ていると…。

2015年の論文に石正麗が

「SARSウイルスとコウモリウイルスを組み合わせることによって、

最初に、ヒトの気道に感染する新しいタイプのコロナウイルスを作成したと」掲載されている。

実は、今年1月下旬に中国共産党の公式軍事ページの西陸網で

「人工的に作成したもので、武漢ウイルス研究所の石正麗研究員とそのチームがコロナウイルスを生成し、流出させた」

と記事が掲載され、

新型コロナウイルスが、人工的に作られてたものであることを認めていた。

新型コロナウイルス 男女の違い

新型コロナウイルス感染症の死亡率を男女で比べたところ、男性のほうが死亡率が高いことが中国や

イタリアのデータから判明している。

死亡率の男女差が生じる背景を探ったところ、

喫煙の有無や女性新型コロナウイルス感染症はこれまで、

「高齢者」と「基礎疾患がある人」がとりわけ危険だと言われてきた。

しかし死亡者を男女別に見てみると、

どうやら男性にとってより危険な病気であることが分かってきた。

英ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)

ジェンダー・アンド・グローバル・ヘルス・センターのサラ・ホークス所長は、

フランスの国際ニュース専門チャンネル「フランス24」に対し、死亡者は男性の方が多く、

女性の2倍以上になる国もあると話した。

男女別のデータが入手できた国については、どこも男性の方が多い傾向にあるという。

ホークス所長は、グローバル・ヘルスにおける男女平等を推進している

グローバル・ヘルス50/50のウェブサイトには、

各国からのデータを分析した表とグラフが掲載されている。

このデータは、毎週火曜日と金曜日にアップデートされているという。

喫煙や飲酒で男性にリスク

例えば中国を見ると、死亡者の男女比は男性64%、

女性36%だ。また、欧州でもっとも感染被害が広がっているイタリアでは、

男性69%、女性31%と、男性が倍以上になっている。

欧州でイタリアに次いで死亡者数が多いスペインでは、男性63%、女性37%だ。

なお、日本は死亡者数の男女別データは提供していないようだ。

フランス24は、新型コロナウイルスに感染する可能性としては、男女の差はないとしている。

実際に、グローバル・ヘルス50/50の表を見ると、

フランスでは感染者の男女比は男性47%、女性53%と女性が若干多い。

国によってまちまちではあるが、全体として男女のどちらかに偏っている印象はない。

感染の割合は変わらないのに、致死率は男性の方が高くなる原因について、

ホークス所長はフランス24に対し、

生物学的な原因もあるとしながらも、

喫煙や飲酒をたしなむ人が女性よりも男性に多いことが主な原因だと説明している。

例えば、世界で最も喫煙者の多い中国では、

男性の50%が喫煙する一方、女性は3%にとどまる。

また、イタリアでは男性の喫煙者700万人に対し、女性の喫煙者は450万人だ。

グローバル・ヘルス50/50によると、新型コロナウイルスで陽性になり入院した場合、

集中治療や人工呼吸器が必要になるリスクは、

喫煙者の場合、非喫煙者の倍以上になるという。

新型コロナウイルスは、高血圧症や循環器系疾患、

慢性の肺疾患などの基礎疾患がある人が、より重篤化しやすいと言われている。

ホークス所長はCNNに対し、こうした疾患は、世界的に男性の方が多いと説明する。











inserted by FC2 system