アポロ月面映像捏造















ページ内検索

検索バーを使用して、閲覧中のページで特定の語句を検索できます。

キーボード ショートカットの Ctrl+F キー(Windows、Linux、Chrome OS)または ⌘-F キー(Mac)を押して、

ページの検索バーを開き、バーに語句(キーワード)を入力し、検索します。



リンクを新しいタブで開く(複数のタブを開く)

Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします。



画像ファイル(jpegファイル)を見るとき、マウスホイールをうまく使って見やすくしてください。

Ctrl+上回転で Zoomin あるいは Ctrl+下回転で Zoomoutになります。


End keyを押すと最後尾に飛びます。そこで、ページを選択できます。


………………………………………………………

インターネットに、勝手に広告が出てきて困っているひとに、下記のソフトをお勧めします。
無料版をインストールして下さい。


Malwarebytes Anti-Malware

………………………………………………………

無料セキュリティソフト KINGSOFT Internet Security


……………………
…………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

………………………………………………………

項目選択肢
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

項目一覧
Ctrl キー(Windows、Linux)または ⌘ キー(Mac)を押しながら、そのリンクをクリックします
………………………………………………………

リンク 環境問題を考える
……………………
…………………………………

20世紀地球温暖化の実像 ~再考・地球温暖化論~
……………………
…………………………………

検索 グーグル




人類は月に行ったのか_アポロ月面映像捏造


スタンリー・キューブリックまでもが、計画に加担していた (00:01:28)

ラムズフェルドがアポロ計画の映像を託した人物、それはキューブリックだった (00:10:25)

偽の映像は、イギリスのバーハムウッド近くのMGMスタジオで、週末を利用し最小限のスタッフで撮影された (00:12:34)

ハリウッド全体が、他のプロジェクトを放り出してロケットの打ち上げに参加したんだ (00:14:03)



アポロ月面着陸映像は本物か?捏造にキューブリックも関与 1/2


アポロ月面着陸映像は本物か?捏造にキューブリックも関与 2/2




人類は月に行ったのか_アポロ月面映像捏造

スタンリー・キューブリックまでもが、計画に加担していた (00:01:01)

ラムズフェルドがアポロ計画の映像を託した人物、それはキューブリックだった (00:10:20)

偽の映像は、
イギリスのバーハムウッド近くのMGMスタジオで、週末を利用し最小限のスタッフで撮影された (00:12:01)

ハリウッド全体が、他のプロジェクトを放り出してロケットの打ち上げに参加したんだ (00:13:37)



船瀬俊介氏 _ ガン検診受けてはいけない『真実の暴露』


ガン検診受けてはいけない(00:06:34)

アポロ計画 スタジオで写された(00:00:55)

医療マフィア(00:08:30)

エイズは、アメリカ軍の生物兵器(00:00:27)

ジャンボは、撃墜された(00:00:35)

アポロ計画 スタジオで写された(00:00:55)

911テロ(00:01:02)

売国奴達(00:02:07)

真実を知ること(00:03:48)

電磁波 (00:04:01)

コンクリート住宅は、9年早死にする (00:05:57)

ガン検診受けてはいけない(00:06:34)

ガン検診は、ハンティング(00:08:10)

医療マフィア(00:08:30)

胃癌検診(00:08:49)

X線被爆(00:09:45)

早期発見・早期殺害(00:11:09)

メタボの暴走(00:11:20)

コレステロール低下剤(00:12:19)

人間ドックは、最悪(00:13:59)

動物性タンパクが発癌物質(00:15:00)

マスコミは言えない(00:16:48)

シックハウス(00:17:37)

化学物質汚染が危険な場所は、新築の家(00:18:01)

医療・建築・農業 めちゃくちゃ(00:18:40)

マインドコントロールで気がつかないようにされている (00:18:51)





故 太田龍 氏  _絶対抹殺しなければならないと、ザビエルが来た時に既に決定している 『二・二六事件の真相、全面開示』


最も危険な、致命的・驚異的な存在となるであろうから、

絶対抹殺しなければならないと、ザビエルが来た時に既に決定している (02:13:48)

ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています。 (01:22:08)

世界のイルミナティ・フリーメーソンの陰謀、グローバル・コンスピラシーの存在 (01:36:22)

従って、日本では、陸軍・海軍・財界・その他、明治以降の中枢部に、

ワン・ワールド、フリーメイソンの指揮系統がずっと機能している。機能していたと見ることができます。
(01:32:00)

従って私たちは、地球を支配しているユダヤ・フリーメイソン・イルミナリティといった勢力をちゃんと確認して、

明確に意識して デービット・アイクは『グローバル・コンスピラシー』という本を出していますが、

そういう枠組みのなかでもう一度 日本の歴史を見直すことが必要です。

グローバル・コンスピラシーという大きな枠組のなかで 孝明天皇弑逆と、それ以降イルミナティの、

傀儡として作られた歴代天皇 こういうものを

批判的、客観的 詳細に検証していく精神的・心理的な力が必要です。
(01:32:45)

右翼と称する反日本的な売国奴集団(01:34:13)

世界のイルミナティ・フリーメーソンの陰謀、グローバル・コンスピラシーの存在 (01:36:22)

真崎大将の名誉復権することが絶対必要条件だと私は思います。(01:36:45)

『天皇の陰謀』が物書きとしての私の経歴を終わりにしたと言ってるんです。 (00:12:20)

内輪に見積もっても200万~500万ドル。

今のドルではなくて1970年代だからもう少し価値があったんじゃないでしょうか。 (00:14:12)

いかなる手段によるにせよ、その勘定、つまりお金は日本政府からは出ていないと。 (00:14:42)

それはまさしく、昭和天皇が単に日本的存在であるだけではなくて

イルミナティ、サタニスト 世界権力によって育成された極めて有能な重要な貴重な傀儡である。
(00:19:41)

イルミナティ、サタニスト 世界権力の道具として裕仁は機能したし、

ずっとこの本が出た当時も当時もそうだし

今に至るまでそうである、という明確な証拠であると私は思います。 (00:19:56)

そう評価することでバーガミニの本の重要性と、今それを再評価して、

日本人がちゃんと勉強する消化することを始めるべき緊急な必要性があることが証明されると思います。  (00:20:19)

西郷隆盛は、イルミナリティのコントロール下で、彼らの傀儡となって

日本を支配するというような生き方は究極的にNOと言ったんです。
(00:28:39)

それが西南戦争です (00:29:18)

薩摩は長州に対して弱体化したわけでではなく、

吉井友実が宮中を押さえ、松方正義が金融を押さえた(00:31:31)

吉井友実 (00:31:41)

つまり、ワンワールド・フリーメイソンは

宮中を完全に掌握する事を重要な政治課題として設定したと私は思います。(00:32:08)

西郷さん一派が完全に消えた後も金融を押さえ、宮中を押さえる。 (00:32:34)

高島鞆之助 (00:33:05)

大室寅之祐を擦り替えて天皇にはした (00:33:51)

継続した天皇家の正統であると日本人に思わせないといけません。(00:34:13)

そういう場に際したのが、吉井と高島 。(00:35:03)

大正天皇の不発のクーデタ(00:39:41)

そして、裕仁は大正天皇の不発に終わったクーデタを諦めないで実行しようとする訳です (00:43:03)

イルミナリティのワンワールドの意志(00:45:27)

ザビエル「日本は、この地上から抹殺されるべきだ」(00:45:57)

日本では、近衛が悪玉で木戸が善玉になっている。非常におかしい。(00:55:58)

昭和天皇の陰謀(01:00:00)

昭和天皇の背後に存在する勢力については、バーガミニには分からない (01:01:11)

イルミナリティのアジェンダの中に日本が設定された (01:01:56)

日支闘争計画(01:02:12)

ユダヤの日本占領計画 (01:02:14)

山口富永(ひさなが)(01:05:41)

イルミナティにとって真崎は邪魔だから排除しようとした(01:08:45)

日本史上最悪の売国奴(01:13:30)

左翼はイルミナティの手先(01:19:25)

ワンワールドによる宮中の支配は、完璧になっています。 (01:22:08)

裕仁は、イルミナティの純粋培養の作品です。 (01:22:12)

ダレスと裏取り引き(01:23:40)

四王天延孝陸軍中将(01:26:50)

従って、日本では、陸軍・海軍・財界・その他、明治以降の中枢部に、

ワン・ワールド、フリーメイソンの指揮系統がずっと機能している。

機能していたと見ることができます。 (01:32:00)

従って私たちは、地球を支配しているユダヤ・フリーメイソン・イルミナリティといった勢力をちゃんと確認して、

明確に意識して デービット・アイクは『グローバル・コンスピラシー』という本を出していますが、

そういう枠組みのなかでもう一度 日本の歴史を見直すことが必要です。

グローバル・コンスピラシーという大きな枠組のなかで 孝明天皇弑逆と、それ以降イルミナティの、

傀儡として作られた歴代天皇 こういうものを批判的、

客観的 詳細に検証していく精神的・心理的な力が必要です。
(01:32:45)

右翼と称する反日本的な売国奴集団(01:34:13)

世界のイルミナティ・フリーメーソンの陰謀、グローバル・コンスピラシーの存在 (01:36:22)

真崎大将の名誉復権することが絶対必要条件だと私は思います。(01:36:45)

二・二六事件については、完全に隠蔽されているのみならず

偽情報が日本人に徹底的にすり込まれています
。(01:39:04)

臆病というのが今日の日本民族にとって一番危険な心理なんですよ。(01:40:01)

山口富永 (01:42:49)

近衛上奏文(01:43:10)

岩淵辰雄 (01:46:40)

その逮捕した中に、吉田茂も入ってたんじゃないですか。(01:47:06)

普通の日本人は知りません。 (01:48:35)

真崎甚三郎(01:50:30)

偽クーデタをデッチアゲ(01:51:56)

それは裕仁と、三笠宮が主たる助手になって、でっち上げた話 (01:52:59)

全世界を敵にして、日本が全滅する戦争を推進した軍国主義者の姿から、

平和と民主主義の人、連合国の忠実なエージェントへと、一夜の内に変身する。

そうした目的の偽のクーデタを実現し、
連合国とは裏取引をして、昭和天皇は戦争犯罪から免責されて、

占領軍の協力者として、温存・保護されるという具合に

ひょいと変わることを目的とした偽のクーデタを実行する
訳です。 (01:53:19)

近衛さんを中心とする皇道派を復権させて、日本が全面的に戦争を停止し、中国から自発的に撤兵して、

蒋介石政権と講和してという方向に転換するのを阻止した訳です。 (01:54:41)

近衛・真崎のラインで、日本が方向転換すれば、

敗戦後の日本は今のような状況にはなってない事は確実です。


すべてを失い、民族の魂を失い、どんどん堕落して滅亡に転落していく方向になってないですよ (01:55:07)

日本民族をイルミナティに売り渡した (01:55:41)

近衛さんが最後のところで日本の貴族の根性、

やる気、勇気を表明しょうとした事は評価できるんじゃないですか。
(01:56:31)

左翼ということは朝日新聞と岩波書店 (02:04:15)

左翼は決して信用してはなりません (02:04:44)

左翼はイルミナティの紐付きですからね。リベラル派も (02:04:48)

日本人は 皆それに洗脳され なんとなくそんなものかという気になります (02:06:27)

今、日本は土壇場に追い詰められ、

精神的に腐敗が進行していますから、それが一番危険で致命的ですよ
(02:06:51)

真崎大将の名誉回復ということは、裕仁を告発することになります。 (02:07:35)

事前に死刑の判決を出せと陸軍大臣の名で紙を配っていた。 (02:08:49)

イルミナティの命令を実行したんですよ (02:11:20)

そうして二・二六の時に日本の運命が決定されたんです。 (02:11:28)

陸軍の将官の絶対多数は中国との全面戦争は、絶対してはいけないという気持ちだった(02:11:32)

日本に絶対独裁制を敷き、イルミナティの指揮通り日本を必敗、百戦百敗、必ず壊滅する戦争へと、

日本が滅びる方向に引きずり込んでいったのです。 (02:12:31)

ニ・二六の時に決定的に転換させられたんです (02:12:53)

陸軍の絶対多数、良識の代表は真崎大将(02:13:22)

天皇を詐称するイルミナティの傀儡(02:13:41)

最も危険な、致命的・驚異的な存在となるであろうから、絶対抹殺しなければならないと­、

ザビエルが来た時に既に決定している
(02:13:48)

イルミナリティのアジェンダどうり(02:13:50)

450年余年、日本は攻撃され侵略戦争を仕掛けられているんですよ。

その侵略戦争の傀儡、道具として、裕仁は百点満点を与えられた存在なんです。 (02:14:06)





熱力学の法則と熱機関




生命物理化学


気体の内部エネルギーと理想気体の自由度


内部エネルギー & エントロピー


ヘンリーの法則と平衡


カルノーサイクル


非平衡の定常状態 地球の仕組み


エントロピーとエネルギー


熱力学の法則と熱機関



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示


………………………………………………………

太田龍 二・二六事件の真相(PDF)

………………………………………………………

天皇の陰謀(動画)


………………………………………………………

天皇の陰謀(訳読)

………………………………………………………

昭和天皇_財界の為の戦争_『アヘン事業・侵略ビジネス』


………………………………………………………

昭和天皇&財界の為の戦争 アヘン事業 侵略ビジネス(PDF)

………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会


………………………………………………………

イルミナティ・フリーメーソンと創価学会(PDF)

………………………………………………………

島津論文 (福島原発事故の原因)



……………………
…………………………………

島津論文 英文PDF

………………………………………………………

島津論文 和文PDF

………………………………………………………

日本の真相 鬼塚英昭


……………………
…………………………………

日本の真相 鬼塚英昭(PDF)

………………………………………………………

広島原爆投下の真相__日本のいちばん醜い日


……………………
…………………………………

広島原爆投下の真相(PDF)

………………………………………………………

スライヴ 『THRIVE フォスター・ギャンブル』


……………………
…………………………………

スライヴ (PDF)


………………………………………………………

Y Ishiguro のアップロード動画

















TOP ↑

アクセスカウンター










         

  







医療は 完全に悪魔と死神に 牛耳られている。船瀬俊介氏


医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている
(00:12:03)


標準治療 (00:00:27)

悪魔の3点セット (00:00:46)


抗癌剤投与 (00:01:04)

マスタードガス(00:01:50)

糜爛ガス(00:02:31)

猛烈な発ガン性(00:05:15)


癌を悪性化させ、さらにひどくさせる(00:05:29)


1990年OTA報告(00:06:35)

乳がんの患者さん(00:08:00)

命を、しゃぶり尽くす(00:08:50)

80%は、副作用で死んでいる(00:09:11)


抗癌剤は、発癌物質

造血機能を、DNAから破壊(00:10:00)

免疫機能が、ゼロになる(00:10:20)


戦慄の副作用(00:10:55)

医療は完全に悪魔と死神に牛耳られている(00:12:03)






医療過誤 船瀬俊介(PDF)


私はなぜ抗がん剤を批判・否定するかといいますと、わたしはその抗がん剤のルーツを突き止めたわけですね。


日本で使われてる、あるい世界で使われてる抗がん剤のルーツは、毒ガス兵器です。(P3)


マスタードガスです。(P3)


イペリットと呼ばれてる猛毒の化学兵器ですね。


医療過誤 船瀬俊介

抗ガン剤はマスタードガス!三大治療は、癌を治すのではなく、悪性化させるための罠だ!

盲目は死への片道パスポート!





ADG(アンチドラッグジーン)


ADG(アンチドラッグジーン)とは、


癌細胞が抗がん剤治療などによって、

自己防衛の手段として 自己の遺伝子を変化させ

抗がん剤に対する 耐性 を備えることによって

抗がん剤が全く無力になる状態を言い、反薬遺伝子のことを指して言う言葉です。


1985年、アメリカ国立癌研究所のデヴィタ所長が、

アメリカ議会証言で

「抗がん剤は全く無力であり・・・我々は深い絶望感にとらわれている」と発言し、

その根拠がこのADGの問題であり、

抗がん剤治療を4週間以上続けると、癌細胞のADG(反抗がん剤遺伝子)が作動して、

抗がん剤が全く効かなくなるという衝撃の報告をしました。

日本ではその議会証言に激震が走りましたが、

国や製薬会社、メディア等が既得権益保護のために、


その情報を故意に報道規制したため、



この問題を知っている人が殆どいない状態となり、

医師でもこのADGに対しして無知な人がたくさんいるとのことであります。

(医療ジャーナリスト 船瀬俊介氏の発言)

ですから厚生労働省の抗がん剤の認可基準に、4週間以内に被験者 10人中に1人でも、

薬剤投与によって腫瘍の縮小がみられれば 「効果あり」で、抗がん剤として認可されて 、

いる事実があり、4週間を超えるとこのADG作動の問題が出てきて極めて不都合になるので、

期間を区切っているということです。

4週間単位でいろんな抗がん剤を使用しているうちに、かえって症状が悪化し、

免疫機能や造血機能が壊滅的打撃を受け、

最後は敗血症や多臓器不全で死に至るというものです。






毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されている 船瀬俊介氏


80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)


ガンマフィア
(00:26:01)

国家が主要メンバー(00:26:09)

マスメディア(00:27:09)

15兆円がガンマフィアに流れている(00:30:09)

医者への接待費40~50万(00:31:06)

0.1g =7万円(抗癌剤)(00:33:31)

15兆円の利権(00:35:50)

NK(ナテュラルキラー細胞)(00:36:24)

毒殺 (00:36:57)

放射線(00:39:04)

DNA破壊(00:40:08)

手術 (00:40:45)

悪魔の利権 (00:41:10)

癌を増殖させる作用(00:42:10)

80%は、副作用で死んでいる(00:43:50)

1日 3000から5000個の癌細胞が生まれている (01:17:36)

活性増殖細胞 (01:18:40)

NK細胞は、精神に反応する (01:19:02)

早期発見・早期殺害(01:20:18)






輸血で殺される GVHD _ 船瀬俊介×ベンジャミン・フルフォード


昭和天皇は、昭和天皇は、輸血で死んだ (00:00:14)

GVHD(移植片対宿主病) (00:01:00)

天皇陛下の主治医でさえ知らない (00:02:00)

だから
十万人死んでいるのではないか と言われている。 (00:02:32)


『旧約聖書』に「他人の血を入れてはならない」とあるが免疫学から言って正しい。 (00:03:51)

輸血は盲点だった、というより
医者が99.9%知らないのではないか? (00:04:32)

医学教育の問題だから。 (00:04:39)



移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

血液の人に対する病気

【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】

Graft(移植片:血液) - Versus(対) - Host(宿主:人間) Disease(病)



【移植片対宿主病(GVHD) Graft-Versus-Host Disease】


移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう)

[どんな病気か]

血液の病気では、治療として、輸血(血液製剤を含む)や骨髄移植(こつずいいしょく)が、

よく行なわれるようになりました。

しかし、他人の血液や骨髄(移植片(いしょくへん))には、自己と非自己を見分け、


非自己を排除しようとする免疫機能(めんえききのう)のはたらきに主要な役割を はたす リンパ球 が含まれています。

輸血や骨髄移植は、白血球(はっけっきゅう)などがうまく機能しない病気をもつ患者さんに対して行なわれることが多く、

その患者さん(宿主(しゅくしゅ))は免疫力が低下しているので、適合性のある移植片は生き続けます。

もし、宿主の免疫力が強く、移植片の適合性がなければ、移植片は異物として攻撃され、死んでしまうので、

ある意味では問題ありません。

しかし、移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は移植を受けた患者さんを非自己とみて、排除しようとします。

こうして、宿主の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、

宿主の組織は主要組織適合抗原(こうげん)という目印がついているので、

抗体(こうたい)などでこれを攻撃するようになり、いろいろな症状がおこってきます。

これが移植片対宿主病(GVHD)と呼ばれるものです。

[症状]

輸血や骨髄移植後しばらくすると、皮膚の表面全体に赤い斑点(はんてん)が現われ、高熱が出てきます。

その後、下痢(げり)や肝臓障害がおこり、あらゆる血球が減少するため、貧血によって衰弱するだけでなく、

感染症や出血がおこりやすくなります。

こうして約1か月後には、多くの臓器が傷害され、死にいたります。

[治療]

発病した患者さんの多くが死亡しますが、いまのところ有効な治療法はありません。

したがって、なによりも予防が重要です。

輸血する血液の
リンパ球を死滅させるか、取り除くのが一番です。

そのためのもっともよい方法として、血液に放射線を照射することが行なわれています。

血液に放射線を照射することは、危険です


また、フィルターでリンパ球を取り除く方法もあります。

骨髄移植では、自分の骨髄を取り出し病気の造血細胞だけ除いて体内にもどす、

他人の骨髄からGVHDをおこすリンパ球を除いて注入する、

成熟したリンパ球を含まないへその緒(お)の血液を注入するなどの方法が行なわれます。






故 安保徹 先生 (PDF)




「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)


抗がん剤治療であれば、治療をやめるとリンパ球が上昇しますが、

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。


つまり、がんと闘う力を最も削いでしまう治療法なのです。(P7)













ガン治療が間違っているときは、見つけた方が不利 故 安保徹先生



ガンが見つかったら、病院に行かないようにして、体を温める(00:13:15)


治療が間違っているときは、見つけた方が不利なんですね (00:13:30)

エネルギー生成系のこと、なんと頭に浮かんで ガンの謎が解決できたんですね。(00:00:19)

太陽の光に しっかり当たっていると、発癌しにくくなるんですね (00:04:01)

癌の原因……過酷な内部環境に適応するための、ミトコンドリアを削る先祖返り現象 (00:12:40)


ガンが見つかったら、病院に行かないようにして、体を温める(00:13:15)

治療が間違っているときは、見つけた方が不利なんですね (00:13:30)




輸血で殺される GVHD


「一番よくないのは、放射線治療です」 故 安保徹先生




安保徹講演 PDF


……………………

安保徹講演(2013.06.09星陵会館)


利尿剤・血圧降下剤 (00:03:05)

腎性高血圧症 (00:05:09)

透析について (00:06:41)

腎臓の専門家(00:08:09)

急性腎不全・慢性腎炎 (00:11:19)

独特の医療制度で、病人が作られている(00:13:38)


特殊化の維持の困難(00:16:35)

ステロイド(00:17:40)

エネルギー生成系 (00:19:10)

利尿剤・降下剤・ステロイドは危険 (00:20:59)


肝臓(00:21:20)

胆汁(00:22:39)

先祖返り現象(00:26:01)

脂肪肝(00:27:20)

身を守る反応(00:27:45)

常識が反対になっている(00:28:20)


知識がいっぱい詰まって、気持ちにゆとりがない(00:31:20)

病気を治せない医者が、大量生産されている(00:32:01)


劇症肝炎(00:32:27)

病気の成り立ち (00:35:58)

治る機会を止められる(00:36:55)


リウマチ(00:37:10)

ステロイドは、使わない(00:38:15)


DNAの情報を取り出す (00:44:41)

肝臓の進化の歴史 (00:46:29)

虫垂(00:47:01)

自分の生きざまで病気を作る(00:53:40)


血流障害で起こるもの(00:55:18)

間質性肺炎・肝硬変(00:56:00)

抗核抗体(00:59:35)

甲状腺(01:01:01)

自己抗体(01:01:45)

癌は、分裂細胞から生まれている(01:02:24)

低体温・低酸素・高血糖 (01:07:03)


ミトコンドリアを削る反応 (01:07:45)

体を温め、深呼吸する(癌からの脱却) (01:09:08)


癌でさえ、適応反応 (01:11:18)



抗ガン剤でがん細胞が縮小しても、ADG(アンチ・ドラッグ・ジーン)で一時的に縮小していたがん細胞は爆発的に増殖する。

医療マフィアの医療殺戮に毅然とNOと言える叡智を自らのものにしましょう。 


医罠の世界 国立がん研究センター、聖路加国際病院で何が起きているのか病院が収奪屠殺工場であることに気づいていない方へ 船瀬俊介


【がん予防】安保徹先生・ガンを治すための4カ条


安保徹講演(2013.06.09星陵会館)抗ガン剤で殺される


【ガン予防】安保徹先生・ガンを予防するための6ヶ条





安保流「がんを治す4か条」 (PDF)


安保流「がんを治す4か条」


最近、話題沸騰・ベストセラーになった「免疫革命」の著者、

安保徹教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)の監修された著書、

「安保徹の免疫学入門(宝島社出版)」から、

がんについてのお考えと、治す方法を抜粋させていただきました。


がんは、免疫力を強めることで治すことが出来る。


「現代医学は、誤った方角へ進んでいます。


・・・たとえば、たばこが肺がんの原因である、といわれています。

しかし今日、喫煙率は年々低下しているはずなのに、

それとは正反対に、肺がんによる死亡率はどんどん高くなっている。

これを、どう説明できるのでしょうか。

・・・発がん物質ががんを発症させるということは、誰も証明していない。

たんに、イマジネーションでいっているだけなのですね。

がんと診断されたとき、『このがんの原因はたばこです』とか、

『自動車の排気ガスですね』と指摘できる医者はいません。


がんは、免疫抑制の極限で起こる病気なのです。



がんにかかった人は、体の中の免疫が徹底的に抑えつけられるような強いストレスがあったはずです。

私たちの気づいたことは、がんの患者さんのほとんどが、

体内のリンパ球の減少によって『免疫抑制』の状態になっているということでした。

こういう状態に陥ると、体全体を調整する自律神経の一つである交感神経が緊張状態になります。


これは働きすぎだとか心に悩みがあるなど、

肉体的・精神的な強いストレスが原因になっているのではないかと考えました。


そこで、患者さんにたずねてみたところ、その考えは、見事に的中したのです。

・・・この肉体的・精神的なストレスこそ、がんの真の原因だったのです。


即刻、今受けている治療をやめてください。


そうして副交感神経を刺激する生き方をすれば、1~2年もしないうちにがんは治ります。

がんの原因は体質的なものだとか発がん物質の刺激によるものだと考えられてきましたが、

発がんの本当のメカニズムを捉えていないのですから、

実はいまだに治療法は確立していないといっていい。

そのため、がんは悪いものだから、それを取り除こうとか叩いて小さくしようという道をたどっている。

それが、手術であり抗がん剤の投与や放射線照射という治療法なのです。

これらは『がんの三大療法』といわれているものですね。


多くの患者さんは、当然のことのように受け入れています。

ところが、がんの発生のメカニズムの解明が間違った道筋をたどっているのですから、

それに基づく治療方法が常に正しいとは限らないのです。

さらにこれらの三大療法はいずれも、免疫システムを抑制する方向にあることに大きな問題があります。


すでに述べたように、がんの本当の原因は強い免疫抑制状態にあるのですから、方向が180度違っているのです。


たとえ一時的にがんが切除されたり、小さくなったりしても、いずれ再発する可能性もあり、

その時には、免疫力が弱まっていてがんと戦うことが出来なくなってしまいます

がんと聞くと、とてつもなく凶悪な細胞を連想し、

生じてしまったら周囲の正常な細胞を次々と破壊していくという、

おそろしい悪の権化のようなものを連想する人が多いと思います。

しかし、実は、がん細胞の生命力は強いものではないのです


発がんの研究を行う場合にはネズミが実験に使われます。

このとき、ネズミにがんを発生させようとすると、

がん細胞を100万個も注射しなくてはなりません。

それでようやく発がんする。

ところが、リンパ球を減らしたネズミ、

つまり免疫力を弱くしたネズミの場合には、1000個のがん細胞で発がんします。


がん細胞は、それほどリンパ球に弱いというわけです


健康な人の体内でも、毎日100万個ほどのガン細胞は生まれています。

しかし、発病に至らないのは、免疫力が働いてがん細胞を殺しているからなのです。


がんは、免疫力を強めることで治すことが出来ます。



同時に、免疫力を高めるということは、がんの予防にもつながるわけです。


安保流 がんを治す4か条


ストレスの多い生活のパタンを見直す


ムリせず、ラクせず。

「目標の7割を達成すればよし」とすれば

精神的なストレスはたまらないし、肉体的にも負担がかかりません。


さまざまなストレス

①職場では仕事の量は多くスピードはアップ状態

②リストラや職場での人間関係

③家庭でも夫婦間問題、子供の教育問題、住宅ローン問題、老親介護問題などが山積


2 がんの恐怖から逃れる


がんは決して怖いものではなく、がん細胞はむしろ「弱い細胞」です。


治そうという心こそが大切です。

がんは不治の病ではありません。

恐怖など感じる必要はありません。


3 免疫を抑制するような治療を受けない。受けているような場合はやめる。


間違った方向に進んでいる三大療法では、がんは決して治りません。



ときには、悪化させすらします。


リンパ球が増えて交感神経の緊張状態が改善されると、がんは退縮していきます。


ですから、もし手術、抗がん剤、放射線照射などの、

免疫を抑制する治療を受けようとする場合あるいは受けている場合には、すぐにやめるべきです。




4 積極的に副交感神経を刺激する


玄米や食物繊維を多くとりましょう。

また小魚、小エビ、発酵食品などはほぼ完全な栄養素が含まれています。

副交感神経を刺激するとリンパ球が増えて免疫力がアップします。


①体にいい物を食べる


②軽い運動を続ける


③笑う





安保徹講演 PDF

…………………………………………………………………………………………………………


安保徹講演(2013.06.09星陵会館)


利尿剤・血圧降下剤 (00:03:05)

腎性高血圧症 (00:05:09)

透析について (00:06:41)

腎臓の専門家(00:08:09)

急性腎不全・慢性腎炎 (00:11:19)

独特の医療制度で、病人が作られている(00:13:38)

特殊化の維持の困難(00:16:35)

ステロイド(00:17:40)

エネルギー生成系 (00:19:10)

利尿剤・降下剤・ステロイドは危険 (00:20:59)

肝臓(00:21:20)

胆汁(00:22:39)

先祖返り現象(00:26:01)

脂肪肝(00:27:20)

身を守る反応(00:27:45)

常識が反対になっている(00:28:20)

知識がいっぱい詰まって、気持ちにゆとりがない(00:31:20)

病気を治せない医者が、大量生産されている(00:32:01)

劇症肝炎(00:32:27)

病気の成り立ち (00:35:58)

治る機会を止められる(00:36:55)

リウマチ(00:37:10)

ステロイドは、使わない(00:38:15)

DNAの情報を取り出す (00:44:41)

肝臓の進化の歴史 (00:46:29)

虫垂(00:47:01)

自分の生きざまで病気を作る(00:53:40)

血流障害で起こるもの(00:55:18)

間質性肺炎・肝硬変(00:56:00)

抗核抗体(00:59:35)

甲状腺(01:01:01)

自己抗体(01:01:45)

癌は、分裂細胞から生まれている(01:02:24)

低体温・低酸素・高血糖 (01:07:03)

ミトコンドリアを削る反応 (01:07:45)

体を温め、深呼吸する(癌からの脱却) (01:09:08)

癌でさえ、適応反応 (01:11:18)





安保徹


「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)





故 安保徹 先生 (PDF)




「一番よくないのは、放射線治療です」(安保教授)


抗がん剤治療であれば、治療をやめるとリンパ球が上昇しますが、

放射線治療を受けると、その後、リンパ球の減少が長く続いてしまいます。


つまり、がんと闘う力を最も削いでしまう治療法なのです。(P7)



安保流「がんを治す4か条」 (PDF)


故 安保 徹 先生





安保 徹 先生 死因


利尿剤・降圧剤・ステロイドは、危険。 故 安保徹先生


















日本は、明治時代からイギリスの植民地【ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 2010/8/27】


日本は、明治時代からイギリスの植民地(00:48:00)


本間さんは、殺された (00:20:50)

竹中平蔵 (00:39:09)

秘密戦争に巻き込まれてしまった (00:43:28)

だれも知らない経済のからくり(00:44:30)

世界を支配するマフィアの仕事 (00:45:13)

1913年以降、お金を分配するのは、議会ではなく民間会社 (00:46:00)

日本は、明治時代からイギリスの植民地 (00:48:00)

JAL123便は、アメリカが撃墜した (00:51:38)

中曽根は、厚生労働省に圧力をかけ、日本の人口を減らすため、食品・薬・洗剤・化粧品に避妊剤・

添加物(歯磨き、シャンプ-には合成洗剤・油脂にはトランス脂肪酸・食品には有害色素)を入れさせた
(00:53:01)

日本を差し上げます(01:03:40)

エネルギーが、ただ同然になる (01:15:30)

すでに癌は治せる(01:11:30)

HIV・サーズ・鳥インフルエンザ・全部、人工的に作っている (01:12:25)

田中角栄・橋本龍太郎・竹下登・大平正芳・小渕恵三は、闇の勢力に殺されたか失脚させられた(01:22:45)

世界のお金を、得体のしれない、密室人間に譲ってはいけない(01:27:50)

アングロサクソンプロジェクト (01:45:50)

イルミナティについて (01:53:00)




フッターイメージ

inserted by FC2 system